ビットコインにおけるリスクとは

危険

取引の安全性が高く、第三者との取引ができるなど従来の通貨と似た性質を持ち、その利便性の高さから世界中で普及が進むビットコイン。個人・法人問わず注目度は年々高まりつつあります。
とはいえ投資には必ずリスクが存在します。ビットコインについてもリスクが存在しないわけではありません。今回はビットコインにおけるいくつかのリスクについてご紹介します。

セキュリティ面でのリスク

ビットコインは電子上のやり取りを行う通貨となりますのでセキュリティ面では十分な注意が必要です。インターネット上で利用するウォレットを特にオンラインウォレットと呼び、ビットコインの管理はウォレットによって行われます。オンラインウォレットは常にインターネット上でアクセスできることから、ハッキングによる盗難といったリスクをはらんでいます。また、ビットコインで行われる取引の多くはインターネット上の取引所を介するため、万が一オンラインに接続できなくなった場合は取引ができなくなるケースもあります。
ウォレット管理は主に取引所のサイト運営・管理者が担うことになるため、取引に利用する運営サイトを選ぶ際は安全性が高く実績のあるところ、信用できるサイトであることを確認した上で利用するようにしましょう。

取引所に関するリスク

ビットコインの取引で利用される取引所についてもいくつかのリスクがあります。ビットコイン取引所でのリスクの一つ目が「システムにまつわるトラブル」です。たとえセキュリティを徹底している取引所であっても、機器の故障や災害といった外部環境の影響によってシステムに障害が発生する可能性もあります。システム障害の影響で一時的な仮想通貨の取引が中止、または遅延してしまうかもしれないことを意識していく必要があります。二つ目のリスクで最も怖いのが「取引所の破たん」です。取引所を運営する企業の事業継続が難しいと判断された場合、所定の法規および手続きによる対応を待たねばならない可能性があります。

価格変動のリスク

ビットコインの大きな特徴として挙げられることが多い価格変動です。これもビットコインの取引において気を配らなければいけないリスクであると考えられています。ビットコインの価格は常に変動しており、留まることはありません。こうした性質を利用し、売値と買値の差額で利益を得る投資運用を図ることもできるものの、その運用は簡単なものではありません。例えば順調に価格が上昇していたものの、ある時を境に急落するといった可能性もあります。最悪その価格がゼロとなってしまう場合もあるかもしれません。ビットコインの取引を行う場合にはこうした危険性を踏まえた上で利用することが大切です。ビットコインの抱えるリスクを把握することは、リスクを回避する最善策となります。

ビットコイン

まとめ

ビットコインがはらんでいるリスクについて、ここまでいくつかご紹介しました。セキュリティ面や取引所が抱える問題点、そして価格変動性といった不安定な部分も存在するものの、それ以上にビットコインは多くのメリットを持つことも確かです。現在進行形で普及を続けるビットコインにはブロックチェーンを始めとした堅牢なシステムによる安全性や、スピーディーな送金など従来の通貨にはない強みが数多く存在しています。リスクを明確にして賢く運用していくようにしましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

bitFlyer

最近の投稿

新着記事

  1. ビットコインの取引を行っている方の中では、ビットコインそのものは非常に堅牢な仕組みとなっていることは…
  2. ビットコインについて調べているとまず目にする国家の名前は中国、ギリシャ、キプロス、そして世界最大級の…
  3. ビットコイン投資に興味を持ったものの、ビットコインを始めとした仮想通貨がいったいどのようなものかわか…
  4. ビットコインをはじめとした仮想通貨は従来の通貨には無いユニークな特徴を多く持っています。世界各国の中…
  5. ブルームフィルタとは計算機科学におけるデータ構造の名前であり、ブルームフィルタは主に、スマートフォン…
  6. 行動経済学という比較的新しい学問が存在します。行動経済学は従来の経済学では説明できなかった現象を説明…
  7. 2017年5月末、日本国内でビットコイン取引所を運営しているビットポイントジャパンが大手コンビニチェ…
  8. ガイドラインとは様々な機関によって様々な位置づけで公表される、何らかの取り決めを記載した文書のことで…
  9. ビットコインの情報を調べていると、様々なお国事情を垣間見ることができます。情勢が不安定な国ほど自国の…
  10. 最近、ビットコインについて調べていると韓国の話題も目にするようになりました。韓国は元々、高速なインタ…
ページ上部へ戻る