世界でのビットコインの利用例

事例

2009年に運用が始まったビットコインは、世界の投資家の注目を集め、瞬く間に世界中へ広がりました。アメリカではすでに商品の決済方法にビットコインを導入している団体もあり、アジア圏でもビットコインへの関心が高まりつつあります。ビットコインは海外送金も可能であることから、海外通販や留学生などのニーズも高まってきています。ビットコインにはこれまでの貨幣を超える様々なメリットから、今後の動向が注目されています。

今回は世界でビットコインがどのように使われているのか、世界と日本での認識の差などについてご紹介します。

 

 

海外でのビットコイン利用について

決済や投資で利用されるビットコインは、世界的な仮想通貨として海外送金ができる特徴を持ちます。従来は10%前後となる海外送金手数料が、ビットコインの場合は1%となるためり、発展途上国から先進国への出稼ぎに出ている労働者の間では、ビットコインは大変注目を集めています。
海外送金の手数料の安さはビットコインの大きなメリットの一つです。

アメリカの大手通販サイトやメキシコのコンビニなどではビットコインによる決済方法を導入しており、近年ではビットコインを取り扱える店舗も増えつつあります。アメリカ大陸だけでなく、ヨーロッパでも中央銀行が仮想通貨の導入の促進をする動きがあります。ビットコインは決済の手軽さや手数料の安さを武器にその活用事例を増やしています。

世界中に広がるビットコイン

海外送金に対する手数料の安さや、電子マネーのような手軽さから世界で徐々に広がりを見せるビットコイン。ヨーロッパでは主要となる金融機関が先導してその有用性を主張している点からもわかる通り、その利用や取引に対して世界中が肯定的な姿勢を見せているようです。アメリカでもすでにいくつかの決済をビットコインで行えるようにインフラが整えられ、アジア圏でもシンガポールやフィリピンなどでは積極的に取り入れようとサービスの展開を目指しています。このように、世界では仮想通貨の存在がより身近になりつつあります。

広がる

 

 

世界と日本に差はあるのか

世界中に広がるビットコインは仮想通貨として送金や決済に利用されています。その基本システムとなるブロックチェーンの仕組みが、個人情報など重要なデータを取り扱うことにおいて革命的な技術であることから、導入に対して慎重になっている一面もあります。この点においては世界も日本も同じ認識を持っていると言えるでしょう。しかし、アメリカやメキシコなどではすでに決済に対応する店舗も見られ、イタリアは金融機関が先導して利用促進運動を実施しており、アジアでも関連企業が事業展開を進めています。その点において、日本ではまだ目立った普及は見せていません。具体的な導入事例が少ないことが、各国慎重にならざるを得ない状況となっていると言えるでしょう。
ビットコインの利用については、まだそれほど利用例が増えているわけではありません。2009年より徐々に世界中で認識されるようになり、仮想通貨として送金や決済に利用されています。時期に応じて価格変動するため、投資商品として扱われることもあるなど活用範囲の広さを見せています。現在、多くの国でも導入に対して前向きな姿勢を取っているので、今後利用用途が増えていくこと予想されます。

関連記事

コメントは利用できません。

新着記事

  1. ビットコインに関してリサーチを行っている方の中には、ビットコインが普及している国というと自然とギリシ…
  2. コイン
    ビットコインは、為替相場と同じくその価値は日々、変化しています。 ではビットコインの値段はどのよう…
  3. 大手銀行JPモルガンとの提携が話題となった仮想通貨、ジーキャッシュ(Zcash)をご存知でしょうか。…
  4. アプリ
    現在、世界中で様々なメッセージアプリが利用されています。 日本では、多くの方が「LINE」を利用し…
  5. 日々更新される仮想通貨についてのニュースの中でも、lisk(リスク)についてのニュースが話題を集めて…
  6. 仮想通貨の種類は急速な勢いで増加している傾向があり、その数は1000種類を超えると もいわれます。…
  7. ビットコインをはじめ多くの暗号通貨では採掘と呼ばれる方法で新規の通貨発行を行っています。暗号通貨のメ…
  8. 仮想通貨というとビットコインやイーサリアムなどをイメージされる方も少なくないと思います。現代、仮想通…
  9. 投資といえば株やfxが最も輝いていた時代から変化の色を見せ、近年はビットコインを含めた仮想通貨が投資…
  10. 現在仮想通貨の市場は急激に拡大してきています。なかでもビットコインは依然として仮想通貨内の時価総額ラ…
ページ上部へ戻る