日本でのビットコイン利用

始める

世界中でその動向が注目されるビットコイン。日本でも取引所や販売所が複数整備され、都内を中心にわずかではあるものの専用ATMが設置されています。基本的にインターネット上でのやり取りがメインになるため、パソコンやスマホを持たない人にとって仮想通貨であるビットコインはなじみの薄いものとされています。今回は未だ知らない人も多い、日本でのビットコインの取り扱い場所や普及率、そして今後の展望についてご紹介します。

 

 

日本国内でビットコインが使える場所

 

現在主流となっている取引方法はパソコンやスマホを使ったオンライン取引所です。日本にも複数の取引所が存在しており、いずれも実店舗ではなく通販サイトのようにインターネット上で利用することになります。実際の利用にはアカウントや取引に必要となる口座情報、そして本人確認が必要となる場合がほとんどです。インターネットによる取引以外にも、都内を中心に存在するATMは画面のタッチパネルを操作することで、ビットコインの換金や購入ができるようになっています。

日本のビットコインの普及率や認知度

インターネット上や少数の専用ATMなど、利用場所が限られているため、未だ日本でビットコインを所有する人は多くありません。実態を持たない仮想通貨であることなどから、まだそれほど一般へは普及していない状況です。ビットコインが価格変動する点も電子マネーなどとは異なり、警戒される一因となっているのでは、とも言われています。インターネットを利用しない世代では特に認知度が低く、これも普及率が芳しくない原因の一つと言えるでしょう。

原因

日本におけるビットコインの展望

ビットコインの普及や認知度は、欧米諸国が圧倒的に進んでおり日本は遅れをとっている状況です。今後は日本でもさらにパソコンやスマホの利用率が高まるに従って、認知度も高まるのではないかと予想されています。取引できる場所や取引に必要な知識などの制限をうまく解消することが、日本国内でビットコインを広めるための課題です。日本でも金融分野や政府がブロックチェーンを活用したデータ管理に意欲を見せていることから、近い将来、決済や購入手続きにおいてもっと身近に利用できる日がやってくるかもしれません。
日本では未だ普及率の低いビットコインですが、これはあくまでも利用する機会の少なさからくるものであり、注目される仮想通貨であることに変わりありません。金融庁では仮想通貨の新規制法案において、ビットコインを貨幣と定義すると伝えており、この法案が通過すれば世界で2番目の貨幣認定国となります。(2016年12月現在)今後は日本でも金融機関や政府を筆頭に、企業の参入などを介してさらに普及率や認知度が高まるとみられています。

お金

関連記事

コメントは利用できません。

新着記事

  1. ビットコインに関してリサーチを行っている方の中には、ビットコインが普及している国というと自然とギリシ…
  2. コイン
    ビットコインは、為替相場と同じくその価値は日々、変化しています。 ではビットコインの値段はどのよう…
  3. 大手銀行JPモルガンとの提携が話題となった仮想通貨、ジーキャッシュ(Zcash)をご存知でしょうか。…
  4. アプリ
    現在、世界中で様々なメッセージアプリが利用されています。 日本では、多くの方が「LINE」を利用し…
  5. 日々更新される仮想通貨についてのニュースの中でも、lisk(リスク)についてのニュースが話題を集めて…
  6. 仮想通貨の種類は急速な勢いで増加している傾向があり、その数は1000種類を超えると もいわれます。…
  7. ビットコインをはじめ多くの暗号通貨では採掘と呼ばれる方法で新規の通貨発行を行っています。暗号通貨のメ…
  8. 仮想通貨というとビットコインやイーサリアムなどをイメージされる方も少なくないと思います。現代、仮想通…
  9. 投資といえば株やfxが最も輝いていた時代から変化の色を見せ、近年はビットコインを含めた仮想通貨が投資…
  10. 現在仮想通貨の市場は急激に拡大してきています。なかでもビットコインは依然として仮想通貨内の時価総額ラ…
ページ上部へ戻る