ビットコインのチャートについて

為替

ビットコインをはじめられて間もない方や、これからビットコインを始める方にこちらではビットコインのチャートについて基礎的な部分をご紹介します。チャートとは皆さんもご存じのように、対象のものを理解しやすく縦軸と横軸で表記している図のことをさします。ビットコインのチャートでは主に「ビットコインの価格や物価」を表記していますので、ビットコインの値段の動きを分かりやすく表示しているのがビットコインのチャートとなります。

ビットコインのチャートは、チャートの動きをみてビットコインの価格が今後どうなるかなどを予想して、買い時や売り時を見極めたりする判断材料として使用します。その為ビットコインの運用を行っていく上で、ビットコインのチャートを確認することは重要となりますのでまずは、ビットコインのチャートについて知っていきましょう。

 

ビットコインのチャートを見るには

ビットコインのチャートでは主にFXのチャートでもよく使用される「ローソク足」の表記が使用されています。ローソク足では縦軸が使用され縦軸が値段、横軸が日時を表しており、価格の4本値(始値・高値・安値・終値)をローソクの形で表されます。

ローソク足は始値より終値が高い状態のときは陽線(主に赤色が使用される)、始値より終値が安い状態のときは陰線(主に青色が使用される)で表記されます。

さらに「陽線」と「陰線」は「上ヒゲ」、「柱」、「下ヒゲ」の見方でそのときの状況を見ることができます。

縦長の長方形の部分を「柱」と呼び、「柱」の上に伸びている線を「上ヒゲ」と呼び、「柱」の下に伸びている線を「下ヒゲ」と呼びます。「上ヒゲ」の最上部が「高値」を表しており、最下部が「終値」を表しています。「下ヒゲ」の最上部は「始値」を示しており、最下部は「安値」を表しています。

ローソク足の見方を理解すると、ビットコインチャートをみたときにビットコインの値動きがよくわかるかと思います。

 

ビットコインのチャートを探そう

ビットコインのチャートはビットコインの取引所が提供しているのがほとんどで、直接取引所のサイトへアクセスしてみることができます。他にも日本をはじめとした世界各国の取引所のチャートを見ることができるサービスを提供しているアプリなども登場してきています。取引所によっては、チャートにカーソルを合わせると「出来高」「始値」「高値」「安値」「終値」を表示してくれるチャートなどもあり、見やすさは、異なりますので最初はいくつかの取引所のチャートなどをみて、どのチャートが見やすいか比較検討するのがいいでしょう。また取引所によっては、ビットコインの相場・価格のチャート以外にも取引所によっては過去のデータに基づいて算出した変動率を表したチャートを記載しています。またアプリなどでもチャートのほかにビットコインの過去データをもとにした統計情報をみれる場合があるようです。

知りたい情報に合わせてチャートを探してビットコイン運用に活用していきましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

bitFlyer

最近の投稿

新着記事

  1. ビットコインの取引を行っている方の中では、ビットコインそのものは非常に堅牢な仕組みとなっていることは…
  2. ビットコインについて調べているとまず目にする国家の名前は中国、ギリシャ、キプロス、そして世界最大級の…
  3. ビットコイン投資に興味を持ったものの、ビットコインを始めとした仮想通貨がいったいどのようなものかわか…
  4. ビットコインをはじめとした仮想通貨は従来の通貨には無いユニークな特徴を多く持っています。世界各国の中…
  5. ブルームフィルタとは計算機科学におけるデータ構造の名前であり、ブルームフィルタは主に、スマートフォン…
  6. 行動経済学という比較的新しい学問が存在します。行動経済学は従来の経済学では説明できなかった現象を説明…
  7. 2017年5月末、日本国内でビットコイン取引所を運営しているビットポイントジャパンが大手コンビニチェ…
  8. ガイドラインとは様々な機関によって様々な位置づけで公表される、何らかの取り決めを記載した文書のことで…
  9. ビットコインの情報を調べていると、様々なお国事情を垣間見ることができます。情勢が不安定な国ほど自国の…
  10. 最近、ビットコインについて調べていると韓国の話題も目にするようになりました。韓国は元々、高速なインタ…
ページ上部へ戻る