リスク(LISK)とは?

皆様は「リスク」という通貨をご存知ですか?これからご説明するリスク(LISK)は、投資でよく使われる「ハイリスクハイリターン」のリスク(RISK)とは違います。リスクとは仮想通貨の名前です。今年に入ってから、リスクの価格がどんどん上昇しているというニュースをお聞きになったことがある方もいらっしゃることでしょう。ここでは、リスクの概要と特徴、イーサリアムとの違い、将来性などについて詳しく見ていくことにしましょう。

リスクの概要と特徴

まず初めに、リスク(LISK)の概要と特徴についてご説明します。リスクがこの世に登場したのは2016年5月ですから、リスクは誕生してまだ間もない新しい仮想通貨です。

リスクの1つ目の特徴は「分散型アプリケーションプラットフォーム」を採用していることです。分散型アプリケーションとは、「Decentralized Applications」もしくは、略して「DApps(ディー・アップス)」と呼ばれ、ローカルまたはリモートのクライアントがネットワークで接続した複数のマシン上の1つもしくは複数のサーバーと通信を行うアプリケーションをいいます。

ネットワーク上の複数のマシンのサーバーと通信する分散型のプラットフォームを採用したことで、世界中どこからでも業務処理が可能となったのです。リスクの分散型アプリケーションプラットフォームはイーサリアムでも採用しているシステムとなります。

リスク2つ目の特徴としては、メインのブロックチェーン以外にサイドチェーンと呼ばれる複数のブロックチェーンを持っていることです。リスクでは2つのブロックチェーンを使用し通貨のやり取りを行うことになります。メインのブロックチェーンだけを使用すると、処理速度が遅くなる、万が一の時のダメージが大きくなる、などのデメリットがありますが、複数のブロックチェーンを採用したことでそれらのリスクが回避できます。1つのDAppsに不具合が生じても、他のDAppsの開発者が正常な状態に戻すことができるというメリットもあります。

3つ目の特徴としては、リスクは開発言語としてJavaScriptを使用しているということです。JavaScriptは言語の中でも、ウェブ開発者であれば誰もが知っているプログラミング言語です。JavaScriptを使い慣れた開発者が多いということは、リスクの更新・バージョンアップに際して開発者を募りやすい環境にあるということを示します。ブロックチェーンの開発や追加機能の実装を行っている状態ですので開発者を募りやすいということは大きなメリットとなります。

4つ目として、リスクの発行数が無限であることです。多くの仮想通貨は発行数が予め決められており、その数に達するとそれ以上は発行できないようになっています。リスクの場合は上限がありませんのでその点も大きな特徴となっています。ちなみにリスクではマイニング(採掘)のことをフォージング(鋳造)と呼んでいますが、取引の承認を行うと報酬がもらえる点には他の通貨との大きな違いはありません。

リスクの価格は2017年5月に急騰し、一時497円という値を記録しました。発売当初は1リスク15円台だったことを考えると、急激に注目が高まっている通貨であることがお分かりいただけるのではないでしょうか。

リスクとイーサリアムとの違い

リスクとよく比較されるのがイーサリアムです。ここでは、2つの共通点、相違点について見ていくことにしましょう。

1:イーサリアムとの共通点

イーサリアムとの共通点は、スマートコントラクトであるという点が挙げられます。スマートコントラクトとは、契約の自動化ともいわれています。ここで言う契約とは、単なる書類上の契約ではなく、契約にかかわる行動全般を指しています。つまり、リスクあるいはイーサリアムを使用した取引、決済を行うこと自体をスマートコントラクトと言っています。

例えばある人がリスクを購入したとしましょう。すると、その情報はブロックチェーンに書き込まれます。この時点で、ある人が購入したという事実は世界中のネットワークに認識されます。ですから、それが正しい取引であるかどうかは誰もがチェックできる仕組みになっています。また、取引が成立した記録も書きこまれますので、第三者が勝手に改ざんするようなことは一切できません。

 

2:イーサリアムとの相違点

イーサリアムと違いは、先ほどご説明したサイドチェーンです。イーサリアムは世界第二位の時価総額を誇る人気の仮想通貨ですが、2016年6月にメインのブロックチェーンが何者かによりハッキングされ、価格が急落するという被害を受けました。これは、イーサリアムがメインのブロックチェーンしかないという脆弱性を突かれたものだと考えられます。

その点、リスクはメインのブロックチェーンに加え、複数のサイドチェーンを持っているため、このようなトラブルが起こりにくいと考えられています。さらに、両者は発行枚数においても違いがあります。イーサリアムは発行枚数の限度が6000万枚と決められていますが、リスクは発行枚数の上限がありません。リスクは、仮想通貨において比較的珍しい存在なのです。

その他にも両者はプログラミング言語にも違いがあります。リスクはJavaを使用しているのに対し、イーサリアムはSolidityと呼ばれる独自のプログラミング言語を採用しています。

なお、イーサリアムは大手の取引所では多く扱われていますが、今のところリスクは一部の取引所でしか扱っていないという相違点もあります。しかし、2016年7月、日本の大手取引所でも取り扱いが開始されましたので、これから日本でももっと普及していくものと思われます。

リスクの将来性

では、最後に将来性について見ていくことにしましょう。ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、リスクは2017年に入ってから価格が上昇し続けています。7月中旬現在はおよそ210円前後で推移しているようです。2017年当初は20円前後でしたから、10倍以上の値を付けていることが分かります。

では、なぜ価格が急上昇しているのでしょうか?価格上昇の原因の一つには、何と言っても価格の安さが挙げられます。例えばイーサリアムは24,000円前後ですから、およそ100分の1以下で購入できるという点は大変魅力的です。また、サイドチェーン機能が今後さらに改良されていくという期待感も、リスクの価格を引き上げている原因と考えられます。さらに、リスクは大手企業とパートナー提携を結んでいる点も見過ごせません。盤石な土台があればこそ、今後の発展性も見込むことができます。

リスク自体がまだ登場したばかりと言うこともあり、現段階では認知度も低く、取引所も限られています。リスクは誰もが知っているプログラミング言語を採用している点からも、今後ますます浸透していくのではないでしょうか。さらに、発行枚数の上限がないという点も、仮想通貨においては珍しいため、とても魅力的に映ります。無限に発行されたら将来的には価値がなくなってしまう可能性の指摘もありますが、それと連動して採掘(フォージング)できる量も制限されていくため、それほど混乱は起きないものと考えられています。さらに日本でも大手取引所が取り扱いを始めたという点から考えても、今後日本における認知度が上昇し、価格がさらに上がる可能性も十分に考えられます。

この取引所のサイトは分かりやすく、初心者でも簡単に購入ができますから誰でも気軽に利用できます。もしかすると今後は、他の通貨を購入するついでに、価格の安さに惹かれてリスクを購入する方も増えてくるかもしれません。これらの点を考えてみると、価格が安い今のうちに購入しておき、中長期的に保管して値上がりを楽しみに待つというのが一番賢い方法と言えるのではないでしょうか。


いかがでしたか?リスクはまだ登場して日が浅いため認知度も低く、時価総額もランキングで見ると21位とそれほど高くない仮想通貨です。しかし、逆にそれだけに今後に期待が持てる仮想通貨だと言えるかもしれません。今後認知度が高まれば更なる価格上昇や、他の日本の取引所での取り扱いも増えていくことでしょう。そうなれば日本の大企業がスポンサーとして参入してくるという、好循環が生まれてくるかもしれません。今後の更なる認知度上昇を期待したいところです。

関連記事

コメントは利用できません。

新着記事

  1. みなさんは仮想通貨、いわゆる暗号通貨に対して、どのようなイメージを持たれているでしょうか。匿名性も高…
  2. ビットコインを始めとした仮想通貨の利用者数が年々増加しています。仮想通貨は365日24時間いつでもネ…
  3. オーガー(Augur)と呼ばれる仮想通貨をご存知でしょうか。仮想通貨の中ではビットコインが有名ですが…
  4. 仮想通貨を語るうえで必ず話題に挙がるのが匿名性についての項目があります。ビットコインは匿名性が高いと…
  5. 仮想通貨についての記事を読んでいる方の中には仮想通貨『イーサム』とセットで、『ダオ(the DAO)…
  6. ビットコインはブロックチェーンやマイニングなど多くのアルゴリズムによって、安定したシステム運用とサー…
  7. ビットコインの投資を考えているけれど、なかなか踏みきれない、二の足を踏んでしまうという方も多いのでは…
  8. ビットコインの購入を考えていらっしゃる皆さんにとっては、どのような税金がかかるのかは気になることでは…
  9. イーサリアムクラシックという仮想通貨を御存知でしょうか。「イーサリアムは知っているけれど、イーサリア…
  10. ビットコインというと、中国やギリシャなどのイメージが強いかもしれませんが、アメリカでもビットコインは…
ページ上部へ戻る