ビットコインのブロックチェーンとは

セキュリティ

ビットコインとセキュリティ

ビットコインは仮想通貨なので、株のように売ったり買ったりすることができます。このような取引はインターネットを介して行われるので、ビットコインを利用するにあたってセキュリティ対策などの安全面を気にされる方は多いと思います。現在ビットコインは安全性の高さから様々な企業で利用されることが検討されている仮想通貨でもあります。ではなぜビットコインは一般的に安全性が高いと認識されているのでしょうか。ビットコインの安全性の評価基準となっているのがブッロックチェーンの存在といわれています。今回ここではブロックチェーンについての概要や今後の課題についてご紹介していきます。

 

ブロックチェーンとは

ブロックチェーンは、ビットコインの安全な取引を実現すべく確立された技術といわれており、ビットコイン考案者の「Satoshi Nakamoto」によって提唱されました。ブロックチェーンの仕組みを簡単に説明すると購入の履歴や売却の承認などの情報は1つのデータベースに保存されるのでなくブロックと呼ばれる分散型のデータベースに書き込まれます。1つのデータベースに購入や売却の重要な情報を入れるのではなく、それぞれの情報を違うデータベースに書き込み保存することによって構造を複雑化させて外部からの情報読み取りを高度なものへと変えているようです。またブロックチェーンは、分散型のデータベース、ブロックをチェーンの様につなげてデータを保存しているので、ブロックチェーンと呼ばれているようです。またブロックチェーンは、記録内容を外部から改ざんすることは不可能とされており、安全性の高いといわれているため重要な情報やデータ運用への導入も検討されており、この技術は様々な分野で注目を集めています。

マイニング

ブロックチェーンの今後の課題

分散型ネットワークによってビットコイン取引における高い安全性を確立したブロックチェーンですが、「1ブロックあたりに取り込める取引データが1秒に7件程度」や「1ブロックの処理完了に約10分かかる」といった問題を抱えています。これらの問題点から分かることは「大量の金融取引データを迅速に取り扱いたい場合、機能が不十分である」という点です。現在はこうした問題点を改善した「ビットコイン2.0」、「ブロックチェーン2.0」といった新しいシステムが開発されています。金融ビジネス等のモデルを大きく変える日も、そう遠くはないのかもしれません。

仮想通貨であるビットコインの誕生をきっかけに考案されたブロックチェーンは、金融取引をより安全で確実に処理するために欠かせない存在となっています。取引履歴をチェーン上につなぐことで第三者のハッキングを阻止し、分散型ネットワークによって高められたセキュリティはビットコインのみならず、多くの場面で活用できるポテンシャルを秘めています。今後は金融機関への導入を目指した、迅速な機能面の改善が課題となっています。

ポテンシャル

関連記事

コメントは利用できません。

bitFlyer

最近の投稿

新着記事

  1. ビットコインの取引を行っている方の中では、ビットコインそのものは非常に堅牢な仕組みとなっていることは…
  2. ビットコインについて調べているとまず目にする国家の名前は中国、ギリシャ、キプロス、そして世界最大級の…
  3. ビットコイン投資に興味を持ったものの、ビットコインを始めとした仮想通貨がいったいどのようなものかわか…
  4. ビットコインをはじめとした仮想通貨は従来の通貨には無いユニークな特徴を多く持っています。世界各国の中…
  5. ブルームフィルタとは計算機科学におけるデータ構造の名前であり、ブルームフィルタは主に、スマートフォン…
  6. 行動経済学という比較的新しい学問が存在します。行動経済学は従来の経済学では説明できなかった現象を説明…
  7. 2017年5月末、日本国内でビットコイン取引所を運営しているビットポイントジャパンが大手コンビニチェ…
  8. ガイドラインとは様々な機関によって様々な位置づけで公表される、何らかの取り決めを記載した文書のことで…
  9. ビットコインの情報を調べていると、様々なお国事情を垣間見ることができます。情勢が不安定な国ほど自国の…
  10. 最近、ビットコインについて調べていると韓国の話題も目にするようになりました。韓国は元々、高速なインタ…
ページ上部へ戻る