ビットコインの問題点とは

ビットコインを始めとした仮想通貨の利用者数が年々増加しています。仮想通貨は365日24時間いつでもネットから直ぐに購入出来ます。価格変動についても随時簡単にチェックできます。最近では仮想通貨での決済が可能な店舗も増えてきている傾向があります。仮想通貨が利用されやすい状況が徐々に整い始めています。しかし、一方でビットコインについての問題点が指摘され始めています。果たしてビットコインにはどのような問題があるのでしょうか。今回は、ビットコインに関する様々な課題について挙げてみました。

スケーラビリティによる取引量の限界

2017年夏、ビットコインが分裂したというニュースが流れました。ビットコインを利用している人にとっては、ビットコインの分裂騒動は大きな節目となったのではないでしょうか。ビットコインが分裂した原因を端的に言うと、コインのスケーラビリティ問題が大きく関わっています。ビットコインは現在、世界的に見ても間違いなく最大クラスで取引されている仮想通貨であると言って間違いありません。ビットコインの利用者は年を追うごとに増加の一途を辿っています。日本国内でも、数年前と比べるビットコインを保有している人の数は急増してといっても間違いないでしょう。今後もビットコインの利用者は増えていくと予想されている一方、利用者数の増加に伴いビットコインのブロック内に記載できる取引データの保存量に限界が生じるという問題が浮上してきました。これはビットコインのスケーラビリティの問題ともいわれています。

ビットコインではブロックチェーンと呼ばれるシステムを駆使しています。ブロックチェーンとはその名の通り、システム上、ブロック毎に取引データを保存し、これをチェーン状に繋げていく事で情報履歴を残していく、というシステムです。鎖状にブロックを繋げると、データの不正が行われた時点でチェーンが齟齬しなくなり、直ぐに不正が判明します。このように、ブロックチェーンシステムを導入した仮想通貨の世界では、従来の金融業界のような中央管理を設けず、全てのユーザーが取引内容をお互いに監視し合うという、画期的なシステムとして注目を浴びました。しかし上記したように、近年では利用者数の増加で、データ容量の上限が迫ってくるという問題点が浮上してきています。取引のデータ容量が重くなるということはイコール、システム処理の作動遅延につながります。データ量の超過は場合によって、処理が追いつかなくなるといった事態まで発展しています。

これらの問題点を解決するために、従来のブロック容量の見直しと改善の必要性に迫られています。ビットコインシステムの見直しには当初、様々な方法やそれに伴う問題点として議論されています。ブロックのサイズ自体を大きくするという意見から、中のデータ容量を圧縮し小さくしてはどうかという意見など、議論は平行したままなかなか進展しませんでした。

議論が交差する中で、ついに2017年の8月をもって、従来のコインからブロック内のデータを圧縮する方法を採ったコインが派生しました。ビットコインは分裂を迎えたのです。

分裂後、従来のビットコインでは容量サイズを変更していく事も取り決められております。一方、ビットコインから派生し、新たに誕生したビットコインキャッシュの価格の安定など、スケーラビリティ問題は未だ多くの問題点を残しています。

価格上昇・下落の差が激しい

スケーラビリティという問題点によって、ビットコインから、新たにビットコインキャッシュという通貨が誕生しました。ビットコインの分裂騒動は、当初大きな混乱があるのではないかと予想されていました。ビットコインの利用者や専門家たちはビットコインの価格変動について注目していました。ビットコインの分裂によって、ビットコインの価格は分裂直前に一時33万円台に突破する急騰となり、大きな話題となったほかにも、分裂後に誕生したビットコインキャッシュについても大きな価格変動を繰り返しています。

ビットコインは誕生して以来、ビットコインの価格は上昇傾向にありますが、中での急騰、大幅な下落を繰り返している状態です。ビットコインは価格の変動制の激しい通貨として有名です。ビットコインの価格は僅か一日単位でも、大きく変動しているケースも珍しくありません。通貨として考えた場合には価格の変動制はビットコインの大きな問題点としても捉えられます。ビットコインの価格変動は、株やFXといったほかの投機手段と比較しても一層に大きな傾向があります。ビットコインは手軽に始められる投資法という側面を持つ一方で、投資初心者にとっては、価格の乱高下により大きな損失を招く恐れリスクのある、取り扱いの難しい、少々クセがある投機対象であるといっても過言ではないでしょう。価格の乱高下はビットコイン以外であっても仮想通貨自体に見られる性質のようです。

そもそも何故、仮想通貨は価格変動が生じやすいのでしょうか。理由としては、仮想通貨の世界には中央管理者が存在しない事が大きな要因であるとされています。通貨利用者は価格変動を占ううえで、様々な要因を検討する必要があります。それゆえ、ビットコインの価格は錯綜する情報に過敏に左右されてしまうのです。また管理者が存在しないということは、急激なビットコイン高やビットコイン安に陥った場合についても、それを制御するシステムや機関が存在しないという事を意味します。中国などに代表されるように、国自体が法規制をした場合でも、ビットコインの価格は大きく乱高下します。情報と国家情勢は常に密接に連携していますが、政治情勢に変更があれば、それは直結して仮想通貨の価格に影響を及ぼす事となるのです。

仮想通貨はそもそも無から誕生している架空の通貨です。架空の通貨に対し、価値を付けて価格変動を生み出すという状況は、一見すると非常に奇妙にも感じます。仮想通貨に問題点が生じる事は至極当然であるといえます。

この先ビットコインを始め、仮想通貨の価格はどう変化していくのでしょうか。様々な仮想通貨が生み出される昨今。今後もビットコインの価格変動には目が離せないでしょう。

違法取引に利用される

現在ビットコイン購入目的の殆どは投資目的であると言われています。ビットコインは価格が乱高下しやすいという性質を持ってはいるものの、初心者でも簡単に始められる、おススメの投資方法であることは間違いありません。一方で、ビットコインを実際に通貨として利用しているという人も珍しくありません。ビットコインの購入は、消費税も掛からず、特に海外への送金も手数料をかけずに瞬時に完了することが可能です。頻繁に送金をする人にとってビットコインは利便性の高い通貨であると言えます。

仮想通貨はそもそも、匿名性の高い通貨である事という特徴を持ち合わせています。誰が、どこから、どのような経緯でコインの受け渡しをしてきたのかが分からない上に、簡単に引き出せるビットコインは常に犯罪に利用されるリスクや問題点を持ち合わせていると言えるでしょう。そもそも日本国内でビットコインの名前が知れ渡るきっかけとなったのが、マウントゴックスにおける資金流出事件が契機でした。当時、取引所の関係者は資金流出がサイバー攻撃によって引き起こされたものであるという見解を示していましたが、最終的には内部関係者による横領事件である事が判明しました。ビットコインを利用しない人にとっては、仮想通貨と聞けばこの事件を例に挙げる人も少なくありません。仮想通貨に対して未だ懐疑的なニュアンスを持っているという人はいらっしゃるかもしれません。更に近年では、ビットコインを利用した犯罪が多数検挙されています。例えばパソコンのサイバー攻撃による身代金をビットコインで要求した、閲覧の際に、有料閲覧であるといった詐欺サイトへ移行させ、ビットコインで閲覧料を詐欺するといった事件も目立ちしています。個人情報が暗号化され、追跡され難い仮想通貨は、常にマネーロンダリングリスクを持ち合わせています。仮想通貨がこうした犯罪に利用されてしまうという問題点は、過去に幾度となく示唆されてきました。これまでもテロ集団の資金源に利用されでいることは特に問題視されています。こうした違法取引でのビットコイン利用を防ぐことも、ビットコインが抱えるリスクや問題点軽減において念頭に入れなければいけません。

現在、ビットコインが抱える問題点は多く、ビットコインは様々なリスクを抱えていると言わざる負えません。今後これらの問題点がどのように解決されていくのか、利用者達の意識によって大いに変わり得るでしょう。

関連記事

コメントは利用できません。

新着記事

  1. みなさんは仮想通貨、いわゆる暗号通貨に対して、どのようなイメージを持たれているでしょうか。匿名性も高…
  2. ビットコインを始めとした仮想通貨の利用者数が年々増加しています。仮想通貨は365日24時間いつでもネ…
  3. オーガー(Augur)と呼ばれる仮想通貨をご存知でしょうか。仮想通貨の中ではビットコインが有名ですが…
  4. 仮想通貨を語るうえで必ず話題に挙がるのが匿名性についての項目があります。ビットコインは匿名性が高いと…
  5. 仮想通貨についての記事を読んでいる方の中には仮想通貨『イーサム』とセットで、『ダオ(the DAO)…
  6. ビットコインはブロックチェーンやマイニングなど多くのアルゴリズムによって、安定したシステム運用とサー…
  7. ビットコインの投資を考えているけれど、なかなか踏みきれない、二の足を踏んでしまうという方も多いのでは…
  8. ビットコインの購入を考えていらっしゃる皆さんにとっては、どのような税金がかかるのかは気になることでは…
  9. イーサリアムクラシックという仮想通貨を御存知でしょうか。「イーサリアムは知っているけれど、イーサリア…
  10. ビットコインというと、中国やギリシャなどのイメージが強いかもしれませんが、アメリカでもビットコインは…
ページ上部へ戻る