ビットコインを採用し始めた大手企業について

日本でもビットコインの認知度は急速に高まっています。ビットコインという名前を知ったきっかけがマウントゴックスでの流出事件の方も多く、ビットコインに対してマイナスイメージがある方もいらっしゃるかもしれません。ですが近年大手企業を中心に、様々な企業がビットコインを採用し始めているのをご存知でしょうか。このように複数の企業がビットコインを取り入れ始めた背景はビットコインの使いやすさや精巧なシステムに注目が集まってからにほかなりません。ビットコインを導入した大手企業の取り組みをまとめてみました。

ビックカメラでのビットコイン導入

ビットコインの知名度が上がってきてはいるものの、実際に利用できる実店舗となるとまだ少なく、日本は海外諸国に比べると若干普及が遅れています。しかし、ビットコインは利便性が高く、特に海外からの旅行者であればわざわざ自国の通貨を換金せずに決済できるといったメリットもあり、ビットコインの利用者は確実に増えてきています。

そんな中、2017年4月、大手家電量販店であるビックカメラが試験的にビットコイン決済システムの導入を実施しました。まずは、ビックカメラ有楽町店と新宿店の計2店舗のみではありますが、1会計最大10万円相当額までについてビットコインを使用した支払いが可能となります。

ビックカメラが導入を決定した理由は2つ

1つ目は、法的にグレーだった仮想通貨の位置づけが2017年4月1日に施行された「改正資金決済法」によって明確化されたこと。

2つ目は、海外旅行客の利便性を図る為

今後世界中の様々な国でビットコインの利用が可能となり、現地通貨のかわりになるようになれば、ATMや両替所で現地通貨を引き出す必要がなります。旅行客は手持ちの現金を最小限にできるようになります。

ビックカメラでは、大手取引所であるbitFlyerと契約しており、同取引所経由で取引を行うことが必須となります。他の取引所でのシステムには対応していませんので、ビックカメラでの買い物を楽しむ前に、bitFlyerのアプリをダウンロードしておきましょう。購入したい商品を見つけたら、支払いの際に店員にビットコインで支払いたい旨を伝えます。すると、店員がビットコイン専用のQRコードを提示してくれます。そのコードをアプリで読み取ると金額が表示されるので、あとは支払い画面をタップすれば決済が完了します。

なお、ビットコインについては変動の激しい通貨となりますのでレートについては注意が必要です。ビックカメラでは商品を購入した際、その時のbitFlyerでのレートを適用しています。レートによっては現金で購入する時と比べて安く購入できる可能性もあるかもしれません。
このような支払方法はクレジットカード払いのように簡単で、決済金額も分かりやすいため、今後も更に需要性が高まる決済システムとなるでしょう。

 

ピーチでのビットコイン導入

「飛行機での移動は格安で」と考え、旅行や出張の際には格安の航空会社を選ぶ方も少なくないかと思います。大手LCC業界でもビットコインの導入が進んでいます。2017年5月、ピーチ・アビエーションは2017年度内までを目途に、ビットコイン決済システムを導入する意向を発表しました。大手航空会社での導入は今回のピーチが初となります。ビットコイン決算の導入は様々な業界から注目を集めています。

ピーチはLCCの中でも営業利益ベースが国内で最大であり、若年層を中心に人気の高い航空会社です。特に国際線利用者数のおよそ7割が海外からの旅行者で占められています。海外ではアジア、ヨーロッパ諸国を中心にビットコイン利用率が高くなってきていることから、今回の決済システムの導入に踏み切ったようです。

元々、LCCでの航空チケット取得は、オンライン上で予約申し込みが可能な上、コンビニやクレジットカード払いで決済できる、という特徴がありました。航空チケットを低価格にするために搭乗のスリム化など様々な努力をしています。ビットコインを活用することで、支払いの際にかかる手数料をほぼ無料にすることが可能です。支払いの手数料はクレジットカード払いには440円、コンビニ支払いでは550円といった金額がかかりますので、仮想通貨での支払いが一般的になれば、手数料を抑えることになることでしょう。LCCにおいて、今回のビットコイン導入は更なる業界の発展に繋がる可能性を示唆しています。

現段階でビットコイン決済は、航空チケットの購入のみに限られていますが、ピーチを利用した旅行者が訪れる土産店や各観光施設、ホテル等もビットコイン決済できるよう、実施場所を増やしていく方針のようです。あらゆる店、ホテルでビットコイン決済が可能となると、旅先で自国の現金を換金する必要がなくなります。カード決済後、まとめてくる請求書に頭を悩ませてしまうという問題もなくなります。仮想通貨の使える環境が整い、スマホ一つで世界中を旅にできる未来も近いかもしれません。

大手企業のビットコイン導入によりどう変わる

今後の影響

今やビットコインは確実に身近な存在となりつつあります。あまり知られていない状況ではありますが、ビットコインを導入している大手企業はそのほかにも多数存在しています。Googleやマイクロソフトといった名だたる企業もビットコインを活用、もしくは利用した事業に投資しています。世界的にみてもビットコインの注目度は高く、今後も様々な企業によるビットコインへの参入が進められていくことでしょう。

日本国内では大手企業の導入といっても決済の導入はビックカメラやピーチなどに限られ、かつ利用できる実店舗もほんの一部となっています。とはいえ徐々に起業家や企業がビットコインに投資、またはシステムの導入を決めています。例えばNTTやリクルート、野村総研、楽天といった大手企業が続々とビットコインの導入を開始することを決めています。またビットコインを支えるブロックチェーンの技術やシステムについても今後さらなる研究が進んでします。これらの企業を皮切りに、仮想通貨での決済を導入する企業の数は今後も増えていくのは間違いなさそうです。

ビットコインへの導入を行うことで企業側が得られるメリットは下記があげられます。

1. 決済が速く済む
オンライン上での販売であればクレジットカードを選ぶのが主流になっていますが、クレジットカード会社や銀行が介在すると、それだけ販売会社へ現金が振り込まれる時間が長く掛かります。また、ビットコイン決済では手数料が殆どかからないという特徴も企業が好む点です。ビットコイン決済の手数料は高くても全体で数%程しかありません。取り扱い件数が増えてくると、膨大な金額を企業側が負担しなければなりません。これが何分の一に縮小されるとなると、ビットコインを利用しない手はないでしょう。

更に、送金されるスピードが速いという特徴も、企業にとっては有難い点です。大手企業によるビットコイン活用は、決済方法だけでなく、システムを成り立たせているブロックチェーンシステムを研究し、独自システムに活かそうという動きも出ているようです。ビットコイン決済は販売側も購入側にも双方に多くのメリットがあります。今後オンライン店舗に限らず、多くの企業が参入していきそうです。

2. ビットコインのシステムの活用
海外では既に多くの大手企業や銀行で、ビットコインでの決済ができるよう整備を進めています。その中でも特にブロックチェーンシステムが注目を集めています。従来の中央管理型システムから分散型台帳システムへ経済は大きな変化を迎えています。ブロックチェーンを活用すれば、今以上に安全に安心して取引が行われます。銀行だけでなく、様々な分野でその技術を発揮できるでしょう。今後は日本でもビットコイン決済システムを導入した大手の店舗が増え、端末一つで気軽に商品の購入やサ
ービスが利用できるようになるのではないでしょうか。

今後もビットコインの動向から目が離せません。

関連記事

コメントは利用できません。

新着記事

  1. ビットコインに関してリサーチを行っている方の中には、ビットコインが普及している国というと自然とギリシ…
  2. コイン
    ビットコインは、為替相場と同じくその価値は日々、変化しています。 ではビットコインの値段はどのよう…
  3. 大手銀行JPモルガンとの提携が話題となった仮想通貨、ジーキャッシュ(Zcash)をご存知でしょうか。…
  4. アプリ
    現在、世界中で様々なメッセージアプリが利用されています。 日本では、多くの方が「LINE」を利用し…
  5. 日々更新される仮想通貨についてのニュースの中でも、lisk(リスク)についてのニュースが話題を集めて…
  6. 仮想通貨の種類は急速な勢いで増加している傾向があり、その数は1000種類を超えると もいわれます。…
  7. ビットコインをはじめ多くの暗号通貨では採掘と呼ばれる方法で新規の通貨発行を行っています。暗号通貨のメ…
  8. 仮想通貨というとビットコインやイーサリアムなどをイメージされる方も少なくないと思います。現代、仮想通…
  9. 投資といえば株やfxが最も輝いていた時代から変化の色を見せ、近年はビットコインを含めた仮想通貨が投資…
  10. 現在仮想通貨の市場は急激に拡大してきています。なかでもビットコインは依然として仮想通貨内の時価総額ラ…
ページ上部へ戻る