ビットコイン取引所の選び方

選択方法

このサイトをご覧の方の中には、「どのビットコイン取引所を利用すればいいのか、なかなか決められなくて困っている」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。ビットコインの取引所はたくさんある上、それぞれに特徴があるため、どの取引所を選べばいいか迷ってしまわれるのは無理もありません。しかし取引所選びはとても大切です。ここでは入金方法、手数料、セキュリティという3つの観点からビットコイン取引所の選び方や選ぶコツを探っていきます。これから取引所を選ぶ際のご参考になれば幸いです。

取引所の比較(入金方法)

取引所選びのポイントとなるのは入金の方法です。入金方法は、銀行振り込みとホームページ上に記載されているアドレスにインターネットバンキングから行う方法の他にもコンビニでの支払いやビットコイン専用ATMなどの利用が可能な場合があります。様々な選択肢があることで、なかなか入金にいけないなどの問題を解消することができるかもしれません。

また週の初めや月末など、時期によっては金融機関の処理に時間がかかり、入金がすぐに反映されない場合もあるようです。

入金方法は後々重要となる項目ですので各ビットコイン取引所のホームページにてご確認いただくことをおすすめいたします。

マネー

取引所の比較(手数料)

取引所選びでは、次に手数料を見てみましょう。現物取引の場合は-0.01%から0.2%、先物取引は-0.025%から0.7%など取引方法によって手数料の違いがあります。特に先物取引では、一日あたりの借り入れ手数料をパーセンテージで表記していたり、変動制を取り入れたりしているところもあります。特別な取引方法を選ぶ場合には特に手数料についてチェックする必要があります。また日本円出金手数料についても216円から756円と幅広い傾向があります。

そのほかにも、ビットコインの出金手数料など手数料のデータは随時変更される場合がありますので定期的に確認することが大切です。

ビット

取引所の比較(セキュリティ)

取引所選びではセキュリティ面も重要です。取引所では本人確認を行っており、確認には免許証等、あるいは免許証等を手に持った状態での自撮り写真の2つを必要とするところが多いです。本人未確認の場合は入出金ができなかったり、引き出し額に制限がかかってしまったりする場合もあります。

また、ビットコインの入金に必要なログインについても各取引所で異なります。取引所の多くは2段階認証を採用してことが多く、署名ハッシュアルゴリズムとしてSHA-256を導入しているケースが多いようです。安全性の高い認証システムを採用してくれているか、トラブルの際の対応はどうなるか等調査を行っていきましょう。さらに厳重なセキュリティを目指し変更される場合があります。当サイトでのご案内に加え、詳しくは各サイトでもお確かめいただくとよいでしょう。

鍵

まとめ

ビットコインの取引所も様々な特徴があります。何より大切なのはご自身が「何を最も重視したいのか」ということではないでしょうか。なるべく入金を簡単に済ませたいのか、あるいはなるべく手数料をかけたくないのかなど、まずは「ここだけは譲れない」というポイントを決めておくことが大切です。

関連記事

コメントは利用できません。

bitFlyer

最近の投稿

新着記事

  1. ビットコインに関する法制度は世界各国で整備が進んでいる状況である、まだ途上にあるといえます。ビットコ…
  2. ビットコインに関する解説ではしばしば、ビットコインは特定の誰かによって発行や取引が管理されることのな…
  3. 香港はビットコイン取引が盛んな都市です。中国といえば金融機関によるビットコイン取引が規制された国とし…
  4. ビットコインについて調べていると欧米諸国や東アジア諸国の動向について報じられている記事を目にすること…
  5. 2017年の9月、ビットコインとライトコインとの間でアトミックスワップが成功したと報じられ、ビットコ…
  6. これからビットコイン投資に関わろうと考えて調べ物をしている方、あるいは既にビットコイン投資に携わって…
  7. ビザンチン将軍問題とは計算理論における合意形成の問題です。ビットコインは、ビザンチン将軍問題をプルー…
  8. ビットコインの情報を収集している際にしばしば目にするのがハードフォークという用語です。ビットコインを…
  9. 2017年の8月末から、ビットコイン関連の話題においてエストコイン(= Estcoin)という言葉を…
  10. ビットコインに関してリサーチを行っている方の中には、ビットコインが普及している国というと自然とギリシ…
ページ上部へ戻る