ビットコインのウォレットを比較

コイン

ビットコインウォレットとは?

ビットコインを利用するためには必ず「ウォレット」が必要になります。現金をお財布に入れて持ち歩くことと同様に、ビッドコインでも利用するためにはお財布がなければなりません。このお財布の役割がウォレットになります。では実際にどんな種類のウォレットがあるのか、ビットコインの管理に欠かせないウォレットを種類ごと比較していきます。

 

ウォレットの種類とその特徴

ウォレットは、送金やトレード・取引所への入金や保管など、ビットコインのやりとりにおいて必要になります。

ウォレットには主に4つの種類があり、それぞれメリット・デメリットがあります。特徴

 

 

1.WEBウォレット

ウォレットサービスを提供しているWebサイトを利用するタイプです。メリットとしては口座開設や設定が簡単で、アカウント情報さえあれば、どのコンピュータからでもアクセスすることができます。デメリットは、ハッキング等による盗難被害の恐れです。セキュリティ面においてはWebサイトの運営者に任せきりとなるため、信頼性の高いサイトを選ぶことが重要です。

 

2.デスクトップウォレット

自身で利用する端末にアプリケーションをインストールして利用するタイプです。WindowsやMacといった主要OSに対応しているウォレットが多いのが特徴です。オンラインはもちろんのことオフラインでも利用可能です。特にオフラインであれば、Webウォレットに比べて高いセキュリティを確保することができます。しかし、アプリケーションをインストールした端末でしか利用できず、端末が故障した場合は、ビットコインが取り出せなくなるなどのデメリットも存在しますので、バックアップやセキュリティ設定にも気を遣う必要があります。

3.モバイルウォレット

iPhoneやAndroid上のアプリをインストールして利用するタイプです。QRコードが利用できることや、持ち運びが簡単なのがメリットです。デメリットは、スマートフォン端末にセキュリティソフトを入れていない人が多いため、ハッキングされる可能性が高くなるなどセキュリティ面に不安があることです。デスクトップウォレット同様にバックアップやセキュリティ設定に気を遣う必要があります。

 

4.紙のウォレット

紙という形でビットコインを保管するタイプです。アドレスや秘密鍵といったセキュリティ要素を印刷し、紙媒体で保管するタイプです。メリットとしては、完全なオフラインで利用できるため、セキュリティ面において最も強力です。ただ、アドレスや秘密鍵をなくしてしまった場合、使用できなくなるので、紙の管理を厳重にする必要があります。

 

ビットコインウォレットの選択基準

どのウォレットを利用するのかは、利便性を重視するか、安全性を重視するかで変わってきます。それぞれ管理のしやすさやセキュリティ面で異なった特徴を持ち、どれも一長一短であるために一概にどれが良いとは言えません。一つのウォレットですべてを管理しても良いですし、複数使い、用途に応じて使い分けても良いでしょう。一例として長期的に保管したい場合はハードウェアウォレットを選び、早期にトレードしてしまう分はWebウォレットに保管するといった使い分けも有効です。このように、自身のライフスタイルに適したビットコインのウォレットを選ぶのが適切だと言えます。

関連記事

コメントは利用できません。

bitFlyer

最近の投稿

新着記事

  1. ビットコインの取引を行っている方の中では、ビットコインそのものは非常に堅牢な仕組みとなっていることは…
  2. ビットコインについて調べているとまず目にする国家の名前は中国、ギリシャ、キプロス、そして世界最大級の…
  3. ビットコイン投資に興味を持ったものの、ビットコインを始めとした仮想通貨がいったいどのようなものかわか…
  4. ビットコインをはじめとした仮想通貨は従来の通貨には無いユニークな特徴を多く持っています。世界各国の中…
  5. ブルームフィルタとは計算機科学におけるデータ構造の名前であり、ブルームフィルタは主に、スマートフォン…
  6. 行動経済学という比較的新しい学問が存在します。行動経済学は従来の経済学では説明できなかった現象を説明…
  7. 2017年5月末、日本国内でビットコイン取引所を運営しているビットポイントジャパンが大手コンビニチェ…
  8. ガイドラインとは様々な機関によって様々な位置づけで公表される、何らかの取り決めを記載した文書のことで…
  9. ビットコインの情報を調べていると、様々なお国事情を垣間見ることができます。情勢が不安定な国ほど自国の…
  10. 最近、ビットコインについて調べていると韓国の話題も目にするようになりました。韓国は元々、高速なインタ…
ページ上部へ戻る