ビットコインの口座を開設しよう

決済

手数料の安さや取引の安全性が高いことから、世界中の国々や企業で導入が進むビットコイン。国際送金や決済のしやすさなどから個人で利用するケースも増え続けており、今後もビットコインはさらに普及するのではないかといわれています。通貨としての特性を持つビットコインは電子マネーとは異なり、ビットコインを所有するための口座が必要です。

こちらのコラムでは、ビットコインの口座の性質と、開設の仕方、注意点を織り交ぜてご紹介します。

ビットコインの口座の特徴

従来の通貨の場合、口座の開設には銀行の審査等が必要となります。しかし現状、ビットコインの口座開設には審査は存在せず、開設を拒否されることはありません。ビットコインには、口座開設の権限を持つ管理者や機関が存在しません。

ビットコインにおける口座では財布の役割を持つものため、ウォレットなどと呼ばれています。ビットコインの管理は主にこのウォレットを通して行われます。ビットコインの使用には特別な書類審査は必要とせず、ウォレットの作成だけであれば連絡手段としてメールアドレスやアカウントの作成があれば、個人情報の提示・登録も必要ありません。

 

口座を開設に必要なもの

前述の通り、ビットコインの開設のみであれば個人情報は必要ありません。連絡手段となるメールアドレスは、ネット上で簡単に作成することができます。口座開設の手続きは仮想通貨の取引所を介して行われます。大手取引所での作成を一例としてその手順を見ていきましょう。

口座の作成に必要なものとしては、メールアドレスとパスワードとなっており、この2つで取引所を利用するためのアカウントを作成できます。既に作成しているSNSアカウントを利用して口座を開設することも可能です。

取引所の口座を開設することでビットコインの送金や受取といったサービスが利用できるようになります。

 

口座を開設の注意点

ビットコインの口座の注意点は、取引所によって確認方法は様々ですが、取引額によって本人確認書類が必要になる場合があります。本人確認は運転免許証やパスポートなどが該当し、表面と裏面両方必要になることがあります。本人確認用の写真は、正面を向くなど確認書類と本人が同一人物であることを示す必要があります。また未成年のアカウント作成には保護者の同意書および身分証明書が同時に必要となる場合があります。各取引所の規定に従い必要な書類を用意していきましょう。

パソコン

ビットコインの取引は24時間365日年中無休にて行うことが可能です。口座を開設するとインターネット上で簡単に取引を行うことができます。

取引所やそこで行われる取引内容によっては必要となる書類はことなりますので、取引所の規定を確認した上で開設されることをおすすめします。

関連記事

コメントは利用できません。

bitFlyer

最近の投稿

新着記事

  1. ビットコインに関する法制度は世界各国で整備が進んでいる状況である、まだ途上にあるといえます。ビットコ…
  2. ビットコインに関する解説ではしばしば、ビットコインは特定の誰かによって発行や取引が管理されることのな…
  3. 香港はビットコイン取引が盛んな都市です。中国といえば金融機関によるビットコイン取引が規制された国とし…
  4. ビットコインについて調べていると欧米諸国や東アジア諸国の動向について報じられている記事を目にすること…
  5. 2017年の9月、ビットコインとライトコインとの間でアトミックスワップが成功したと報じられ、ビットコ…
  6. これからビットコイン投資に関わろうと考えて調べ物をしている方、あるいは既にビットコイン投資に携わって…
  7. ビザンチン将軍問題とは計算理論における合意形成の問題です。ビットコインは、ビザンチン将軍問題をプルー…
  8. ビットコインの情報を収集している際にしばしば目にするのがハードフォークという用語です。ビットコインを…
  9. 2017年の8月末から、ビットコイン関連の話題においてエストコイン(= Estcoin)という言葉を…
  10. ビットコインに関してリサーチを行っている方の中には、ビットコインが普及している国というと自然とギリシ…
ページ上部へ戻る