日本でのビットコイン利用

始める

世界中でその動向が注目されるビットコイン。日本でも取引所や販売所が複数整備され、都内を中心にわずかではあるものの専用ATMが設置されています。基本的にインターネット上でのやり取りがメインになるため、パソコンやスマホを持たない人にとって仮想通貨であるビットコインはなじみの薄いものとされています。今回は未だ知らない人も多い、日本でのビットコインの取り扱い場所や普及率、そして今後の展望についてご紹介します。

 

 

日本国内でビットコインが使える場所

 

現在主流となっている取引方法はパソコンやスマホを使ったオンライン取引所です。日本にも複数の取引所が存在しており、いずれも実店舗ではなく通販サイトのようにインターネット上で利用することになります。実際の利用にはアカウントや取引に必要となる口座情報、そして本人確認が必要となる場合がほとんどです。インターネットによる取引以外にも、都内を中心に存在するATMは画面のタッチパネルを操作することで、ビットコインの換金や購入ができるようになっています。

日本のビットコインの普及率や認知度

インターネット上や少数の専用ATMなど、利用場所が限られているため、未だ日本でビットコインを所有する人は多くありません。実態を持たない仮想通貨であることなどから、まだそれほど一般へは普及していない状況です。ビットコインが価格変動する点も電子マネーなどとは異なり、警戒される一因となっているのでは、とも言われています。インターネットを利用しない世代では特に認知度が低く、これも普及率が芳しくない原因の一つと言えるでしょう。

原因

日本におけるビットコインの展望

ビットコインの普及や認知度は、欧米諸国が圧倒的に進んでおり日本は遅れをとっている状況です。今後は日本でもさらにパソコンやスマホの利用率が高まるに従って、認知度も高まるのではないかと予想されています。取引できる場所や取引に必要な知識などの制限をうまく解消することが、日本国内でビットコインを広めるための課題です。日本でも金融分野や政府がブロックチェーンを活用したデータ管理に意欲を見せていることから、近い将来、決済や購入手続きにおいてもっと身近に利用できる日がやってくるかもしれません。
日本では未だ普及率の低いビットコインですが、これはあくまでも利用する機会の少なさからくるものであり、注目される仮想通貨であることに変わりありません。金融庁では仮想通貨の新規制法案において、ビットコインを貨幣と定義すると伝えており、この法案が通過すれば世界で2番目の貨幣認定国となります。(2016年12月現在)今後は日本でも金融機関や政府を筆頭に、企業の参入などを介してさらに普及率や認知度が高まるとみられています。

お金

関連記事

コメントは利用できません。

bitFlyer

最近の投稿

新着記事

  1. ビットコインの取引を行っている方の中では、ビットコインそのものは非常に堅牢な仕組みとなっていることは…
  2. ビットコインについて調べているとまず目にする国家の名前は中国、ギリシャ、キプロス、そして世界最大級の…
  3. ビットコイン投資に興味を持ったものの、ビットコインを始めとした仮想通貨がいったいどのようなものかわか…
  4. ビットコインをはじめとした仮想通貨は従来の通貨には無いユニークな特徴を多く持っています。世界各国の中…
  5. ブルームフィルタとは計算機科学におけるデータ構造の名前であり、ブルームフィルタは主に、スマートフォン…
  6. 行動経済学という比較的新しい学問が存在します。行動経済学は従来の経済学では説明できなかった現象を説明…
  7. 2017年5月末、日本国内でビットコイン取引所を運営しているビットポイントジャパンが大手コンビニチェ…
  8. ガイドラインとは様々な機関によって様々な位置づけで公表される、何らかの取り決めを記載した文書のことで…
  9. ビットコインの情報を調べていると、様々なお国事情を垣間見ることができます。情勢が不安定な国ほど自国の…
  10. 最近、ビットコインについて調べていると韓国の話題も目にするようになりました。韓国は元々、高速なインタ…
ページ上部へ戻る