ビットコインの始め方

スタート

ビットコインの認知度は日本でも着々と高まっているといわれています。ビットコインはネット上でアカウント登録すればすぐに利用できる手軽さに加えて、従来の通貨とは異なる柔軟性を持つため、今後さらに普及することが予想されています。加えて、国の法整備や企業の導入も相次いでおります。年々ビットコインに関心を持つ人が増えつつありますが、実際にどのような手続きで始めればよいのか迷う方もいることでしょう。今回はビットコインの始め方やメリットなどについてご紹介します。

ビットコインの普及状況

2016年にインターネット上で行われたアンケートでは、およそ90%以上の人が「ビットコインを知っている」と回答したと報告されています。海外では企業だけでなく、個人のレベルで利用されているビットコインですが、国内ではまだビットコインの保有者、利用者は3%程度にとどまっており、普及率の面で考えればまだまだと言える状況です。日本国内でなかなか保有者が増えない理由としては、実体を持たない点や価格が変動する点に加え、セキュリティ面に対する不安が未だぬぐえない人が多いことがあるようです。

しかし、今後は日本政府が法整備を進め、店舗でもビットコイン決済を導入する企業も続々と登場しているため、こうしたイメージは徐々に払拭されることが予想されています。

ビットコインのメリット

ビットコインはインターネット環境とパソコンかスマホがあれば、簡単に始めることができます。始め方はいたってシンプルで、ビットコインの取引所を選び、メールアドレスとパスワードを設定してアカウントを作成します。取引相手や取引内容によって個人情報が必要となる場合もあるものの、始め方はこれだけです。ビットコインは手軽に始められると同時に色々なメリットをもっています。その中でも特に目立つのは送金や決済における手数料の安さです。また、金融危機といったトラブルの際にも仮想通貨なら影響を受けないといったリスク回避の対策としても、大きな利点を備えているのです。

ビットコインを扱う上での注意点

数々のメリットを含むビットコインにも、リスクが存在するため注意が必要です。扱い方によってはメリットともデメリットともなるのが、価格変動の特徴です。投資的な運用で利益を狙うこともできますが、通貨として保管を考えた場合、価値が変動する性質はデメリット

となります。ビットコインに対する需要や社会的評価、情勢によって常に変動するため、この点を踏まえた運用が必須となります。また、ビットコインには特定の国や機関による管理が存在しないため、万が一破たんや盗難といった被害が生じても一切の補償は発生しません。管理はすべて自己責任となるため、取り扱いは慎重に行うべきでしょう。

管理

各国で普及が進むビットコインは容易に誰でも手軽に始めることができます。この手軽さはビットコインの普及の一因となっております。ビットコインを始めとした仮想通貨に関する法律が整備され始めたことにより、若干自由度は落ちるものの、初心者が安心してビットコインを扱う土壌が広がってきたといえます。ビットコインの利用は今後もさらに広まっていくことが予想されています。従来の通貨にはない柔軟性と手軽さを備えているものの、その分「価格変動」や「管理は自己責任」のように注意すべき点もあります。最大限に活用するには、そのリスク・デメリットについて、十分な理解をしておくことが欠かせません。

関連記事

コメントは利用できません。

bitFlyer

最近の投稿

新着記事

  1. ビットコインの取引を行っている方の中では、ビットコインそのものは非常に堅牢な仕組みとなっていることは…
  2. ビットコインについて調べているとまず目にする国家の名前は中国、ギリシャ、キプロス、そして世界最大級の…
  3. ビットコイン投資に興味を持ったものの、ビットコインを始めとした仮想通貨がいったいどのようなものかわか…
  4. ビットコインをはじめとした仮想通貨は従来の通貨には無いユニークな特徴を多く持っています。世界各国の中…
  5. ブルームフィルタとは計算機科学におけるデータ構造の名前であり、ブルームフィルタは主に、スマートフォン…
  6. 行動経済学という比較的新しい学問が存在します。行動経済学は従来の経済学では説明できなかった現象を説明…
  7. 2017年5月末、日本国内でビットコイン取引所を運営しているビットポイントジャパンが大手コンビニチェ…
  8. ガイドラインとは様々な機関によって様々な位置づけで公表される、何らかの取り決めを記載した文書のことで…
  9. ビットコインの情報を調べていると、様々なお国事情を垣間見ることができます。情勢が不安定な国ほど自国の…
  10. 最近、ビットコインについて調べていると韓国の話題も目にするようになりました。韓国は元々、高速なインタ…
ページ上部へ戻る