電子マネーとビットコインの違い

決済

買い物や通勤に便利な電子マネー。電子マネーを利用することでカードやスマホだけで決済が可能であり、スーパーやコンビニ、駅やバスといったあらゆる場所で決算を行うことが可能です。電子マネーは多くの人が利用していると思われますが、本来はどのようなものを意味や使い方、種類があるのでしょうか。また一口に電子マネーといっても、形態によって大きく二つに分かれることをご存知ですか?ビットコインなどに代表される仮想通貨と電子マネーの違いは一体何なのでしょうか。まとめてみました。

電子マネーとは

電子マネーとは、専用のICカードやダウンロードしたアプリにチャージするなど、「支払い額を事前に入金することで利用可能になる電子版のお金」のことです。スーパーやコンビニで決済できるものから、交通機関などで利用できるものまで様々な形態が存在します。電子マネーの利用は、小銭換算や決済時の煩わしさを解決してくれるものとなります。

電卓

第三者型前払式とは?

電子マネーは資金決済における法律上、「前払式支払手段」と呼ばれるものに当たります。そして前払式支払手段もその形態によって、「自家型前払式」と呼ばれるものと、「第三者型前払式」と呼ばれるものの二通りに分類されます。自家型前払式とは、利用者が発行元での商品購入やサービス決済においてのみ利用可能な方法を指し、第三者型前払式とは、発行元以外での商品購入やサービス決済においても利用可能である方法を指します。第三者型前払式は利便性も高く、ニーズの多い決済方法です。その分規制も緩く、発行されやすいといった特徴を持っています。

ビットコインと電子マネーの違い

ビットコインと電子マネーはともに電子上のやり取りを行うことから混同される方も多くいらっしゃいます。どちらも携帯電話等でも決済可能であり、実際の硬貨や紙幣を利用しないため、同じようなものではないかと思うかもしれません。しかし実際はビットコインと電子マネーは使い方や概念ともに全く異なるものです。

スマホ

ビットコインは、円やドル、ユーロといった実際の貨幣と同じような通貨であり、ビットコイン自体を購入し、決済はビットコインとして行います。一方電子マネーは、貨幣を財布以外の別の場所にチャージしておき、自動決済により買い物をよりスムーズにするものです。そのほかにも電子マネーであれば決済ごとにポイントが貯まるといったサービスもありますが、ビットコインにはそのようなサービスはありません。

 

ビットコインと電子マネーは似たような性質から混同されることもあるかもしれませんが、電子マネーと同じような概念でビットコインを購入すると様々なリスクを伴う危険性があります。

電子マネー同様ビットコインについても今後利用シーンがますます増えてくる可能があります。両者の性質を正しく理解することで、ますます生活を便利にしていくことできます。当サイトではビットコインの特性やメリットについて詳しく解説しておりますので、ぜひビットコインについても理解を深めていただくことをお勧めいたします。

関連記事

コメントは利用できません。

bitFlyer

最近の投稿

新着記事

  1. ビットコインに関する法制度は世界各国で整備が進んでいる状況である、まだ途上にあるといえます。ビットコ…
  2. ビットコインに関する解説ではしばしば、ビットコインは特定の誰かによって発行や取引が管理されることのな…
  3. 香港はビットコイン取引が盛んな都市です。中国といえば金融機関によるビットコイン取引が規制された国とし…
  4. ビットコインについて調べていると欧米諸国や東アジア諸国の動向について報じられている記事を目にすること…
  5. 2017年の9月、ビットコインとライトコインとの間でアトミックスワップが成功したと報じられ、ビットコ…
  6. これからビットコイン投資に関わろうと考えて調べ物をしている方、あるいは既にビットコイン投資に携わって…
  7. ビザンチン将軍問題とは計算理論における合意形成の問題です。ビットコインは、ビザンチン将軍問題をプルー…
  8. ビットコインの情報を収集している際にしばしば目にするのがハードフォークという用語です。ビットコインを…
  9. 2017年の8月末から、ビットコイン関連の話題においてエストコイン(= Estcoin)という言葉を…
  10. ビットコインに関してリサーチを行っている方の中には、ビットコインが普及している国というと自然とギリシ…
ページ上部へ戻る