ビットコイン関連銘柄って何?

コード

ビットコインは日本ではまだ使える店舗は限られていますが、2016年5月の仮想通貨法案により、今後は、日本でも決済手段の一つとして定着していくといわれています。ビットコイン市場への期待感も伴い、現在ビットコインの関連銘柄についても注目が集まっています。ビットコイン関連銘柄が注目されている理由や、その具体的な銘柄を見ていくことにしましょう。

ビットコイン関連銘柄とは?

関連銘柄とは株式の銘柄をあるテーマに沿って分類する際に使われる言葉です。株式取引では銘柄コードは業種によって分類されています。例えば商業、不動産、通信、電力・ガス、サービス、食品、建設、化学、通信、電力などです。銘柄コードは既存の業種だけでなく東京オリンピック関連銘柄といった、「世の中の情勢に合わせた、新しい臨時の銘柄」が生まれることもあります。ビットコインにも2016年に仮想通貨に関する国会提出法案が提出されたことで、銘柄コードが誕生し、株式市場においてビットコインに関連する銘柄に注目され始めています。
何故ビットコインの関連銘柄が注目されているのか?
ビットコインの関連銘柄が注目されている背景には、資金決済法改正があります。2016年5月、国会で改正資金決済法が成立によりビットコインをはじめとする仮想通貨が正式に貨幣として認められることになりました。この法律は今年の春にも施行される予定です。

ビットコイン市場では4月の施行を見込んだ動きがすでに出ています。2017年1月5日、1bitcoinの価格が一時15万円を突破し、過去最高を記録したことをご存知の方も多いのではないでしょうか。また、日本でも1日当たりのビットコインの取引額が600億円を超えるなど、急速な拡大を見せています。このような動きに伴い、ビットコイン関連銘柄が注目を集めているようです。

主なビットコイン関連銘柄

主なビットコイン関連銘柄として有名なものをいくつかご紹介いたします。関連銘柄として有名なものでは、マネーパートナーズグループ (8732)などがあります。マネーパートナーズグループはアメリカのbitcoin取引所運営会社と業務提携している会社となります。またビットコイン関連企業に出資している企業として、セレス (3696)も有名です。セレスはポイントサイトを運営していますが、将来的には貯めたポイントをbitcoinと交換できるようになると言われています。また、EC事業向けネット決済を行っているメタップス(6172)、bitcoinによる決済サービスを行っているGMOペイメントゲートウェイ(3769)、Jトラスト(8508)なども高い注目を集めています。

パソコンで作業
ビットコインの成長に伴い、ビットコイン関連銘柄についても大きな注目を集めています。株式サービスの中には、メールアドレスなどを登録すればお勧めの銘柄などを教えてくれるサイトもあるようです。いずれにせよ大切な資金を投資するのであれば、ご自身でしっかりと調べ、理解することが大切です。ビットコイン、株式投資ともに納得のいく取引を行っていきましょう。また、当然ですが株価は刻一刻と変化していきます。相場も逐一チェックしておきましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

bitFlyer

最近の投稿

新着記事

  1. ビットコインの取引を行っている方の中では、ビットコインそのものは非常に堅牢な仕組みとなっていることは…
  2. ビットコインについて調べているとまず目にする国家の名前は中国、ギリシャ、キプロス、そして世界最大級の…
  3. ビットコイン投資に興味を持ったものの、ビットコインを始めとした仮想通貨がいったいどのようなものかわか…
  4. ビットコインをはじめとした仮想通貨は従来の通貨には無いユニークな特徴を多く持っています。世界各国の中…
  5. ブルームフィルタとは計算機科学におけるデータ構造の名前であり、ブルームフィルタは主に、スマートフォン…
  6. 行動経済学という比較的新しい学問が存在します。行動経済学は従来の経済学では説明できなかった現象を説明…
  7. 2017年5月末、日本国内でビットコイン取引所を運営しているビットポイントジャパンが大手コンビニチェ…
  8. ガイドラインとは様々な機関によって様々な位置づけで公表される、何らかの取り決めを記載した文書のことで…
  9. ビットコインの情報を調べていると、様々なお国事情を垣間見ることができます。情勢が不安定な国ほど自国の…
  10. 最近、ビットコインについて調べていると韓国の話題も目にするようになりました。韓国は元々、高速なインタ…
ページ上部へ戻る