ビットコインで投資を始める

始める

仮想通貨であるビットコインは、貨幣や紙幣のように現物として存在するものではなく、インターネット上で使用、取引きができる通貨です。
一見、電子マネー(SuicaやEdyなど)と何ら変わらないと感じるのですが、ビットコインは発行元、管理先というのが存在していない、換金性があるということからその特徴は全く異なります。

ビットコインの特長を知る

投資を始めるにしても下準備が重要です。株で投資を始める前もそうですが、まずはその特長やメリット、デメリットなどを知っておくできでしょう。例えば、何を目的として始めるのか、その目的を達成するための金額や時間の設定、そしてどれを投資すればその目標を達成できるのかなど。初めてであれば細かく情報収集をすることで、無駄なリスクを減らすことができます。

それではビットコインの特長を以下にて簡単に紹介します。

・ビットコインでは発行量が決まっている
→ビットコインでは予め発行量が2,100万枚と発行量の上限がプロトコルとして実装されております。ですので、決められた枚数より多く発行されることはありません。

・世界中どこからでも即時に送金ができる
→ビットコインはアドレスを指定することで、世界中どこからでも送金することが可能です。このアドレスは世界中の銀行との結びつきはなく、通常の送金であれば、それがどこの国なのか、どこの支店なのか、どこの口座番号なのかが必要になります。しかしビットコインでは、このアドレスを指定することで、送金したい相手に即時に送金することが可能になるのです。

・P2Pネットワークで維持されている
→ビットコインのシステムはP2Pネットワークで維持されており、ビットコインを使用しているユーザー1人ひとりによって管理がされています。
ビットコインのデータベースはすべて公開されており、P2Pネットワーク上に分散的に保持されています。

上記のようにビットコインは主に3つの特長があり、その使い方には注意はもちろん必要ですが、メリットが多い仮想通貨になります。

ビットコインで投資を始めるには

上記でビットコインの特長をご説明させていただきましたが、こちらを理解したうえで、投資を始めたいとお考えの方は準備を進めていきましょう。

準備日本国内でも多くの仮想通貨取引所があり、こちらで口座を開設すれば誰でもビットコインが売買できるようになります。またビットコインは、価格が大きく変動するのが特徴であり、簡単にいうと、安いときに買い、値上がりしたときに売ることでその値上がり益が得られます。
ただ、投資を始めたばかりはビットコインに慣れることが重要ですので、まずは少額で試すとのがおすすめです。

関連記事

コメントは利用できません。

bitFlyer

最近の投稿

新着記事

  1. ビットコインに関する法制度は世界各国で整備が進んでいる状況である、まだ途上にあるといえます。ビットコ…
  2. ビットコインに関する解説ではしばしば、ビットコインは特定の誰かによって発行や取引が管理されることのな…
  3. 香港はビットコイン取引が盛んな都市です。中国といえば金融機関によるビットコイン取引が規制された国とし…
  4. ビットコインについて調べていると欧米諸国や東アジア諸国の動向について報じられている記事を目にすること…
  5. 2017年の9月、ビットコインとライトコインとの間でアトミックスワップが成功したと報じられ、ビットコ…
  6. これからビットコイン投資に関わろうと考えて調べ物をしている方、あるいは既にビットコイン投資に携わって…
  7. ビザンチン将軍問題とは計算理論における合意形成の問題です。ビットコインは、ビザンチン将軍問題をプルー…
  8. ビットコインの情報を収集している際にしばしば目にするのがハードフォークという用語です。ビットコインを…
  9. 2017年の8月末から、ビットコイン関連の話題においてエストコイン(= Estcoin)という言葉を…
  10. ビットコインに関してリサーチを行っている方の中には、ビットコインが普及している国というと自然とギリシ…
ページ上部へ戻る