ビットコインの定義

スマホ

ビットコインというのは誰にでも入手ができ、使えるものです。PCやスマートフォンを持っていれば、専用のアプリケーションをインストールすることで、取引所で専用のアカウントを開設することでいつでもどこでもビットコインを購入することができます。ビットコインを使う目的としては大きく2つあります。

ビットコインをお金として使う

例えるなら「電子マネー」のように使うことが可能です。ドルや日本円をビットコインに両替し、ビットコインに対応している飲食店などの実店舗、オンラインショップでのお支払いとして利用することができます。(※オンラインショップでの導入の方が普及しています)
特にアメリカでは、多くのオンラインショップでの導入が進んでおり、ビットコインユーザーの数を伸ばしています。日本ではまだ普及している国と比べると、まだ対応しているところは少ないのが現状ですが、年々増えてはきています。また、お金として従来の送金手続きよりもスピーディーに対応することがビットコインでは可能です。ビットコインはインターネット上で、直接やり取りができるP2Pと呼ばれる技術を利用しているので、送金に掛かる手数料も支払うというのはありません。国家や銀行など発行元が存在しないということがないために、送金処理も素早く、さらに安価にて行うことができるのです。

ビットコインを投資として使う

投資ビットコインはその価格が日によって大きく変動します。そのことからビットコインを高く売ることができれば売却益をもらう可能性があります。ビットコインをその価値を上昇させるものとして期待ができる存在として投資銘柄でも人気です。
また上記で触れたように価格変動が大きいことで、売却益を得れる可能性があるということがユーザーを引き付ける大きな魅力となっているのです。

またこの魅力により、多くのビットコインミリオネアと呼ばれる億万長者が何人も海外で生まれております。2009年にビットコインが誕生し、1円以下の価値だったのが、2013年には11月には12万円という価値が付いております。この4~5年で約12万倍という急速な値上がりで、従来の投資商品である株式やFXよりもその投資商品としての価値をもっているといえるでしょう。海外ではビットコインミリオネアが誕生していることで、それを夢見て数多くのユーザーがビット金市場に参入していること、そしてユーザーが増えることによる取引市場の整備、価値を活かしての新たなサービスを提供する多くの企業によって、現在でもビットコインの市場は活発に動いているのです。

関連記事

コメントは利用できません。

bitFlyer

最近の投稿

新着記事

  1. ビットコインに関する法制度は世界各国で整備が進んでいる状況である、まだ途上にあるといえます。ビットコ…
  2. ビットコインに関する解説ではしばしば、ビットコインは特定の誰かによって発行や取引が管理されることのな…
  3. 香港はビットコイン取引が盛んな都市です。中国といえば金融機関によるビットコイン取引が規制された国とし…
  4. ビットコインについて調べていると欧米諸国や東アジア諸国の動向について報じられている記事を目にすること…
  5. 2017年の9月、ビットコインとライトコインとの間でアトミックスワップが成功したと報じられ、ビットコ…
  6. これからビットコイン投資に関わろうと考えて調べ物をしている方、あるいは既にビットコイン投資に携わって…
  7. ビザンチン将軍問題とは計算理論における合意形成の問題です。ビットコインは、ビザンチン将軍問題をプルー…
  8. ビットコインの情報を収集している際にしばしば目にするのがハードフォークという用語です。ビットコインを…
  9. 2017年の8月末から、ビットコイン関連の話題においてエストコイン(= Estcoin)という言葉を…
  10. ビットコインに関してリサーチを行っている方の中には、ビットコインが普及している国というと自然とギリシ…
ページ上部へ戻る