ビットコインとは

概要

ネットなどを中心に多くのメディアで目にする機会が増えた「ビットコイン」ですが、ビットコインとは一体何なのでしょうか。ビットコインは仮想通貨であることは知っているけどイマイチよくわからない。そのような方にビットコインとはどのようなものなのかを紹介していこうと思います。

 

ビットコインとは

 

ビットコインとは「電子マネー」として利用できるものであり、「投資」をおこなえるものとして認識していただくとわかりやすいかとおもいます。

まず「電子マネー」としての面からビットコインとはどのようなものなのかをみていきましょう。近年ではビットコインの認知度が高まり、ビットコイン利用者が増えていることもあり、ビットコインを支払いに利用できるお店が誕生しています。日本ではまだその数は少ないですが、海外ではスタバやバーガーキングなどの大手企業のお店でもビットコインの導入が進んでいます。なので、ビットコインは「電子マネー」として、カフェでお茶を飲んだり、バーなどでお酒を飲んだりしたときの支払い方法として利用できます。

次に「投資」の面からビットコインとはどのようなものなのかをみていきましょう。

2009年にビットコインが誕生してからビットコインの価格は多少の変動はありますが、上昇傾向にあります。その為自分の資産を増やしたりする「投資」としてビットコインを利用できると投資家の人をはじめとして様々な人がビットコインに期待を寄せています。

 

ビットコインの優れている点とは

 

ビットコインが人気の理由はどこにあるのでしょうか。ビットコインが人気な理由の1つとして挙げられるのが海外への送金が早く、安価でおこなえる点です。ビットコインは銀行などの中央機関を通さずに個人間で取引を行うことができる為、法定通貨で取引をおこなっていたときに銀行などに支払っていた手数料がかかりません。

現在各国でビットコインに関する規制がありますが、その一方でビットコインを積極的に取り入れて行こうという動きも大きく見られます。ビットコインのATMが設置され、アメリカを中心にネットショッピングでビットコインを利用できるサービスが増えてききているのもこのような動きの中の1つともいえるでしょう。

 

 

ビットコインと金の関係とは

 

ビットコインは時折、金のような素質があるものとして語られることがあります。そのように言われている理由として、ビットコインと金はいくつか似た特徴を持っていることが挙げられているようです。

その1つ目として挙げられるのは、ビットコインと金は同じように総量が決まっていることです。金は人間の手で生み出せるものではなく、地中に埋まっている金を採掘して手にすることができます。ビットコインもビットコインを生成しているプログラムによってつくられているものとなり、人の手で生み出すことができないものなので、金と同じく埋蔵量に限りがあるということになります。それ故、金のように希少価値がでてきて価格が高騰する可能性を持っています。また銀行などで管理されていない点も金と同じともいえます。

簡単に説明しましたが、このような点からビットコインは金と似た素質を持つモノとして語られているようです。

 

関連記事

コメントは利用できません。

bitFlyer

最近の投稿

新着記事

  1. ビットコインに関する法制度は世界各国で整備が進んでいる状況である、まだ途上にあるといえます。ビットコ…
  2. ビットコインに関する解説ではしばしば、ビットコインは特定の誰かによって発行や取引が管理されることのな…
  3. 香港はビットコイン取引が盛んな都市です。中国といえば金融機関によるビットコイン取引が規制された国とし…
  4. ビットコインについて調べていると欧米諸国や東アジア諸国の動向について報じられている記事を目にすること…
  5. 2017年の9月、ビットコインとライトコインとの間でアトミックスワップが成功したと報じられ、ビットコ…
  6. これからビットコイン投資に関わろうと考えて調べ物をしている方、あるいは既にビットコイン投資に携わって…
  7. ビザンチン将軍問題とは計算理論における合意形成の問題です。ビットコインは、ビザンチン将軍問題をプルー…
  8. ビットコインの情報を収集している際にしばしば目にするのがハードフォークという用語です。ビットコインを…
  9. 2017年の8月末から、ビットコイン関連の話題においてエストコイン(= Estcoin)という言葉を…
  10. ビットコインに関してリサーチを行っている方の中には、ビットコインが普及している国というと自然とギリシ…
ページ上部へ戻る