ビットコインの使い方

使用方法

ビットコインを購入したら次に、ビットコインの使い方について勉強していきましょう。ビットコインというと投資をイメージされる方が多いかと思いますが、ビットコインはオンライン上での決済以外にも、店頭で直接決済することも可能です。近年ではその使い方も場所も、広がりを見せてきています。併せてビットコインの保管方法についてもご紹介いたしますので、これからビットコインを購入しようと検討している方も参考にしてみてください。

 ビットコインはどこで使えるの?

ビットコインというとインターネット上でしか利用できないかというイメージがあるかもしれませんが、スマホ用のアプリ(ウォレット)をインストールすることで、オンライン店舗のみでなく実店舗での使用も可能です。残念ながら日本では使用できる店舗は少ないものの、少しずつビットコインの対応を行っている店舗が増えています。どの店舗でビットコインが使えるかどうかネット上で調べることも可能ですので、チェックしてみてください。

店頭での決済は、お店で用意されてある端末とスマホ用のウォレットアプリを通して行われます。また、Webウォレットと連携しているデビットカードを利用することで、クレジットカードと同じ感覚で買い物を楽しむことが可能です。

都市

ビットコインの使い方

ビットコインを使うには、まずウォレット(WALLET)と呼ばれる保管場所を用意しましょう。取引所や販売所などで購入したビットコインは自身のウォレットに保管することで店舗での利用もスムーズに行うことが可能です。

ビットコインの使用方法を大別すると「金融商品同様に投資対象としての取引」、「オンライン決済の手段として使用」、「実店舗での支払い」などがあります。またビットコインは海外送金にも利用されることがあります。ビットコインを利用することで、手数料が割安になるだけでなく、スムーズに送金できるのが嬉しい点です。

スマホ使う

アプリ型、オンラインサービス型ウォレットの違い

ビットコインの保管方法として利用されるウォレット。ウォレットにはアプリ型ウォレットとオンラインサービス型ウォレットが存在します。アプリ型はパソコンやスマートフォン上に専用のアプリをダウンロードすることで、簡単に保管・送金がすることが可能です。アプリ型の欠点としては、端末が故障した場合、利用時に必要な「秘密鍵」の復旧が困難となる点、他者に情報が漏れてしまわないように自分で厳重に管理を行う必要があるといった点があります。

一方オンラインサービス型はサービス提供元のサーバーにビットコインを保管して貰うことになります。オンラインサービス型ウォレットに保管したビットコインはインターネット環境さえあればどこからでも保管・送金ができます。オンラインサービス型では、自身のビットコインの保管を委託するシステムとなるため、信頼できる運営者を選んでおくことが大切です。

まとめ

ビットコインの認知度が広がるに従い、ビットコインの使い方についても徐々に広がりを見せつつあります。ビットコインによる送金や購入が可能な企業も最近では増えてきており、大手のオンラインショッピングではビットコインを利用してギフトカード等を購入することが可能です。今後もますますビットコインの利便性が高まると言われています。ビットコインの使い方を覚え、暮らしを便利にしていきましょう。

ビットコイン

関連記事

コメントは利用できません。

bitFlyer

最近の投稿

新着記事

  1. ビットコインに関する法制度は世界各国で整備が進んでいる状況である、まだ途上にあるといえます。ビットコ…
  2. ビットコインに関する解説ではしばしば、ビットコインは特定の誰かによって発行や取引が管理されることのな…
  3. 香港はビットコイン取引が盛んな都市です。中国といえば金融機関によるビットコイン取引が規制された国とし…
  4. ビットコインについて調べていると欧米諸国や東アジア諸国の動向について報じられている記事を目にすること…
  5. 2017年の9月、ビットコインとライトコインとの間でアトミックスワップが成功したと報じられ、ビットコ…
  6. これからビットコイン投資に関わろうと考えて調べ物をしている方、あるいは既にビットコイン投資に携わって…
  7. ビザンチン将軍問題とは計算理論における合意形成の問題です。ビットコインは、ビザンチン将軍問題をプルー…
  8. ビットコインの情報を収集している際にしばしば目にするのがハードフォークという用語です。ビットコインを…
  9. 2017年の8月末から、ビットコイン関連の話題においてエストコイン(= Estcoin)という言葉を…
  10. ビットコインに関してリサーチを行っている方の中には、ビットコインが普及している国というと自然とギリシ…
ページ上部へ戻る