bitcoin相場予想

レート

仮想通貨トレーダーにとって何より重要な情報がbitcoinの相場です。トレーダーとして成功するには価格の変動によっていつ買い、そして売るのかを慎重に見極めなければなりません。こうした価格の上昇・下降を把握する上で欠かせない相場の情報はチャートと呼ばれています。チャートは正しく読むことで初めてトレードに活用できます。仮想通貨投資で成功するには感覚的な判断だけでなく理論に基づいた分析が不可欠です。今回はチャートを読むポイントや予測の一例についてご紹介します。

 

bitcoin相場をよむためのポイント

相場予想のためにはまず、価格変動の推移を示すチャートについて理解しておく必要があります。その第一歩がbitcoinの値動きを示す「ローソク足」です。このローソク足は陽線と陰線の二つの線から成り立っており、一つの線が値動きの強弱や方向性を示しています。陽線とは価格の終値が始値よりも高いローソク足を指し、陰線は始値が終値よりも高いローソク足を指します。

チャートで陽線が連続している場合は上昇傾向にあることを意味しており、陽線と陰線が交互に示されている場合には方向性がなく、上昇・下降傾向を見極めにくい状態と解釈できます。このようにbitcoinの価格変動を見極める上で、ローソク足は数多くの情報を提供してくれているのです。

チャート

bitcoinに関するニュースで相場をよむ

チャートやローソク足によるbitcoinの相場把握には、日々の情報収集が欠かせません。デイリーに発信されている価格変動に関する最新ニュースをいかに見つけ、活用できるかが損益を決めるのです。

最新のニュースではチャートを基に前日との価格推移や傾向、そして今後の予想などが客観的に示されています。チャート図と共に現状と具体的な戦略についての解説も載せられているため判断材料にされることも多く、相場を読む経験や自信がない人にとっては今後の対策を練る意味でも、大きな価値を持つ情報と言えるでしょう。

新聞
bitcoinチャートからの予測

株式やFXのみならず、bitcoinでもチャートは状況を判断し、相場を見極める重要な情報源となります。仮想通貨による投資、トレードを始めるには日本円を一度仮想通貨へ交換しなければいけません。時間経過に応じて変動する価格をグラフ化したものがチャートと呼ばれており、過去から現在に至る変動を図式化することで未来の変動を予測することができます。

ただし、チャートを読み解き、今後の価格変動を予想するにはその見方や分析の仕方を学ぶ必要があります。チャートを正しく分析できれば、損害のリスクを減らしながら買い時を見極めることができるのです。これによって低価格のうちに購入し、高価格の時に売却するといった戦略がとれるようになるでしょう。

考える

まとめ

bitcoinのトレードでリスクを抑えながら利益を得るには漠然と価格を追うのではなく、価格変動を理解し、しっかりとしたトレードの戦略を立てなければなりません。仮想通貨には毎日の価格変動に関する最新ニュースを提供している情報サイトがあるため、可能な限り目を通すようにしましょう。

最初はチャート特有のローソク足が何を示しているのかわからない。理解するのに時間がかかると感じるかもしれません。いつの間にか理解できるようになったと思えるまで、まずは徐々に慣れていくと良いでしょう。

関連記事

コメントは利用できません。

bitFlyer

最近の投稿

新着記事

  1. ビットコインに関する法制度は世界各国で整備が進んでいる状況である、まだ途上にあるといえます。ビットコ…
  2. ビットコインに関する解説ではしばしば、ビットコインは特定の誰かによって発行や取引が管理されることのな…
  3. 香港はビットコイン取引が盛んな都市です。中国といえば金融機関によるビットコイン取引が規制された国とし…
  4. ビットコインについて調べていると欧米諸国や東アジア諸国の動向について報じられている記事を目にすること…
  5. 2017年の9月、ビットコインとライトコインとの間でアトミックスワップが成功したと報じられ、ビットコ…
  6. これからビットコイン投資に関わろうと考えて調べ物をしている方、あるいは既にビットコイン投資に携わって…
  7. ビザンチン将軍問題とは計算理論における合意形成の問題です。ビットコインは、ビザンチン将軍問題をプルー…
  8. ビットコインの情報を収集している際にしばしば目にするのがハードフォークという用語です。ビットコインを…
  9. 2017年の8月末から、ビットコイン関連の話題においてエストコイン(= Estcoin)という言葉を…
  10. ビットコインに関してリサーチを行っている方の中には、ビットコインが普及している国というと自然とギリシ…
ページ上部へ戻る