ビットコインのデメリットとは

考察

ビットコインコインは2009年にできた比較的新しい通貨です。仮想通貨となりますので、私たちが普段使用する貨幣と比べて大きな違いがあります。ビットコインを適切に使用するために、ビットコインのデメリットについてもきちんと把握していくことが大切です。新しい通貨を賢く利用するためにビットコインのデメリットについても勉強していきましょう。

 

ビットコインを使う上での気をつけたいこと

 

ビットコインは投機的な意味の大きな貨幣です。相場の変動が大きく、他の通貨と比べると暴騰、暴落が頻出している傾向がございます。差額が大きな利益につながる場合もあれば損を被る場合もあります。価値の保存という意味では大きなデメリットを持った通貨であるといえます。扱いには十分な注意が必要です。

 

ブロックチェーンなどの仕組みにより通貨としての安全性は保たれているといわれてはいるものの、仮想通貨でございますのでデータの集合体であることには相違ありません。仮にプログラムにバグを抱えていた場合その価値が0となる可能性があることを認識しなければいけません。ビットコインの利用には個人の管理責任が求められます。

 

トラブルの起こりやすいタイミング

 

ビットコインを利用するにあたって最もトラブルが起こりやすいタイミングは、「取引時」であるといわれています。ブロックチェーンによって仮想通貨の中ではビットコインの安全性は比較的高いといわれています。しかし取引所やユーザー間のやり取りにおいては注意が必要です。取引上のセキュリティ対策が盤石であるとは限りません。売買の際はリスクがあることを認識しておくといいでしょう。取引相手となる取引所やユーザーは信頼できるか否かをしっかり見極めた使い方をする必要があるでしょう。実際に大手の取引所が数十億円に相当するビットコインの盗難被害に遭い、倒産したケースもございます。発行元や銀行のような仲介となる機関を持たないビットコインは、こうした盗難・紛失といった危険性が高い傾向がございます。被害にあった場合についても経路をたどることは非常に困難です。失ったビットコインが戻ってくる可能性は極めて低いといえるでしょう。

 

ビットコインの利用に際して被害を未然に防ぐためにも、必要となるパスワードやアドレスといったアカウント情報管理をしっかりと行い、電子データの財布であるウォレットについても最新のセキュリティ状態に保っていくことが重要です。

 

デメリットを知った上で賢く利用する

 

データ上のセキュリティ面や、盗難・紛失といった通貨としてのリスクをはらむものの、こうしたデメリットをしっかり把握した使い方さえすれば、ビットコインの持つ以下のような多くのメリットがあります。

 

・相手と直接取引ができるため手数料が安い

・国際的に利用されている通貨であるため、世界中どこでも利用できる

・投資商品として運用できる

展望

数多くのメリットと共にいくつかのデメリットを持つビットコインは、現在も改良が進められています。デメリットによる影響は利用者側のセキュリティ対策によって低減することが可能です。トラブル事例やリスクについて常にアンテナを張り、その対策についても把握しておくことが大切です。

関連記事

コメントは利用できません。

新着記事

  1. ビットコインに関してリサーチを行っている方の中には、ビットコインが普及している国というと自然とギリシ…
  2. コイン
    ビットコインは、為替相場と同じくその価値は日々、変化しています。 ではビットコインの値段はどのよう…
  3. 大手銀行JPモルガンとの提携が話題となった仮想通貨、ジーキャッシュ(Zcash)をご存知でしょうか。…
  4. アプリ
    現在、世界中で様々なメッセージアプリが利用されています。 日本では、多くの方が「LINE」を利用し…
  5. 日々更新される仮想通貨についてのニュースの中でも、lisk(リスク)についてのニュースが話題を集めて…
  6. 仮想通貨の種類は急速な勢いで増加している傾向があり、その数は1000種類を超えると もいわれます。…
  7. ビットコインをはじめ多くの暗号通貨では採掘と呼ばれる方法で新規の通貨発行を行っています。暗号通貨のメ…
  8. 仮想通貨というとビットコインやイーサリアムなどをイメージされる方も少なくないと思います。現代、仮想通…
  9. 投資といえば株やfxが最も輝いていた時代から変化の色を見せ、近年はビットコインを含めた仮想通貨が投資…
  10. 現在仮想通貨の市場は急激に拡大してきています。なかでもビットコインは依然として仮想通貨内の時価総額ラ…
ページ上部へ戻る