ビットコイン運用に必要な基本知識

情報

ビットコインについて勉強した後はビットコインを利用した投資に挑戦してみるのもお勧めです。

世界経済が混迷する中で、資産家の中には自分の資産を守る意味で円以外にも、ドルやユーロ、金属などの貴金属など資産を分散して保有しようという動きが進んでいます。ビットコインは現在非常に歴史の浅い通貨であることから、資産運用の対象として一般的であるとはまだまだ言い難い状況です。しかしながら、ビットコインは世界中でやり取りが可能であり、ブロックチェーンなどによって高い安全性が保たれているなどの点から代替資産としての可能性は十分に秘めていると考えている人も多いようです。投資という面で考えたときに成長性が高いことは大きな利益をもたらすことを意味しており、ビットコインは運用対象として非常に魅力的であるとも言えるかもしれません。

ぜひこのチャンスにビットコインの投資運用について学んでみてはいかがでしょうか。こちらでは実際にビットコインを運用する際に必要な基本知識についてお話しています。

 

ビットコインを運用するにあたって

ビットコインの取引は基本的に取引所などで行われます。ビットコインの取引では紙幣やコインなど現物があるわけではなくデータとして行われます。株式やFXの取引と近い形での運用をご想像頂きますとわかりやすいかもしれません。

ビットコインの取引は24時間、365日行われておりますので、その中で自分のタイミングや市場の動向などを考慮の上運用を行っていくことをお勧めいたします。基本的な仕組みとしては株式等の取引と同様であり、価格の高いときに売却し、価格の低いときに購入することで、その差額で利益を目指します。またビットコインでは、ビットコインの発行はマイニングによる報酬のみであると定めており、発行量や流通量に制限があることから通貨の信頼船が上昇し、利用する人が増えることで価格も大きく上昇するのでないかと考えている方も多いようです。

ビットコインはいくらから買えるの?

ビットコインの最小取引単位は0.00000001BTCです。0.00000001BTCはビットコインの開発者ナカモトサトシという人物から1 Satoshiと表すこともあります。ビットコインの価格は大きな変動があるものの、1 BTC5万円と考えた場は0.01BTCが500円。つまり非常に小さな金額から取引をスタートすることが可能です。取引所によっては1万円からの投資プランや、5万円以下の投資を行う会員向けのプランを用意しているサイトもあります。ビットコインの運用では、小額からスタートすることで低リスクの投資を行うことができます。

 

ビットコイン運用の注意点

資産の運用を行うには必ずリスクが存在します。投資を行う対象ごとにしっかりとリスクを把握することは運用成功のポイントとなります。ビットコインの運用のリスクについても下記にあげさせていただきます。

新しい種類の通貨であり、予測外の損失が生じる場合がある。

ビットコインは仮想通貨として、今までにない投資対象となります。過去には取引所が倒産し、保有していたビットコインが0となってしまったとの事件が起きた例もあります。ブロックチェーンによってビットコイン自体の安全性が守られていると言っても、個人の運用には何らかのリスクがあることも事実です。ビットコインを扱うパソコン自体のセキュリティ対策を含め、自分でできる最大限の対策を行うことが大切です。

価格の急騰、急落が激しい

上記についてはメリットあり、デメリットともなりますが、ビットコインの価値の保管という意味では不向きな通貨です。変動相場であり価格の変動も激しい傾向があります。チャートに一喜一憂することなく、運用を行う精神力が必要です。

実店舗での使用が難しく利用シーンが限られている。

現在ビットコインの利用を受け入れている店舗は少ない傾向があり、ビットコインは通貨として利用すると考えると不向きな通貨であるといえます。特に国内での利用シーンは非常に限られています。

2016年、日本国内でも仮想通貨に関する法律が制定されたことで今後もますますビットコインの利用は活発になってくると言われています。2017年度資産運用を行うにあたりビットコインは注目の投資品目となります。

とはいえ運用にはリスクがつきものです。新たな運用対象であるビットコインの性質を理解して、賢く運用を行っていくことが大切です。

関連記事

コメントは利用できません。

bitFlyer

最近の投稿

新着記事

  1. ビットコインに関する法制度は世界各国で整備が進んでいる状況である、まだ途上にあるといえます。ビットコ…
  2. ビットコインに関する解説ではしばしば、ビットコインは特定の誰かによって発行や取引が管理されることのな…
  3. 香港はビットコイン取引が盛んな都市です。中国といえば金融機関によるビットコイン取引が規制された国とし…
  4. ビットコインについて調べていると欧米諸国や東アジア諸国の動向について報じられている記事を目にすること…
  5. 2017年の9月、ビットコインとライトコインとの間でアトミックスワップが成功したと報じられ、ビットコ…
  6. これからビットコイン投資に関わろうと考えて調べ物をしている方、あるいは既にビットコイン投資に携わって…
  7. ビザンチン将軍問題とは計算理論における合意形成の問題です。ビットコインは、ビザンチン将軍問題をプルー…
  8. ビットコインの情報を収集している際にしばしば目にするのがハードフォークという用語です。ビットコインを…
  9. 2017年の8月末から、ビットコイン関連の話題においてエストコイン(= Estcoin)という言葉を…
  10. ビットコインに関してリサーチを行っている方の中には、ビットコインが普及している国というと自然とギリシ…
ページ上部へ戻る