世界でのビットコインの利用例

事例

2009年に運用が始まったビットコインは、世界の投資家の注目を集め、瞬く間に世界中へ広がりました。アメリカではすでに商品の決済方法にビットコインを導入している団体もあり、アジア圏でもビットコインへの関心が高まりつつあります。ビットコインは海外送金も可能であることから、海外通販や留学生などのニーズも高まってきています。ビットコインにはこれまでの貨幣を超える様々なメリットから、今後の動向が注目されています。

今回は世界でビットコインがどのように使われているのか、世界と日本での認識の差などについてご紹介します。

 

 

海外でのビットコイン利用について

決済や投資で利用されるビットコインは、世界的な仮想通貨として海外送金ができる特徴を持ちます。従来は10%前後となる海外送金手数料が、ビットコインの場合は1%となるためり、発展途上国から先進国への出稼ぎに出ている労働者の間では、ビットコインは大変注目を集めています。
海外送金の手数料の安さはビットコインの大きなメリットの一つです。

アメリカの大手通販サイトやメキシコのコンビニなどではビットコインによる決済方法を導入しており、近年ではビットコインを取り扱える店舗も増えつつあります。アメリカ大陸だけでなく、ヨーロッパでも中央銀行が仮想通貨の導入の促進をする動きがあります。ビットコインは決済の手軽さや手数料の安さを武器にその活用事例を増やしています。

世界中に広がるビットコイン

海外送金に対する手数料の安さや、電子マネーのような手軽さから世界で徐々に広がりを見せるビットコイン。ヨーロッパでは主要となる金融機関が先導してその有用性を主張している点からもわかる通り、その利用や取引に対して世界中が肯定的な姿勢を見せているようです。アメリカでもすでにいくつかの決済をビットコインで行えるようにインフラが整えられ、アジア圏でもシンガポールやフィリピンなどでは積極的に取り入れようとサービスの展開を目指しています。このように、世界では仮想通貨の存在がより身近になりつつあります。

広がる

 

 

世界と日本に差はあるのか

世界中に広がるビットコインは仮想通貨として送金や決済に利用されています。その基本システムとなるブロックチェーンの仕組みが、個人情報など重要なデータを取り扱うことにおいて革命的な技術であることから、導入に対して慎重になっている一面もあります。この点においては世界も日本も同じ認識を持っていると言えるでしょう。しかし、アメリカやメキシコなどではすでに決済に対応する店舗も見られ、イタリアは金融機関が先導して利用促進運動を実施しており、アジアでも関連企業が事業展開を進めています。その点において、日本ではまだ目立った普及は見せていません。具体的な導入事例が少ないことが、各国慎重にならざるを得ない状況となっていると言えるでしょう。
ビットコインの利用については、まだそれほど利用例が増えているわけではありません。2009年より徐々に世界中で認識されるようになり、仮想通貨として送金や決済に利用されています。時期に応じて価格変動するため、投資商品として扱われることもあるなど活用範囲の広さを見せています。現在、多くの国でも導入に対して前向きな姿勢を取っているので、今後利用用途が増えていくこと予想されます。

関連記事

コメントは利用できません。

bitFlyer

最近の投稿

新着記事

  1. ビットコインの取引を行っている方の中では、ビットコインそのものは非常に堅牢な仕組みとなっていることは…
  2. ビットコインについて調べているとまず目にする国家の名前は中国、ギリシャ、キプロス、そして世界最大級の…
  3. ビットコイン投資に興味を持ったものの、ビットコインを始めとした仮想通貨がいったいどのようなものかわか…
  4. ビットコインをはじめとした仮想通貨は従来の通貨には無いユニークな特徴を多く持っています。世界各国の中…
  5. ブルームフィルタとは計算機科学におけるデータ構造の名前であり、ブルームフィルタは主に、スマートフォン…
  6. 行動経済学という比較的新しい学問が存在します。行動経済学は従来の経済学では説明できなかった現象を説明…
  7. 2017年5月末、日本国内でビットコイン取引所を運営しているビットポイントジャパンが大手コンビニチェ…
  8. ガイドラインとは様々な機関によって様々な位置づけで公表される、何らかの取り決めを記載した文書のことで…
  9. ビットコインの情報を調べていると、様々なお国事情を垣間見ることができます。情勢が不安定な国ほど自国の…
  10. 最近、ビットコインについて調べていると韓国の話題も目にするようになりました。韓国は元々、高速なインタ…
ページ上部へ戻る