ビットコインの値段ってどう決まるの?       

ビットコインは、為替相場と同じく値段が刻々と変化しています。しかしビットコインの値段はどうやって決まるのか、不思議に思ったことはありませんか?値段はどこか特定の国や機関の偉い人が決めているのでしょうか?ここではビットコインの値段が決まる仕組みや最初のビットコイン取引、その際の注意点などについて細かく見ていきましょう。初めてのビットコイン取引がストレスなく行うための参考になれば幸いです。

ビットコインの仕組みとは?

まず初めにビットコインの仕組みについて見ていきましょう。世界の国々にはそれぞれの通貨があり、その発行元は政府です。例えば円はご存知の通り日本政府が管理し、中央銀行が発行しています。しかしビットコインは政府や銀行は介入せず、マイニング=採掘と呼ばれる方法で発行される仕組みになっています。また円やドルなどと違い、ビットコインには硬貨や紙幣といったものはありません。取引はすべてネットワークを通して行われるため、無形であっても全く問題はないからです。形がないことが、ビットコインは仮想通貨だと言われるゆえんです。

送金、ショッピング、積み立てなどビットコインの取り扱いを行っている機関であれば他の通貨同様の使用を行うことができます。しかしビットコインの利用でもっとも多いのが株のようにビットコインへの投資を行うことです。ビットコインを欲しいと思う人が増えれば値段は上がりますし、欲しいと思う人が減れば値段は下がります。つまりビットコインの値段は需要と供給によって決まっているのです。ビットコイン発行の上限は2100万枚と定められており、それに合わせて供給量が決められているのも投資対象としてビットコインを選ばれる理由となっています。

ビットコインの発行は通常採掘によって行われています。「採掘」というとなにかを掘り出す作業を想像される方も多いかもしれません。しかしビットコインの採掘とはビットコインの取引が「公正な取引」ですと正式に認めてあげること」をいいます。これを取引の承認とよび通貨としてのビットコインの信頼性を確保するための大切な作業です。この承認作業は非常に複雑で高度な技術が必要であるといわれています。ですから、採掘に成功した人にはお礼としてビットコインが支払われているのです。取引承認の報酬はおおよそ4年に1度のペースで半額となります。マイニング報酬が半減する時期を「半減期」と呼んでいます。報酬が半分になるということは、ビットコインの供給量が減ることとなり、価格が上昇する要因となります。つまり半減期にはビットコインの値段が上昇する可能性が高いということです。なお、過去2回行われた半減期では、2013年の時は、半減期後に価格が上昇し、2016年の時は半減期の直前で価格が上昇しました。次回の半減期は、2020年だと言われています。オリンピック景気にあやかって、ビットコインの価格は高騰するのでしょうか。値段については各取引所やサイトなどから確認することができますので、こまめにチェックするとよいかもしれません。

最初のビットコイン取引とは

ビットコインの値段がついたのはいつからでしょうか。世界で初めてビットコインが取引されたのは今から7年ほど前。2010年5月17日にアメリカのフロリダ州でした。あるプログラマーが、2枚のピザ(25ドル)を1万ビットコインで購入したいと言いだしたのが始まりであると言われています。プログラマーがビットコインフォーラムに「ビットコイン1万枚とピザを交換しないか?」と投稿したのです。投稿から5日後の5月22日にフォーラムへの投稿を見た別のプログラマーは面白半分でパパ・ジョーンズというピザ店からピザを2枚注文して届けたのが初めてのビットコイン取引となります。宅配ピザの価格から換算すると初めてのビットコイン取引は1万BTCといえども、100ドルにも満たない価値でした。以降取引が活発になるにつれビットコインの価格は大きな変化を続けています。始めてビットコイン取引が成立した5月22日は「ビットコイン・ビザ・デー」と呼ばれています。アメリカではビットコインユーザのためにピザの割引をしてくれる店もあるそうです。

私たちがビットコイン取引を行うには、どうすればよいでしょうか。まず取引のためには取引所を決める必要があります。取引所のサイトを見てみると、ビットコインの値段(売値と買値)が表示されています。この値段は、取引所によって違いがあります。余裕があればそれぞれの取引所を比較して選んでみることもおすすめです。取引操作のデモ画面が用意されているビットコイン取引所もありますので、利用してみるのもおすすめです。取引所を決めたら、口座開設をします。銀行などに口座を開設する場合はお金が必要ですが、ビットコインの場合は無料。さらにネット環境があればどこからでも、すぐに開設できますから、どこかの店舗などに出向く必要はありません。

また、売買は1年を通して24時間行われていますから、思い立ったらいつでも取引ができる点もビットコインの魅力の一つです。ビットコイン取引は10分程度の完了することが多いようですが、手数料を追加することで取引時間を短縮することも可能です。わずか1秒で完了する場合もあり、急いでいる場合には非常に便利です。

自身の保有するビットコイン残高は取引上の画面上で確認することができます。「取引」というと手間がかかり、難しいそうなイメージがありますが、実際はわずか2クリックほどで取引が成立することが多いようです。

ビットコインを買うときや投資の際に気を付けること

ビットコインを買う時と投資の時の注意点について見ていきましょう。まず、当然のことですが、値段は取引所によって違いがあります。それぞれの取引所の特性を理解して、自分にあったとり取引所を選ぶことが大切です。ビットコイン購入の際にクレジットカードを利用できるかどうかについても取引所ごとの規定を確認する必要があります。また、クレジットカードを利用してビットコインを購入した場合、リアルタイムで表示されている価格とは異なりますので、こちらについても注意が必要です。クレジットカードを利用する場合決済時の金額で算出されるなど、ビットコイン取引時の注意点はサイト上に記載がありますので、後で後悔しないためによく確認することが大切です。

FXや株投資と同様に、ビットコイン投資についてもあくまでも余剰資金で行うことも大切です。ビットコインの価格は比較的変動の幅が大きい傾向がございます。決して生活費などを投資につぎ込むことのないようにしてください。ビットコインにはサトシ、1ビットの1億分1となる単位まで用意されており、比較的少額での取引も可能です。少額の投資であれば大儲けすることはできない反面、大損することもありません。投資して楽しみながら長い目で見ていくことが大切です。

1つの論文から実験として開始したビットコインはいまでは投資手段や代替通貨として大きくその存在感を増しています。開始当初値段のつかなかったビットコインも初めての取引の成立以来、その可能性から価格を大きく上昇しています。値段という観点からビットコインをみると、まだまだ投資としての要素が強く価格変動が激しい性質がありますが、今後ビットコインの利用が世界に広がるにつれ値段も安定していくことが考えられます。ビットコインの値段は様々な取引所で売値と買値をチェックすることで把握することが可能です。定期的にビットコインの値段を調べてみるとよいでしょう。

関連記事

コメントは利用できません。

bitFlyer

最近の投稿

新着記事

  1. ビットコインに関する法制度は世界各国で整備が進んでいる状況である、まだ途上にあるといえます。ビットコ…
  2. ビットコインに関する解説ではしばしば、ビットコインは特定の誰かによって発行や取引が管理されることのな…
  3. 香港はビットコイン取引が盛んな都市です。中国といえば金融機関によるビットコイン取引が規制された国とし…
  4. ビットコインについて調べていると欧米諸国や東アジア諸国の動向について報じられている記事を目にすること…
  5. 2017年の9月、ビットコインとライトコインとの間でアトミックスワップが成功したと報じられ、ビットコ…
  6. これからビットコイン投資に関わろうと考えて調べ物をしている方、あるいは既にビットコイン投資に携わって…
  7. ビザンチン将軍問題とは計算理論における合意形成の問題です。ビットコインは、ビザンチン将軍問題をプルー…
  8. ビットコインの情報を収集している際にしばしば目にするのがハードフォークという用語です。ビットコインを…
  9. 2017年の8月末から、ビットコイン関連の話題においてエストコイン(= Estcoin)という言葉を…
  10. ビットコインに関してリサーチを行っている方の中には、ビットコインが普及している国というと自然とギリシ…
ページ上部へ戻る