仮想通貨ランキング

順位

仮想通貨は価格の上昇や下降といった変動性が大きい傾向があり、仮想通貨と用いた投資を行う場合その推移を知ることが大切です。特にビットコインやイーサリアムなどでは、価格推移や市場動向を示した情報サイトが多数運営されています。一口に仮想通貨といっても種類は多く、独自に様々な特徴を持っています。今回はランキングで上位を飾ったビットコイン、イーサリアム、リップルの3つに絞り、その特徴をご紹介します。

仮想通貨ランキング1位:ビットコインの特徴

世界的に有名な仮想通貨、それがビットコインです。2009年の公開より瞬く間に世界中で普及することとなったビットコインはすでに仮想通貨市場の8割を占めるほどのシェアを誇るといわれています。発行元や管理局が存在しないため、国や銀行が金融危機に陥っても大きな影響を受けることがありません。

ビットコインは発行量の上限があらかじめ定められていることから大量発行によるインフレが起こる危険性もないと言われています。ビットコインの流通規模が広がるにつれて他の通貨よりもニーズが高まり、結果その価値が高まるといった特徴を持つところが投資商品として人気とされる一因とされています。

仮想通貨ランキング2位:イーサリアムの特徴

ビットコインに次いで認知度が高いのがイーサリアム(ETH)です。次世代型とされるイーサリアムはビットコインの技術をさらに向上させようという試みから生まれた仮想通貨です。ビットコインとの大きな違いはブロックチェーンによる取引内容だけでなく、その契約の条件についても一緒に管理できる点であり、イーサリアムの一番の特徴であるといわれています。

イーサリアムはビットコインが持つP2P、ブロックチェーンにより取引履歴の不正改ざんを防止するシステムを踏襲しつつ、さらに通貨へ契約を盛り込む機能を有したことでその将来性に多くの注目が集めています。

仮想通貨ランキング3位:リップルの特徴

インターネットを介して取引される仮想通貨の中で、リップルは独自の決済・送金システムが実装している特徴があります。一般の通貨同士の取引に中間にリップルを導入することで、送金や決済に係る処理をスムーズにすることが可能です。

日本円から米ドルへの交換はメジャーな取引となりそれほど多くの時間を要しませんが、マイナーな通貨、国家間のやり取りの少ない通貨同士の交換となると処理に時間がかかることがあります。リップルはこうした通貨同士の扱いの差を埋め、よりスピーディに為替処理ができるような仲介通貨としての決済システムを採用しています。

まとめ

ビットコイン、イーサリアム、リップルなど、仮想通貨市場の上位を占める通貨をご紹介させていただきました。仮想通貨は常に最新技術の導入や処理機能、セキュリティといった改善が繰り返されていることから、日々新たな仮想通貨が誕生しています。

今回は3つのご紹介に留まりましたが、需要により常に価格変動しているため、より多くの仮想通貨にまで視野を広げ、そのランキングおよびその動向を注視することが効果的な仮想通貨投資、運用を行うカギとなります。

たくさん

関連記事

コメントは利用できません。

bitFlyer

最近の投稿

新着記事

  1. ビットコインに関する法制度は世界各国で整備が進んでいる状況である、まだ途上にあるといえます。ビットコ…
  2. ビットコインに関する解説ではしばしば、ビットコインは特定の誰かによって発行や取引が管理されることのな…
  3. 香港はビットコイン取引が盛んな都市です。中国といえば金融機関によるビットコイン取引が規制された国とし…
  4. ビットコインについて調べていると欧米諸国や東アジア諸国の動向について報じられている記事を目にすること…
  5. 2017年の9月、ビットコインとライトコインとの間でアトミックスワップが成功したと報じられ、ビットコ…
  6. これからビットコイン投資に関わろうと考えて調べ物をしている方、あるいは既にビットコイン投資に携わって…
  7. ビザンチン将軍問題とは計算理論における合意形成の問題です。ビットコインは、ビザンチン将軍問題をプルー…
  8. ビットコインの情報を収集している際にしばしば目にするのがハードフォークという用語です。ビットコインを…
  9. 2017年の8月末から、ビットコイン関連の話題においてエストコイン(= Estcoin)という言葉を…
  10. ビットコインに関してリサーチを行っている方の中には、ビットコインが普及している国というと自然とギリシ…
ページ上部へ戻る