ビットコインの購入方法

買い方

仮想通貨と呼ばれるビットコインは、ネット上にのみ存在する貨幣です。現在日本や米国など様々な国で使用され、その購入方法も広がりをみせています。ビットコインは発行元の国家や銀行が存在せず、その購入はオンライン上に存在する専用の販売所や取引所のもとで行われるのが一般です。最近ではATMでの購入も可能となりました。今回はビットコインの購入場所として販売所、取引所、ATMでのビットコインの購入方法を場所別にご紹介します。ビットコインの買い方が分からない方はぜひ参考にしてみてください。

コイン

取引所におけるビットコインの購入方法

3つの購入場所の中で、最も安価にビットコインを購入でき、かつタイムリーなレートを把握できる優位性があるのが取引所です。ビットコインの取引所では株やFXの取引と同様のイメージで、売り手と買い手の間でビットコインと一般の貨幣が取引されています。売り手が提示した金額と、買い手の金額が一致した時点で交換が成立します。初めて利用する際には、アカウント作成と自分の口座の開設が必要で、セキュリティの観点から本人確認のための書類も必要です。レートが常に変動しているため初心者には少し難しいかもしれませんが、現行で金融商品の取引を行っている、金融や株式投資を行ったことがあるという方は馴染みやすいかもしれません。

販売所におけるビットコインの購入方法

販売所は、その名の通りビットコインを売っている場所で、買い物をする感覚や両替所で貨幣を交換する感覚で簡単にビットコインを購入することが可能です。取引所と販売所の決定的な違いは取引所では売り手と買い手が複数人存在し、互いの利益を一致させて契約を成立させるのに対して、販売所では運営者がコインの価格を決定し、その金額でしか購入できない点です。取引所ではセキュリティの観点から個人情報の登録規制が強い反面、簡単な本人確認のみで購入できるのも販売所のメリット面と言えるかもしれません。販売所では現況のレートに上乗せした金額で販売されるため、取引所よりも購入額が大きいというデメリットも存在します。取引所と販売所はよく混同されるので、購入方法も概念も違うことをしっかり覚えておきましょう。

ATMにおけるビットコインの購入方法

ATMでのビットコイン購入は、現金と専用の「ウォレット」という口座を用意しておくことでスピーディに行うことが可能です。ATMと聞けば身近な銀行やコンビニ等に設置されているものを想像しますが、ビットコインのATMはまだまだ台数が限られており、設置している店や場所も限定的です。また手数料が数パーセント引かれてしまうというデメリットも存在するため、なかなか利用しにくいと感じるかもしれません。とはいえビットコインの認知が深まるに連れて、近年徐々にATMの設置台数も増えてまいりました。ネット等でATMがどこに設置されているのかチェックして利用している価値はありそうですね。

まとめ

ビットコインをはじめとして、まだまだ未開な部分も多く含んでいますが、大手の会社が運営している取引所や販売所、ATMと購入方法も増え、手軽に購入できる環境が整いつつあります。ただ、聞き慣れない会社や個人間の取引といった購入方法は、トラブルを引き起こしかねないので信頼できる所から購入するようにしていくことも大切です。

未開

関連記事

コメントは利用できません。

新着記事

  1. みなさんは仮想通貨、いわゆる暗号通貨に対して、どのようなイメージを持たれているでしょうか。匿名性も高…
  2. ビットコインを始めとした仮想通貨の利用者数が年々増加しています。仮想通貨は365日24時間いつでもネ…
  3. オーガー(Augur)と呼ばれる仮想通貨をご存知でしょうか。仮想通貨の中ではビットコインが有名ですが…
  4. 仮想通貨を語るうえで必ず話題に挙がるのが匿名性についての項目があります。ビットコインは匿名性が高いと…
  5. 仮想通貨についての記事を読んでいる方の中には仮想通貨『イーサム』とセットで、『ダオ(the DAO)…
  6. ビットコインはブロックチェーンやマイニングなど多くのアルゴリズムによって、安定したシステム運用とサー…
  7. ビットコインの投資を考えているけれど、なかなか踏みきれない、二の足を踏んでしまうという方も多いのでは…
  8. ビットコインの購入を考えていらっしゃる皆さんにとっては、どのような税金がかかるのかは気になることでは…
  9. イーサリアムクラシックという仮想通貨を御存知でしょうか。「イーサリアムは知っているけれど、イーサリア…
  10. ビットコインというと、中国やギリシャなどのイメージが強いかもしれませんが、アメリカでもビットコインは…
ページ上部へ戻る