ビットコイントレーダーになるために

近年ではFXや株式投資同様、ビットコインを始めとした仮想通貨に投資を行う方が増えてきている傾向があります。ビットコインは国際送金や決済だけでなく投資的な運用が可能です。ビットコイントレーダーとして活動する場合、利益を出す上で知っておくべきポイントがいくつかあります。ここでは、トレーダーとして知っておくべき基本であるトレードの方法や仮想通貨投資の特徴、ビットコイントレードを行うタイミング、トレードのコツなどについてご紹介します。

ビットコインのトレードの方法

ビットコインのトレードには「長期投資」と「短期トレード」、2通りの方法が存在します。ビットコイントレーダーを目指す場合、この2つに関する知識は必須となります。それぞれの投資における方法について詳しく見ていきましょう。

長期投資とはビットコインを含む仮想通貨が安い時に購入し、価格が高くなったら売却し、その差額で利益を出すトレード方法です。少しでも儲けを出すためには、取引所選びやどの仮想通貨のトレーダーになるかなどをしっかり検討することがポイントになります。

株式投資であれば長期保有により配当や株主優待を受けることができます。株価上昇で値上がり益を期待することもできますが、ビットコインのような仮想通貨には配当や特典等はありません。ただ長期的に保有しているだけでは資産を増やすことができないため、長期的な保有によって仮想通貨の価格上昇を待ち、「最も高くなった時に売る」といったトレード方法を選んでいくことが大切です。

短期トレードとはビットコインのような仮想通貨を購入し、少しでも利益が出たら売却、これを短期間で繰り返すトレード方法です。長期投資と比べて、頻繁にトレードを繰り返す方法です。ビットコインはボランティ(値動き)が大きく、取引手数料が少ない通貨であるために短期トレードにも向いているといえるでしょう。短期トレードでは何度も取引を行うこととなります。手数料やトレードのルールなど、トレーダー自身に合った取引所を選ぶのが儲けるポイントになります。

ビットコイントレードは短期と長期どちらが良い?

ビットコインの代表的なトレード方法である「長期投資」と「短期トレード」。具体的にはどちらを選ぶと良いのでしょうか。どちらもビットコインの値動きに合わせたトレード方法であるため、簡単に優劣をつけることはできません。そのため、両者の特徴を知り、トレーダー自身のライフスタイルに合わせた方法を選ぶことが、仮想通貨のトレードにおいては非常に重要です。

1.長期投資の特徴

長期投資の「長期」に具体的な定義は存在しません。トレーダーが1年以上にわたりビットコインを保有・取引していることを長期投資と呼ぶケースが多いようです。長期投資の特徴は何と言っても、細かな値動きに振り回されることがない点でしょう。

短期トレードの場合は、相場状況を常に監視している必要がありますが、長期投資の場合はそれをする必要はありません。長期投資の目的は将来的な値上がりであるため、自分のライフスタイルを優先しながら気長に値上がりを待つことができます。また、多くのトレーダーが利用する取引所では手数料がかかります。長期投資であれば、取引回数そのものを少なくできるので、手数料によるコストが抑えられる点もメリットと言えるでしょう。

ただし、じっくりと値上がりを待つトレードスタイルであり、ビットコインは値動きが他と比べて激しい傾向にあるため、目前の価格変動に振り回されることなく、辛抱強く待てるトレーダーに合った方法です。

2.短期トレードの特徴

短期トレードの場合、早いと「1日」、長くても「1カ月から2カ月」の間に取引が繰り返されます。1日で取引するトレード方法をデイトレードと呼び、これに挑戦するトレーダーも増えている傾向があるようです。

短期トレードの大きな特徴が、短期間で利益を生み出せる点です。早いと数分で利益が生じるため、達成感を得やすいトレードと見ることもできます。タイミングを見極めるには知識や経験が必要となるものの、長期的な視点に立つ必要がないことから、企業情報や景気の分析に時間をかける必要がありません。

ただし、ビットコインは値動きの激しい通貨であり、短期間で価格が数倍や数分の一に変化することもあります。ビットコインの短期トレードでは購入と売却のタイミング判定に神経を使うかもしれません。

3.短期と長期どちらが良い?

2つのトレード方法にはそれぞれメリット、デメリットがあります。どちらを選ぶべきかは、トレーダー自身の裁量によるものであると言えるでしょう。取引に多くの時間がかけられず、短期的な値動きに関心がない人は長期投資が向いています。対して、日々の相場監視や機械的なトレードが苦にならない人、ビットコイン取引に時間を避ける人などは短期トレードが適していると思われます。

ビットコイントレーダーに聞いたトレードのコツ

長期投資であれ短期トレードであれ、ビットコインのトレードにはそれなりの知識や経験、そしてコツが必要となります。初めは誰もが頭を悩ませ思考錯誤を行うことでしょう。近年では、ビットコイン投資を行う方も増えてきておりますので「ビットコイントレードのコツ」と呼ばれるような情報も増えつつあります。こうした情報を把握していくこともトレーダーの実力を決める要因になる場合があります。多くのビットコイントレーダーが実践している方法をいくつかピックアップしていきます。

基本は安く買って高く売る

価格変動する性質を持つビットコインのトレードは基本的に株式や債券と同じです。できる限り安いタイミングで購入し、価格が上がり切ったら売却すると言うのがトレードの基本になります。ビットコイン投資では株式のように長期保有しても配当や株式優待といった見返りは存在しません。単純に価格だけを追うこととなりますので、他の投資と比較するとルールはシンプルです。

短期トレードで利益を狙う

取引に多くの時間が割けない人、目先の価格変動ではなく将来的な値上がりに期待する人は長期投資が向いているとお話しました。しかし、計画性や根気を必要とする「ビットコイン長期投資」のメリットは決して多くはなく、利益優先で考える人の多くが短期トレードを行っている傾向があるようです。

ビットコインは短期での価格変動が他の金融商品と比べても大きく、また頻繁に起こるという理由から、短期トレードに適しているとの見方もあるようです。価格上昇したらすぐに売却すると言うトレードは実に理に適ったスタイルと言えるのです。

チャートをフル活用する

長期投資、短期トレード、どちらを選んだ場合でも、トレーダーが必ず身につけておくべき知識として、チャートの読み方があります。チャートは仮想通貨の価格推移を表しており、ビットコインの取引所であればどこでもチャートを公開しています。株式でも利用されている「ローソク足」が何を示すのかを理解しておくだけでも、ビットコインの値動きを追うことが可能です。ビットコインの売り時と買い時を見極めるのに欠かせない指標となるため、チャートを読めるようになっておくことをお勧めいたします。

ビットコインを買いさえすれば誰でもトレーダーになることは可能です。しかし、実際に利益を上げるためにはトレードとしての技術を身につける必要があります。ビットコイントレードの基本を知り、トレーダー自身に合った投資方法を選ばなければなりません。

ビットコイン発行

今現在も、需給バランスによってビットコイン価格に大きな変動が起こる可能性はゼロではありません。トレーダーを目指す方は普段からチャートをチェックするだけでなく、市場動向に気を配ると同時に、ビットコインの値動きを把握しておくことをおすすめします。

関連記事

コメントは利用できません。

新着記事

  1. みなさんは仮想通貨、いわゆる暗号通貨に対して、どのようなイメージを持たれているでしょうか。匿名性も高…
  2. ビットコインを始めとした仮想通貨の利用者数が年々増加しています。仮想通貨は365日24時間いつでもネ…
  3. オーガー(Augur)と呼ばれる仮想通貨をご存知でしょうか。仮想通貨の中ではビットコインが有名ですが…
  4. 仮想通貨を語るうえで必ず話題に挙がるのが匿名性についての項目があります。ビットコインは匿名性が高いと…
  5. 仮想通貨についての記事を読んでいる方の中には仮想通貨『イーサム』とセットで、『ダオ(the DAO)…
  6. ビットコインはブロックチェーンやマイニングなど多くのアルゴリズムによって、安定したシステム運用とサー…
  7. ビットコインの投資を考えているけれど、なかなか踏みきれない、二の足を踏んでしまうという方も多いのでは…
  8. ビットコインの購入を考えていらっしゃる皆さんにとっては、どのような税金がかかるのかは気になることでは…
  9. イーサリアムクラシックという仮想通貨を御存知でしょうか。「イーサリアムは知っているけれど、イーサリア…
  10. ビットコインというと、中国やギリシャなどのイメージが強いかもしれませんが、アメリカでもビットコインは…
ページ上部へ戻る