ビットコインと暗号通貨

パスワード

ビットコインは暗号通貨の一つであり、そのセキュリティや信頼性は緻密な暗号技術によって守られていると言われています。こちらの記事ではビットコインをはじめとしてした『暗号通貨とは何か。』、『なぜ暗号通貨がうまれたのか。』などを中心に暗号通貨について学んでいきましょう。

暗号通貨とは

暗号通貨とは、通貨取引の安全性や新たな通貨の発行統制を暗号技術によって確保している通貨をいいます。代表的なものはビットコインとなりますが、現在では様々な暗号通貨が誕生しており、世界中に1500~1800種類ほどあるといわれています。新たにできた暗号通貨はビットコインの代替という意味、bitcoin alternativeよりaltcoins(オルトコイン)と呼ばれることもあります。

暗号通貨はなんで生まれたの?

通常の通貨は国家をはじめとする特定の団体などにより発行・管理されています。通貨を管理する団体が暴走してしまったら、国家としての機能が破綻してしまったらその通貨の価値は大きく下落することになります。ある日突然、大切にしていた通貨が紙切れ同然になってしまう場合もあります。実際世界の中では、突然にその価値を失ってしまった通貨が存在します。インターネットの登場により国境を越えて自由な交流が行われている中で、国家から独立し、誰にも管理されていない通貨、利便性が高く、世界中の人と容易にやり取りの出来る通貨が作れないかという暗号通貨の実験が行われました。この実験によって生まれたのがビットコインなのです。現在でも世界の様々なところで新たな暗号通貨が誕生しています。新しい種類の暗号通貨自体はそのセキュリティレベルによって異なりますが比較的容易に作成することが可能です。ビットコインでの成功例があり、多くの暗号通貨はブロックチェーンとP2Pのネットワークを採用している通貨が多いようです。

円

暗号通貨と電子マネーの違い

暗号通貨と電子マネーはオンライン上でのやり取りを行われるという点でしばしば混同されることがあります。暗号通貨と電子マネーの違いは多数ありますが、大きくは暗号通貨が通貨であることに対し、電子マネーは電子的に手続きを行うとはいえ、円やドルなど我々が普段使用している通貨をそのまま利用していることです。また管理自体についても暗号通貨は特定の管理する団体や人間がおらず、新たな通貨の発行や通貨のやり取りを公開することにより管理していることに対し、電子マネーは情報の公開を行わず、特定の機関がシステム運用も含めすべて管理している点にあります。暗号通貨を理解するためには、電子マネーと正しく区別してすることが大切です。

ビットコイン

まとめ

暗号通貨は近年新しく誕生した通貨です。実物が存在しない、電子的なやり取りにて完結する、管理する団体がないなど今までの通貨と大きく性質が異なるために理解が難しいと感じている方も多くいらっしゃるかもしれません。とはいえ、近年急速に広がりつつある通貨概念となるため理解することが大きなアドバンテージにつながります。これからもビットコインをはじめとする暗号通貨について様々な情報をお伝えしていきますので、暗号通貨について正しく理解し、新たな通貨について勉強してみることをお勧めいたします。

関連記事

コメントは利用できません。

bitFlyer

最近の投稿

新着記事

  1. ビットコインに関する法制度は世界各国で整備が進んでいる状況である、まだ途上にあるといえます。ビットコ…
  2. ビットコインに関する解説ではしばしば、ビットコインは特定の誰かによって発行や取引が管理されることのな…
  3. 香港はビットコイン取引が盛んな都市です。中国といえば金融機関によるビットコイン取引が規制された国とし…
  4. ビットコインについて調べていると欧米諸国や東アジア諸国の動向について報じられている記事を目にすること…
  5. 2017年の9月、ビットコインとライトコインとの間でアトミックスワップが成功したと報じられ、ビットコ…
  6. これからビットコイン投資に関わろうと考えて調べ物をしている方、あるいは既にビットコイン投資に携わって…
  7. ビザンチン将軍問題とは計算理論における合意形成の問題です。ビットコインは、ビザンチン将軍問題をプルー…
  8. ビットコインの情報を収集している際にしばしば目にするのがハードフォークという用語です。ビットコインを…
  9. 2017年の8月末から、ビットコイン関連の話題においてエストコイン(= Estcoin)という言葉を…
  10. ビットコインに関してリサーチを行っている方の中には、ビットコインが普及している国というと自然とギリシ…
ページ上部へ戻る