ビットコインの入手方法について

yakudachi_img01

ビットコインの入手方法とは

海外で誕生した仮想通貨のビットコインは、インターネットさえ利用できる環境であれば、いつでも入手することができます。近年では、ビットコインの販売所や取引所も増えてきています。また日本国内のビットコイン運営サイトでは日本語対応が進んでいるため、英語を使うことなく取引もできるようです。取引所はインターネット上でビットコインのトレードする場所としての役割を果たしています。取引所では、ビットコインの購入や売買ができ、決済だけでなく投資活用することもできるようです。今回はビットコインを入手する際に必要となる手続きや売買場所についてご紹介していきます。img_3166

販売所でビットコインを入手する方法

販売所ではビットコインを所有する専用サイトの運営企業を相手に、ビットコインの購入や売却が可能です。販売所で入手する場合は基本的に以下の手順が必要となります。

・販売専用サイトでのアカウント作成
・取引に使用する銀行口座の登録と本人確認

登録が完了した後は、売買画面を通じて現金の残高や保有しているビットコインを確認できるようになり、通常は残高を用いてビットコインの売買を行うことができます。ビットコインの運営サイトは複数存在しているので、登録方法や使いやすさ、手数料などを比較して、自分に合ったところを選ぶようにしましょう。img_1964

取引所で入手する方法

取引所ではビットコインを所有している人同士で保有するビットコインのトレードができるようになっています。またビットコインを取り扱っている運営サイトではトレードを行うプラットフォームを提供しています。サポート体制が整えられFAQも充実しているため、ビットコインの取引等に関する疑問点などはすぐに解消できるように配慮されています。取引する際には販売と同様、運営サイトへのアカウント作成や銀行口座の登録・本人確認が必要となります。ビットコインの価格は需要と供給の関係で決まり、常に価格が変動しています。取引所であれば日本円で購入することができ、保有している分を売却して日本円に換金することも可能です。

Processed with VSCO with kk1 preset

ATMでも入手できる

まだ日本での設置数は多くないものの、専用のATMからビットコインを入手する方法もあります。ビットコイン専用のATMを利用する場合は専用のウォレットが必要になります。ウォレットはいわばビットコインのお財布にあたります。ウォレットには複数の種類があり、デスクトップウォレット、ウェブウォレット、モバイルウォレット、ハードウェアウォレットなどがあり、保管場所・方法によって形式が分かれています。ビットコイン専用のATMで必要となるのはハードウェアウォレットで、オフライン下での長期的な保管に適しているようです。売買の中心がインターネットであることから、まだまだ利用率の少ないATMも、少しずつですが、ATMの設置台数は増えているようです。

インターネット上で売買できるビットコインは、その安全性の高さから国際的に活用が見込まれています。日本でもその取り扱いが可能な運営サイトを中心に販売所や取引所が設けられ、専用ATMの設置台数が増えつつあります。ビットコインの保管方法はオンライン・オフラインどちらでもできるため、貯金や投資など各自のライフスタイルに合った方法で管理できる点も大きな特徴といえるでしょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. top_img02
    ビットコインの始まり 2009年に運用が開始されたビットコインは仮想通貨の代名詞として世界中に広ま…
  2. top_img03
    一般的にビットコインの利用は、取引所や販売所などで購入することから始まります。初めて利用する方にとっ…
  3. blur-1853262_640
    ビットコインは為替や証券と同様に価格が変動します。決済や送金に便利な仮想通貨ですが、それだけでなく価…
  4. pak73_kaigainookane20140531_tp_v
    ビットコインを換金できる場所は、取引所を始めとして徐々に増えつつあります。仮想通貨であるビットコイン…
  5. purse-1359848_640
    ビットコインウォレットとは? ビットコインを利用するためには必ず「ウォレット」が必要になります。現…
  6. kawamurakaisatu_tp_v
    世界中でその動向が注目されるビットコイン。日本でも取引所や販売所が複数整備され、都内を中心にわずかで…
ページ上部へ戻る