ビットコインのアドレスとは

番号

ビットコインを購入して取引をおこなうときに必要となるのが「ビットコインアドレス」です。では「ビットコインアドレス」とは一体なんなのでしょうか。

こちらではビットコインアドレスについて解説していきます。

 

ビットコインアドレスとは

ビットコインアドレスは、平たくいってしまうと銀行の口座番号のようなものになります。私たちが日常などでお給料を振り込んでもらったり、送金してもらったりするときに、振り込みを行ってもらう人に銀行の口座番号を教えて、お金を得ることがあるかと思います。ビットコインもその仕組みに似ています。その為、ビットコインの場合、銀行となる場所が「ウォレット」となり、口座番号が「ビットコインアドレス」となります。また「ビットコインアドレス」には英数字で構成されたものと、ORコードの2種類があるので、覚えておきましょう。

アドレス

 ビットコインアドレスとウォレット

先ほどの説明で「ビットコインアドレス」と「ウォレット」に関わりがあることを認識していただけたかと思います。「ウォレット」があって「ビットコインアドレス」があるようなものなので、ビットコインの送金をおこなってもらうときなどに相手に「ビットコインアドレス」を伝えるときにアドレスが分からない場合は、「ウォレット」の「マイウォレット」のページを見ていただけると記載されているかと思います。どの「ウォレット」を使うにかによって詳細は異なりますが、基本的には個人のウォレット情報のページを見ると金額などが記載されている下のほうにORコード化されたビットコインアドレスと英数字で構成されたビットコインアドレスがあります。

ビットコインアドレスは、同じウォレットを使用していても毎回変わるように設定されているウォレットもありますので、自分の使うウォレットの基本設定などをよく読むことをおすすめします。

 ビットコインアドレスと公開鍵・秘密鍵

ビットコインのアドレスは公開鍵から生成されると言われています。公開鍵は第三者に公開する鍵でその公開鍵の対になるものに秘密鍵があります。秘密鍵はビットコインアドレスを経由して送金や支払いをおこなうときに秘密鍵の署名が必要となりますので、ビットコインアドレスには公開鍵と秘密鍵の存在は欠かすことができません。

ビットコインアドレスの作成は秘密鍵がなくても作成することができるようですが、秘密鍵が署名の大きな役割を担っているので、秘密鍵を所持し、知っていない限りそのビットコインアドレスからビットコインを引き出したりすることはできないようです。

鍵

関連記事

コメントは利用できません。

bitFlyer

最近の投稿

新着記事

  1. ビットコインに関する法制度は世界各国で整備が進んでいる状況である、まだ途上にあるといえます。ビットコ…
  2. ビットコインに関する解説ではしばしば、ビットコインは特定の誰かによって発行や取引が管理されることのな…
  3. 香港はビットコイン取引が盛んな都市です。中国といえば金融機関によるビットコイン取引が規制された国とし…
  4. ビットコインについて調べていると欧米諸国や東アジア諸国の動向について報じられている記事を目にすること…
  5. 2017年の9月、ビットコインとライトコインとの間でアトミックスワップが成功したと報じられ、ビットコ…
  6. これからビットコイン投資に関わろうと考えて調べ物をしている方、あるいは既にビットコイン投資に携わって…
  7. ビザンチン将軍問題とは計算理論における合意形成の問題です。ビットコインは、ビザンチン将軍問題をプルー…
  8. ビットコインの情報を収集している際にしばしば目にするのがハードフォークという用語です。ビットコインを…
  9. 2017年の8月末から、ビットコイン関連の話題においてエストコイン(= Estcoin)という言葉を…
  10. ビットコインに関してリサーチを行っている方の中には、ビットコインが普及している国というと自然とギリシ…
ページ上部へ戻る