ファクトムとは

皆さんは「ファクトム」通貨の名前を聞いたことがありますでしょうか。初めて聞くという方も多いかもしれません。ファクトムはもともと電子記録などを改ざん不能にし、かつすべての記録が残すために生まれたシステムの名称です。しかし現在では仮想通貨のプラットフォームの名称となっています。ファクトムとはいったいどのような仮想通貨なのでしょうか。今回は、ファクトムと資金調達、そしてその将来性などについて詳しく見ていくことにしましょう。

ファクトムとは

ファクトムは2015年10月に誕生した仮想通貨のプラットフォームで、ビットコイン2.0の中に含まれます。ファクトムの一番の特徴は、文書データの管理ができることにあります。

一例としては第三者に依存せずに電子データの証明が可能になるという点が挙げられます。例えばあるデータがある時点で確実に存在していたことを証明出来、契約を結んだ際の契約書を公証人がいなくても証明することが可能になります。機密保持のためのセキュリティソフトや人権費には高額なコストや手間がかかりますが、ファクトムを利用することで、膨大なデータを、コストをかけず、より安全かつ簡単に保管することができると言っても良いでしょう。

ファクトムはビットコイン2.0に含まれますので暗号化の方式やコンセンサスアルゴリズムをビットコインと同様のシステムとなります。ファクトムでの取引は最終的にビットコイン同様ブロックチェーンとして書き込まれ、記録されていきます。ファクトムを利用した取引では、まずユーザーが利用料を支払いファクトムに電子データを送信します。そのデータは確認後、暗号化されて2段階に分けてブロックに収納され、最終的には記録される仕組みになっています。ファクトムはその利便性から「ビットコインの進化版である。」と呼ぶ人もいるようです。

仮想通貨に詳しい方の中には昨年ファクトムが急騰したというニュースをお聞きになったことがある方もいらっしゃるかもしれません。ファクトムは今年に入ってからも3月から6月の3カ月間でその価値が10倍も上昇している傾向があります。

ファクトムが昨年高騰した理由としては、アメリカのウォール街の企業と提携したことが要因だと言われています。とはいえファクトムは仮想通貨の時価総額ランキングの面ではビットコインと比べてまだまだ額は低く、認知度ももう一つと言った印象です。将来性のある仮想通貨となりますので、これからが期待できる通貨であるといえるでしょう。ファクトムの購入方法は他の仮想通貨と同様に取引所に登録し、ファクトムを購入するために入金をする形になります。入金方法は銀行振り込み、クレジットカード払い、コンビニ払いなど取引上の指定する形式からお好みに合わせて選んでいきましょう。

ファクトムハーモニーと資金調達

ファクトムハーモニーと住宅ローン

本年4月下旬、ファクトムブロックチェーンを利用した「ファクトムハーモニー」というサービスの展開が始まりました。ファクトムハーモニーとはアメリカの住宅ローン業界に登場した住宅ローンパッケージです。膨大な人口を抱えるアメリカでは、当然住宅ローンを借りる人の数も膨大になっています。住宅ローンの一つ一つには重要な個人情報を管理する必要があります。そのデータを管理するためにファクトムのブロックチェーンが採用されたのです。もともとと文書データの管理が得意なプラットフォームですから、これはある意味出るべくして出た商品とも言えるでしょう。

日本で住宅を購入する場合、一括支払いの方以外のほとんどの方が銀行などの金融機関と契約して、住宅ローンを組むのが普通ですが、アメリカではおよそ6割の人が、ブローカーと言われる仲介人にお願いするのだそうです。当然ブローカーには個人情報が筒抜けになります。またブローカーには高い仲介手数料を支払う必要があります。中には怪しいブローカーもいるかもしれません。こういった背景はファクトムハーモニーが誕生するきっかけとなったのではないでしょうか。

ファクトムハーモニーはコンプライアンス、法令遵守の証拠などにも有効です。ファクトムハーモニーがあれば、契約などの証拠を確実に残すことができますから、トラブル回避にも役立ちます。アメリカの大規模な住宅ローン市場に採用されたことでファクトムプラットフォームは世界の注目を集めることとなりました。

またファクトムは多数のベンチャーキャピタルから潤沢な資金を調達しています。その数は10社に上り、資金は日本円で8兆円にも上ると言われています。ファクトムはなぜこのような多額の出資を集めることができるのでしょうか。その理由は、ファクトムの特徴にあります。膨大なデータのセキュリティ保持にかかるコストを大幅に軽減できるファクトムは、情報化社会である現代に必要不可欠な存在になりつつあるのです。ファクトムに投資するベンチャーキャピタルはそこに注目しているのです。ファクトムプラットフォームはハッキングのリスクが低く、安全にデータを管理することが可能です。ファクトムが今後ますます拡大していくであろうことを見越した企業や投資家から投資が活発に行われることで、ファクトムは多額の資金を調達することにつながっているのです。

ファクトムの今後

ファクトムの利用例

最後に、ファクトムの今後、将来性についてお話ししたいと思います。現代社会において、データ管理は企業にとって欠かすことのできない問題となっています。企業の保有するデータが万が一外部に流失してしまったら、企業やサービスに対する信頼度は一気に失墜してしまいます。以前ある大手の会社で膨大な個人情報が流出したために、多額の保証が必要となったこと、株価が暴落し多大な損害を負ったケースがありました。また情報流出については公表が遅れることでさらに非難が集中することとなります。情報が流出のリスクはそればかりでなく、流出後のクレーム処理に追われることとなります。情報流出は業績の悪化に直結し、最悪の場合倒産することあるでしょう。

これらのリスクを回避するためにも、ファクトムを導入する企業はさらに増え、拡大していくのではないでしょうか。ファクトムプラットフォームの人気が高まれば、当然通貨自体の価格が高騰することも期待できます。ここ1年間を見ても、ファクトムは8倍もの値上がりをしています。また、今後もし国家としてファクトムのシステムを導入する国があるとすれば、さらにファクトムの価値が高騰することが予想されます。

アメリカのように住宅ローンに導入されれば、低迷している住宅業界も活性化しますし、家を購入する人が増えてくる可能性もあります。そうなれば国家全体の消費が向上し、景気も上向くことになるかもしれません。さらに、ファクトムのシステムでは、わざわざ役所に行かなくてはならなかった証明書の受け取りが不要となります。より多くの人がその恩恵にあずかることになるでしょう。ファクトムプラットフォームの導入は役所の業務の負担減にもつながります。役所業務を効率化できれば税金の削減することは、ひいては私たち一般庶民に恩恵として返ってくる可能性もある訳です。

このように国や企業が次々に導入していったら、ファクトム通貨の価値は一気に上昇していくことでしょう。仮想通貨は数多くありますし、中にはあまりメリットがない通貨もないとは言い切れません。その中で、ファクトムは単なる仮想通貨の枠を超えたメリットを持っているといえます。

ハートの光

今回仮想通貨の中でファクトムについてご紹介させていただきました。仮想通貨は数多くありますが、今回ご紹介したファクトムは、全く新しいタイプの仮想通貨といえるかもしれません。ファクトムは日本ではまだ限られた取引所でしか購入できませんが、認知度が高まるにつれ、これからさらに多くの取引所で扱われるようになることでしょう。これまでのデータ管理の常識を破るファクトムの今後に注目していきたいと思います。また、将来ファクトムと同程度か、もしくはそれ以上に魅力的な仮想通貨が登場してくる可能性もあります。仮想通貨から当分目が離せそうにありません。

関連記事

コメントは利用できません。

新着記事

  1. みなさんは仮想通貨、いわゆる暗号通貨に対して、どのようなイメージを持たれているでしょうか。匿名性も高…
  2. ビットコインを始めとした仮想通貨の利用者数が年々増加しています。仮想通貨は365日24時間いつでもネ…
  3. オーガー(Augur)と呼ばれる仮想通貨をご存知でしょうか。仮想通貨の中ではビットコインが有名ですが…
  4. 仮想通貨を語るうえで必ず話題に挙がるのが匿名性についての項目があります。ビットコインは匿名性が高いと…
  5. 仮想通貨についての記事を読んでいる方の中には仮想通貨『イーサム』とセットで、『ダオ(the DAO)…
  6. ビットコインはブロックチェーンやマイニングなど多くのアルゴリズムによって、安定したシステム運用とサー…
  7. ビットコインの投資を考えているけれど、なかなか踏みきれない、二の足を踏んでしまうという方も多いのでは…
  8. ビットコインの購入を考えていらっしゃる皆さんにとっては、どのような税金がかかるのかは気になることでは…
  9. イーサリアムクラシックという仮想通貨を御存知でしょうか。「イーサリアムは知っているけれど、イーサリア…
  10. ビットコインというと、中国やギリシャなどのイメージが強いかもしれませんが、アメリカでもビットコインは…
ページ上部へ戻る