ビットコインバブルとは

ビットコインバブル

信頼性や安全性の高さから世界中で普及を続けるのがビットコイン。ビットコインは2009年の初めてのブロック誕生以来、世界中で瞬く間に広がってまいりました。爆発的なビットコインの普及を背景にビットコインはその価値を急激に上昇、ビットコインバブルの到来と言われるほどの急成長を遂げています。

それでは、ビットコインバブルとは一体どのような状態を指すのでしょうか。実際にどのような影響が予想されるのか、そしてビットコインを利用した投資する際の具体的な注意点などについてご紹介いたします。

ビットコインバブルって何?

1980年代後半から1990年代前半にかけて、日本では資産価格の上昇や好景気といった社会現象が起こりました。これが今日知られる「バブル」と呼ばれる時代であり、現代でもバブルは好景気の象徴として語られています。当時は不動産をはじめ、本来の価値からかけ離れてしまうほどの勢いで価格が上昇したことを実体のない泡に例えたことが背景となっています。昨今、価値の上昇が続くビットコインでも異常なまでに膨れ上がった価値を指し、バブルと呼ばれ始めているようです。

2016年、急激な価格上昇を見せたビットコインはすでに前年の2倍近くの価格を記録しております。一部ではバブルの状態にあるとまで言われています。さらに2017年5月現在1BTC=30万円を超えています。このようなバブル状態の背景には、不況を一因として法定通貨の信用が下がることで仮想通貨取引のニーズが世界中で高まり、欧米やアジアをはじめとして保有する資産を部分的に仮想通貨へと換金する流れが今も続いています。

世界中で仮想通貨への関心や信頼が高まることで自然とビットコインによる取引が増え、高まるニーズと共に大手金融機関や企業による導入が相次ぎ、仮想通貨は現在進行形でその価値を高めています。日本では未だ発展途上の段階にあるものの、仮想通貨法といった法整備も進んでいることから近い将来、国内での普及が予想されています。

さらに価格だけでなく、各国で市場拡大が進むことから、多くの組織による事業参入や個人・法人問わず増える取引数、そして政府による法整備・支援を通じて価値が高まったことが、ビットコインバブルが生じた背景と見る意見もあるようです。

ビットコインバブルによる影響とは?

ビットコイン

着実に普及を続けるビットコインにおける価格の上昇は、世界中の高まるニーズと実際の取引によるものであるため、実際の価値を上回るほどの価格になる可能性は低く、「価格の大幅上昇を迎えたからと言って必ずしもバブルを迎えたとは言い切れない」といった意見も聞かれます。そのため、取引の信用性の高さや手続きのしやすさ、そして手数料の安さなどのメリットを持つビットコインはバブルと同様の悪影響を受けにくいと考えられています。

ただし、ビットコインはかつて数カ月の間に取引価格が10倍近くも上昇しており、その数日後には半額程度にまで落ち込んだ経緯があります。こうした経緯を仮想通貨のバブルと見る人も多く、結果としてビットコインは価格の急激な上昇だけでなく、暴落といったリスクも併せ持っていることが分かります。どれだけ市場拡大を果たし、着実な普及を続けていても常にこうしたリスクが伴うことを念頭に置いておくことが重要です。

ビットコインの価格が激しく変動する理由の一つは投機マネーによるものとされています。今後はさらに市場を拡大し、世界中で普及することが予想されているビットコインは現在よりもその価値が高まり、価格も何倍にもなるのではないかと言われています。

多くのメリットを持つとともに、新しい通貨であるビットコイン仮想通貨として先のことが分かりにくい、よくわからない分不明瞭であるという一面があります。ビットコイン投資では価格の異常な高騰によるバブルを迎えた場合、その後の下落に備えるといったリスクコントロールは欠かせません。そのため、常に価格推移や相場事情には気を配る必要があります。

ビットコインは市場の需要と供給のバランスによってその価値・価格が変動するという性質を持っているため、バブル後の暴落によって保有するビットコインの価値が急落するといったリスクは常に付きまといます。資産としての安定性には欠けるものの、取引の危険性や価格の変動性といった特徴について十分に把握しておくことで、ビットコインのメリットを引き出し大きな悪影響を避けることが可能となります。

ビットコインに投資をする際の注意点とは?

ビットコインは需要と供給のバランスにより、常に価格が変動しています。こうした性質を利用することで保有するコインの価値が上昇するのを待ち、その後売却することで利益を生み出すといった投機的な運用が可能となっています。

ビットコインの価値は国際的な普及率や需要と供給といったバランスにより高まることが知られています。世界初の取引から現在に至るまでにその価格は飛躍的に上昇しました。そのため、ビットコインの導入初期より取引を行っていた人の中には何百億と稼いだ人もいます。今後も普及を続けると予想されているビットコインはさらに価格が上昇すると見込まれており、利益を得るためにはしっかりとメリット・デメリットを把握した上で運用することが重要とされています。

ビットコイン購入は専門の取引所を介して時価で購入すること、もしくは販売所で買う方法が一般的です。その後、上昇した価格に合わせて売却することでその差額を利益とする運用がビットコインの基本的な投資方法となります。他の投資手段同様にリスクが存在しますので、リスクを把握した上でしっかりとコントロールを行いながら運用を行うことが損害を最小限に防ぐ一番の手立てです。

ビットコイン投資における代表的なリスク一つ目が価格変動によるリスクです。需要と供給のバランスによって仮想通貨の価格は日々変化しています。ある日を境にその価格が暴落することもないとは言い切れません。二つ目はデータ障害によるリスクです。ビットコイン取引は基本的にデジタル上で完結します。このため取引所がハッキングされた、もしくはなんらかの物理的な原因で自分のアカウントのパスを第三者に知られてしまったという場合には自身のビットコインの所有権を主張することは難しくなります。三つ目は取引所の営業時間によるリスクです。ビットコインの取引は基本的に365日24時間いつでも行われている状況であり、常に価格が変動しています。いつ大きな価格変動があるかわかりませんので常に張り付いて運用を行うことは非常に大きな負担となります。四つ目がウォレット管理に関するリスクです。コインを管理する財布としての機能を持つウォレットは厳重に管理することが推奨されており、必要となるプライベートキーやパスワードを紛失した場合は、それまでに保有しているコインの取引が不可能となる可能性があるため特に注意が必要です。

このようにビットコインには便利な反面、危険性も存在しているため、管理運用には十分な管理が欠かせないと言えるでしょう。

ビットコインをはじめ仮想通貨の取り巻く環境は時々刻々と変化しています。そのため、今後もビットコインは普及状況に合わせてその価格がどのように変動するか、どのような評価をもって受け入れられていくのか、いかないのかは実際のところ、誰にも断定することができません。とはいえ、今後も世界中でビットコインの普及率がますます上昇するといわれていますので、今後も注目していく必要があります。ビットコインは2017年5月現在バブルとまで呼ばれるほどに急激にその価格上昇が進んでいます。取引には常にリスクが付き物です。バブルの恩恵を享受するには、ビットコイン取引を少しでも安全に行う必要があります。投資という特性を理解し、リスクをしっかり考慮することが欠かせません。

関連記事

コメントは利用できません。

新着記事

  1. みなさんは仮想通貨、いわゆる暗号通貨に対して、どのようなイメージを持たれているでしょうか。匿名性も高…
  2. ビットコインを始めとした仮想通貨の利用者数が年々増加しています。仮想通貨は365日24時間いつでもネ…
  3. オーガー(Augur)と呼ばれる仮想通貨をご存知でしょうか。仮想通貨の中ではビットコインが有名ですが…
  4. 仮想通貨を語るうえで必ず話題に挙がるのが匿名性についての項目があります。ビットコインは匿名性が高いと…
  5. 仮想通貨についての記事を読んでいる方の中には仮想通貨『イーサム』とセットで、『ダオ(the DAO)…
  6. ビットコインはブロックチェーンやマイニングなど多くのアルゴリズムによって、安定したシステム運用とサー…
  7. ビットコインの投資を考えているけれど、なかなか踏みきれない、二の足を踏んでしまうという方も多いのでは…
  8. ビットコインの購入を考えていらっしゃる皆さんにとっては、どのような税金がかかるのかは気になることでは…
  9. イーサリアムクラシックという仮想通貨を御存知でしょうか。「イーサリアムは知っているけれど、イーサリア…
  10. ビットコインというと、中国やギリシャなどのイメージが強いかもしれませんが、アメリカでもビットコインは…
ページ上部へ戻る