ビットコインにおけるハードフォーク中毒とは

ビットコインの情報を収集している際にしばしば目にするのがハードフォークという用語です。ビットコインをはじめとした仮想通貨はブロックチェーンという取引記録を記載した台帳を持っています。ビットコインのブロックチェーン通常1本のデータで繋がっています。ですが、これをあえて分岐させることをハードフォークといいます。

ハードフォークを実施する目的は様々です。現行のビットコインに対して新たな技術仕様を導入する、不具合による被害者への救済措置を取る、等々が挙げられます。ですが、ハードフォークを実施すること自体が目的化してハードフォークが繰り返される可能性もあり、国内外の複数の識者が注意喚起しています。日本においてはこの問題にハードフォーク中毒という呼称が付いています。今回のコラムではビットコインにおけるハードフォーク中毒について解説します。

ハードフォークのおさらい

まずは、ハードフォークについておさらいしておきましょう。ビットコインは取引記録であるブロックを連ねたブロックチェーンという台帳を持っています。ブロックチェーンは常に一本の状態に保たれるよう、ビットコイン取引の参加者全体で検証されています。ハードフォークは、このブロックチェーンを人為的に分岐させます。

例えばイーサリアムという仮想通貨では何度かハードフォークが実施されています。つい最近ではメトロポリスというプロジェクトにおいて、仕様の改善・拡張を目的としたハードフォークが計画的に推進されました。

ハードフォークによる利益

ハードフォークは必要に迫られて行うものです。ですがハードフォークによって分岐したブロックチェーンと大元のブロックチェーン、どちらも保持されることが確定すると、両方のブロックチェーンで同額の仮想通貨を保持することができます。実際、2017年8月1日にハードフォークによってビットコインから派生したビットコインキャッシュ(= BitcoinCash : BCH)が生まれ、ビットコインもビットコインキャッシュも安定した成長を続けたため、当時のビットコイン保有者は利益を得ることができました。

ハードフォークによる利益が確かなものとなると、利益を得るため中毒的にハードフォークが繰り返される、すなわちハードフォーク中毒に陥る可能性があります。ハードフォーク中毒はビットコイン取引に混乱を招き、様々な目に見えないコストを発生させます。

ハードフォーク中毒への言及

確認できる限り、日本においてハードフォークの中毒性については、実例を交えつつビットコインにおけるハードフォーク中毒の危険性を提言する記事も公開されています。

記事中では、ハードフォーク中毒によって行われるハードフォークを「投機的ハードフォーク」と定義し、「投機的ハードフォーク」によって生じた利益を「分岐収益」と定義しました。記事中では投機的ハードフォークによって分岐収益が確定する状況が作られれば、その魅力に抗うことは困難である、と述べています。投機的ハードフォークによって分岐収益が確定し、市場が成立してしまう以上、取引所はこれに対応せざるを得ないからです。また投機的ハードフォークについては敵対的ハードフォークとも呼んでおり、ハードフォーク中毒に由来する投機的ハードフォークには危険性があることを強く訴えています。

投機的ハードフォークによりビットコインの保有者は利益が得られるのに、なぜ投機的ハードフォークが行われるべきではないのか。この点について、記事では社会的コストを挙げています。ハードフォーク中毒における社会的なコストとはどのようなものでしょうか。

ハードフォーク中毒によって生じる社会的コスト


ハードフォーク中毒によってハードフォークが繰り返されるたび、新たな仮想通貨が生まれることになります。新たな仮想通貨は安定するかどうかわからないため、ビットコイン保有者はビットコインと新たな仮想通貨、二つの状態に気を配らなければなりません。ハードフォーク中毒によって頻繁にハードフォークが繰り返されると、ビットコイン保有者は神経を尖らせることになり、やがて疲弊するでしょう。

ハードフォークが実施されると取引所もまた負担を強いられます。入出金が一時的に停止し、新たなソフトウェアについては検証せねばならず、新たなITインフラも整備しなければなりません。取引所を利用してビットコイン取引を行っている人にとっては、ハードフォーク中毒によってハードフォークが実施されるたびに被害を受けることになります。

ビットコインウォレットの開発者もまた同様に負担を強いられます。派生したブロックチェーンの識別、一つのアドレスから別々の仮想通貨を取り出す機能の追加等が挙げられており、利用者も利用しているビットコインウォレットがハードフォークによって新たに生まれた仮想通貨に対応しているか否か確認しなければなりません。

ビットコインを採掘するマイナーもまた、ビットコイン以外に採掘する仮想通貨が増えるため、採掘に必要な計算力を適切に割り振る必要を迫られます。利益を最大化するように計算力を割り振らなければ利益を逃すことになるためです。

上述のコストは一時的なものですが、永続的なコストも指摘されています。ビットコインに対してハードフォークを実施して生まれた仮想通貨はビットコインと同じアドレスを持ちます。取引の際、ビットコインを使っているのか、それとも新たな仮想通貨を使っているのか、混乱が生じます。また、分岐した両方のブロックチェーンで同一の取引が有効になることを悪用したリプレイアタックが実施される可能性もあります。ビットコインキャッシュではリプレイアタック対策がなされていましたが、全てのハードフォークで対策がなされるとは限りません。ハードフォーク中毒によって、ずさんで欠陥を持つ仕様の仮想通貨がみだりに発行される可能性は否定できません。

以上のように、ハードフォーク中毒によるハードフォークの頻発は目に見えづらい長期的なリスクとコストを市場全体に強いることとなります。


今回のコラムではビットコインにおけるハードフォーク中毒について解説しました。ビットコイン市場全体がハードフォーク中毒に陥ると、短期的な利益のみを目的としたハードフォークが繰り返されます。ハードフォーク中毒によってハードフォークが繰り返されると無用な混乱を招き、社会的コストが積み重なっていきます。

イーサリアムではハードフォークが何度か実施されていますが、分岐した新たなブロックチェーンのみを利用し、大元のブロックチェーンでは利益を得られないために破棄せざるを得ないよう計画的な調整が行われています。これはイーサリアムが成長するために仕様を拡張するためのハードフォークを行いつつ、イーサリアム全体がハードフォーク中毒に陥ることを抑制するために実施している施策であると言えるでしょう。

投機的なハードフォークには抗いがたい魅力があります。ビットコインを保有している際にハードフォークが実施されるだけで利益が生まれる可能性があり、実際にビットコインからビットコインキャッシュが派生した際にはビットコイン保有者は利益を得られました。しかしながら投機的ハードフォークは、長期的な観点からすると様々なリスクやコストを生み、ビットコイン市場そのものを衰退させる可能性があります。業界全体もビットコイン取引に参加している個人も等しくハードフォークのリスクやコストを知り、ハードフォーク中毒に陥らないよう誰もが毅然とした態度でスタンスを明確にするとも大切であると言えるかもしれません。

関連記事

コメントは利用できません。

bitFlyer

最近の投稿

新着記事

  1. ビットコインに関する法制度は世界各国で整備が進んでいる状況である、まだ途上にあるといえます。ビットコ…
  2. ビットコインに関する解説ではしばしば、ビットコインは特定の誰かによって発行や取引が管理されることのな…
  3. 香港はビットコイン取引が盛んな都市です。中国といえば金融機関によるビットコイン取引が規制された国とし…
  4. ビットコインについて調べていると欧米諸国や東アジア諸国の動向について報じられている記事を目にすること…
  5. 2017年の9月、ビットコインとライトコインとの間でアトミックスワップが成功したと報じられ、ビットコ…
  6. これからビットコイン投資に関わろうと考えて調べ物をしている方、あるいは既にビットコイン投資に携わって…
  7. ビザンチン将軍問題とは計算理論における合意形成の問題です。ビットコインは、ビザンチン将軍問題をプルー…
  8. ビットコインの情報を収集している際にしばしば目にするのがハードフォークという用語です。ビットコインを…
  9. 2017年の8月末から、ビットコイン関連の話題においてエストコイン(= Estcoin)という言葉を…
  10. ビットコインに関してリサーチを行っている方の中には、ビットコインが普及している国というと自然とギリシ…
ページ上部へ戻る