ビットコインって儲かるの?

投資といえば株やfxが最も輝いていた時代から変化の色を見せ、近年はビットコインを含めた仮想通貨が投資手段として利用される時代に突入してきました。投資家たちの間では、ビットコインをはじめ仮想通貨で儲けた資金を株投資に利用する人、反対にfx等で儲けた資金をビットコインなど仮想通貨投資に利用する人も増えてきています。

ビットコインを利用した投資は年々増加傾向にあり、投資業界では現在仮想通貨投資が大きな盛り上がりを見せています。ビットコインなどの仮想通貨には、fxや株、金などとは異なる特徴があり、新たな投資手段として注目を集めているようです。株とビットコインは価格の上昇によって儲かるか損するかと投資に対する姿勢はほとんど同じです。しかしその裏でビットコインや仮想通貨の投資は詐欺やセキュリティ面で心配があるのではないかと感じる方もいるかもしれません。新しい投機手段であるビットコインを利用し儲けたいと考えたのならば知識を身につけることが必要です。逆にいうと株の投資を行う時のように投資を開始する前にしっかりとした知識を身につけ、時流に合わせた投機を行うことで、やり方次第ではビットコイン投資が儲かることに気づく方もいらっしゃるかもしれません。

今回は少しでもビットコインの投資で儲かる方が増えるように、ビットコイン投資を行う際に必要な知識や方法をご紹介したいと思います。

ビットコインの儲かる仕組み、儲かるやり方について考えていきましょう。近年仮想通貨の中には、ビットコイン以上に儲かるのではないかと注目されている通貨もあります。後半ではビットコイン以外に儲かることが期待されている仮想通貨についてもご案内します。株やfx、との他の投資手段から乗り換えたい、リスク分散として同時に様々な投資を進行し

ていきたいと考えている方はぜひご注目下さい。

ビットコイン投資の儲かる仕組み

ビットコイン投資を考えていくうえで、基礎知識として軽くビットコインと株投資の違いについてご説明します。ビットコインの取引の特長は投資時間が長いことです。ビットコインは24時間年中無休でスピーディーな手続きが可能です。通常fxなどの取引では土日については取引行えないことや指値の注文のみの受付となり、通常の取引は平日5営業日のみでしか行えないことも少なくありません。ビットコイン取引は平日に仕事を行っている社員の方でも儲けるチャンスの多い投資手段であるといえるかもしれません。

世界的に財政破綻に陥った国家や財政危機となる国家のニュースを聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。ビットコインなどの仮想通貨は特定の管理機関など中央管理機関が存在していないため、各国が経済危機におちいった際の代替と投資手段としても有効です。中央銀行や政府の動きに左右されることがない点についても評価されています。

仮想通貨という言葉を聞くと安全性に問題があるのではないかと心配される方もいますがビットコインにはブロックチェーンという高いセキュリティ管理を行ってくれるシステムがあります。ブロックチェーンでは取引データが全て保存され、保存されたデータの改ざんや不正はできないようになっています。

これらはビットコインが儲かる投資手段として評価されている理由の一部となります。

 

ビットコイン投資は儲かるの?

ビットコイン投資は儲かるのではないかと人々に注目された理由は、先ほどお話させて頂きましたいくつかのポイントが影響しています。この章では、実際にビットコインで儲けるためにビットコイン投資についてお話していきます。

ビットコイントレード

ビットコイントレード=ビットコイン投資とはビットコインを売ったり買ったりすることで差額として利益を得る方法です。トレードで儲ける方法については多くの人が研究を行っています。トレードを行う際に必ず覚えておいて欲しいのは「底値で買う・最も高い値で売ることは難しい」ということです。ビットコインは投機手段の中でも比較的流動性が高いといわれています。最安値で買い、最高価格で売り払うといったトレードが奇跡的に出来れば最大限の利益を得ることができ理想的ではありますが、ビットコインの場合特に、チャー

トを分析してもどれくらいタイミングで価格が上がり、どれくらいのタイミングで価格が

下がるのかということを正確に予想することは非常に困難です。

ビットコイントレードでも「長期投資」と「短期投資」の2通りの投資方法が存在しますので、2つの投資方法を上手に活用して自分なりのトレードスタイルをみつけていくことが大切です。ビットコイントレードで儲けるために、それぞれの投資方法について見ていきましょう。

長期投資とはその名の通り長期間ビットコインを保有することでビットコインの成長幅で利益を目指すトレードスタイルです。長期投資の「長期」に具体的な定義は存在しません。トレーダーが1年以上にわたりビットコインを保有・取引していることを長期投資と呼ぶケースが多いようです。長期投資の特徴は何と言っても、細かな値動きに振り回されることがない点でしょう。短期トレードの場合は、相場状況を常に監視している必要がありますが、長期投資の場合はそれをする必要はありません。長期投資の目的は将来的な値上がりであるため、自分のライフスタイルを優先しながら気長に値上がりを待つことができます。ビットコインの長期投資の場合気を付けていただきたいのがビットコインのような仮想通貨には配当や特典がないことです。株式投資であれば保有期間中、企業からの配当や株主優待を受けることができます。ビットコイントレードでは純粋なトレードの差額のみが儲けとなることがポイントとなります。逆にいうと儲かるための方法を考える際にはビットコイン自体の時流を読むこととなりますので株式投資と比較するとわかりやすいポイントとなるかもしれません。

短期投資とは短い期間でビットコインの売り買いを行うトレード方法です。早いと「1日」、長くても「1カ月から2カ月」の間に取引が繰り返されます。1日で取引するトレード方法をデイトレードと呼び、これに挑戦するトレーダーも増えている傾向があるようです。短期トレードの大きな特徴が、短期間で利益を生み出せる点です。早いと数分で利益が生じるため、達成感を得やすいトレードと見ることもできます。タイミングを見極めるには知識や経験が必要となるものの、長期的な視点に立つ必要がないことから、企業情報や景気の分析に時間をかける必要がありません。

ビットコインの短期投資で儲かるためにはfxやほかの仮想通貨と組み合わせてトレードを行うのもよいでしょう。ビットコイン等の仮想通貨では取引の手数料が他の投資手段と比べても安い特長があります。頻繁なやり取りを行う短期投資でもこの点も嬉しい点であるといえるかもしれません。

ビットコイントレードは短期と長期どちらが良いのか

ビットコインの代表的なトレード方法には「長期投資」と「短期トレード」があります。具体的にはどちらを選ぶと良いのでしょうか。どちらにも評価すべき点、リスクとなる点がございますので簡単に優劣をつけることはできません。

ビットコインの知名度は今現在急速に拡大している傾向があります。日本でも大手企業がビットコイン決算を導入し始めたというニュースをきくことが増えてきました。新しいスタイルの投資手段となるための戸惑う方もいらっしゃるかもしれません。ビットコイン投資にはその他の投機手段同様リスクがあるものの、儲かる要素のある投資手段であると考えている方も多いようです。とはいえ自己判断が欠かせません。この機会にビットコインと多くの仮想通貨について学んでみてはいかがでしょうか。

関連記事

コメントは利用できません。

新着記事

  1. ビットコインに関してリサーチを行っている方の中には、ビットコインが普及している国というと自然とギリシ…
  2. コイン
    ビットコインは、為替相場と同じくその価値は日々、変化しています。 ではビットコインの値段はどのよう…
  3. 大手銀行JPモルガンとの提携が話題となった仮想通貨、ジーキャッシュ(Zcash)をご存知でしょうか。…
  4. アプリ
    現在、世界中で様々なメッセージアプリが利用されています。 日本では、多くの方が「LINE」を利用し…
  5. 日々更新される仮想通貨についてのニュースの中でも、lisk(リスク)についてのニュースが話題を集めて…
  6. 仮想通貨の種類は急速な勢いで増加している傾向があり、その数は1000種類を超えると もいわれます。…
  7. ビットコインをはじめ多くの暗号通貨では採掘と呼ばれる方法で新規の通貨発行を行っています。暗号通貨のメ…
  8. 仮想通貨というとビットコインやイーサリアムなどをイメージされる方も少なくないと思います。現代、仮想通…
  9. 投資といえば株やfxが最も輝いていた時代から変化の色を見せ、近年はビットコインを含めた仮想通貨が投資…
  10. 現在仮想通貨の市場は急激に拡大してきています。なかでもビットコインは依然として仮想通貨内の時価総額ラ…
ページ上部へ戻る