仮想通貨徹底比較!

世界で最も有名な仮想通貨はビットコインであるといわれています。ビットコインの名前はもはや一般的認知として広まっていますが仮想通貨はビットコイン以外にも種類があることをご存知でしょうか。世界には実に様々な仮想通貨が存在し、それぞれ特徴が備わっているのです。今回は数ある仮想通貨の種類と特徴、更に初心者の投資に向いている通貨の種類について比較しながらご紹介します。

 

仮想通貨はどれくらいの種類があるのか

仮想通貨とは、ネット上にのみ存在し、暗号システムによって管理、採掘される通貨を意味します。基本的に仮想通貨の取引はデータで行いますが、今後現金やカードでの決済と同じ要領であらゆる場面での支払いが可能な仮想通貨が出現するのではないかと大きな注目を集めているのです。

仮想通貨が通常の通貨と異なるのは、主に発行主体となる中央機関や国が存在せず、国家間の政治情勢に左右されない点にあります。また、ブロックチェーンをはじめとしたセキュリティーシステムによってその信頼を獲得しています。過去には取引所にまつわるニュースが連日取り上げられた事はビットコインの名前を世に広めるきっかけとなりました、その事件についてもビットコイン自体でのセキュリティ面は問題はなかったといわれています。

 

日本で仮想通貨と言えばビットコインを連想しがちですが、ビットコインの他にも仮想通貨は世界中にたくさんの種類があり、ビットコインと同様に、これらの通貨も世界的に見れば広く利用されているのです。その種類は世界で700から1000種類近くとも言われ、今後更に増えていく可能性もあるようです。

ではビットコイン以外の仮想通貨は、どのような特徴を持っているのでしょうか。有名な通貨をいくつか比較しながら紹介したいと思います。まずはリップル。リップルはアメリカのリップルラボ会社が開発した仮想通貨であり、ビットコイン以上の送金の速さが有名です。ビットコインとは違い、コインの管理者が存在する事から価格変動の安定性も特徴的です。

次にモナーコイン。モナーコインは2013年より日本のネット掲示板より開発・公開された日本初の仮想通貨です。モナーコインの特徴は、ビットコインや他の仮想通貨と比べて金額のやり取りが軽いという点にあります。モナーコインはメールアドレスや個人情報不要の口座開設で購入する事が可能であり、簡単に送金し合える通貨、というイメージを持っています。その用途も、投資や売買といったものではなく、ネット投稿の評価の際に送付されるケースが多く、仮想通貨初心者であっても気軽に購入できそうな通貨です。

最後に、イーサリアム。イーサリアムはビットコインの特徴を更に進化させたシステムと謳われ、従来のブロックチェーンシステムの上に、スマートコントラクトと呼ばれるシステムを新たに追加した事が話題となった通貨です。このスマートコントラクトとは、売買においての契約条件の確認や履行を強制的にさせる仕組みと言われていますが、ビットコインのシステム以上の展望に注目が集まりました。

 

ビットコインに追随する仮想通貨とその特徴

 

仮想通貨として最も有名であるビットコイン。仮想通貨の利用有無に関わらず、名前は知っているという人は大半でしょう。

このビットコインを追随する形で現在流通しているのが、リップルです。リップルはアメリカのリップルラボ会社という企業が開発した仮想通貨であり、ビットコインと比較すると、送金のスピードや価格の安定性に特化しているという特徴を持っています。本来リップルとは、リップルラボ社が、金融商品取引や決済をよりスムーズに行う為に開発した送金システムを指し、その使用はリップルのネットワークに参加しているユーザーどうしに限られます。よって正式に表現すると、リップルは送金システムそのものを意味するため、その利用方法はビットコインなど比較すると少し趣が異なります。

例えば価格変動が激しいために、投資や積立に向いているビットコインとは異なり、リップルは送金システム目的で購入する人が多いという傾向にあります。また、リップルがビットコインと比較して大きく異なるのは、開発者の存在が判明しているか否かという点にもあります。ビットコインは、ビットコインの開発をまとめた論文が投稿された事に端を発しますが、当時この論文を読んだ世界中のエンジニアの手によって開発されたシステムがビットコインです。論文の投稿者は匿名を名乗っており、実際の人物の特定はされていません。不透明性の帯びたコインの利用には抵抗がある、という人も少なく無いはずです。

一方でリップルは開発者も運営会社も明確に判明しており、フォローもサポートも行われる環境が整っています。更に送金の速さに関しても、ビットコインであれば10分以上要するのに対し、リップルは約2.5秒という速さで完了します。リップル開発者がビットコインのエンジニアの一人であった事から、リップルはビットコインの弱点を補って作られているという印象も受けます。現在、時価総額ランキングとしてはビットコインが1位を占めているようですが、リップルが今後どのようにこれを追随していくのか、注目がかかっています。

 

ビットコイン

 

初心者が投資をするならどの仮想通貨がおすすめ?

投資には興味があるけれど、なかなか手が出せずに躊躇している、という人は多いかと思います。特にこれまで一切投資経験が無い人にとっては尚更でしょう。初心者でも仮想通貨を使い、利益を出す事は果たして可能でしょうか。

まず、投資と聞けば、大きな金額が動く危険性のあるもの、というイメージが強いかと思いますが、しかし実際に投資を行っている人の多くは、お小遣い稼ぎ感覚の主婦層やサラリーマンといった人も多く、決して莫大な資金を持っていなければできないものではありません。現在ではネット上での投資が主流ですので、ネット環境さえ整っていれば誰でも投資は可能です。仮想通貨での投資も同様に、取引所でアカウントを開き、コインを売買して利益を得ること、積立投資を行う事は非常に簡単ですし、取引も24時間体制で行えるので、仕事をしながらでも自宅に居ても、パソコンやスマホといったツールで変動をチェックできます。

一概に仮想通貨と言っても現在その種類は700以上とも言われ、一体どの通貨で投資を行うべきか、悩んでしまいます。その中でも、初心者にとって最もおすすめなのがビットコインやリップル。どちらも仮想通貨の中では知名度の高い通貨ですので、馴染みもあるかと思います。ビットコインやリップルが初心者にとっておすすめである理由は、どちらも価格上昇傾向にあり、且つユーザー数が多い、という点に尽きます。先にも述べましたが、現存する仮想通貨の種類は非常に多く、また新種も次々に増加しています。しかしその多くが価値を付けられず、通貨としての特性を見失っている物が大半です。仮想通貨は存在しているだけでは意味がなく、その通貨に対し、ユーザー達が価値を見出し、購入していく事で真の評価が付加されるのです。この価値は、たとえば仮想通貨の特徴であるブロックチェーンシステムの強度や、開発者の存在、認知度合など、様々な影響を受けてつり上がっていくものです。

 

実際、リップルはgoogleが出資した事でも有名であり、将来性が見込まれているコインとして、近年更に注目を浴びています。以上の理由から、現状安定した価格上昇を続けているビットコインやリップルが利益を生み出す可能性が大いにあるコインであると言えますし、初心者も安心して投資できる通貨と言えるでしょう。

仮想通貨の種類は非常に多いですが、その利用方法や投資の向き、不向きになどに関してはそれぞれに特色があります。どの仮想通貨がどんな特徴を持っているのかを把握していれば、利用する際のトラブルを防ぐ事が可能です。初心者にとっては、初めて行う投資に不安を抱く人が多いと思われますが、投資する金額の上限を決めて投資を行えば、損失が出たとしても大きな損失を防げます。仮想通貨はまだ不透明な部分も多く、完全なシステムであるとも言い切れません。よって初めて投資を行う際には、事前理解をした上での、無理のない投資をおすすめします。

関連記事

コメントは利用できません。

新着記事

  1. みなさんは仮想通貨、いわゆる暗号通貨に対して、どのようなイメージを持たれているでしょうか。匿名性も高…
  2. ビットコインを始めとした仮想通貨の利用者数が年々増加しています。仮想通貨は365日24時間いつでもネ…
  3. オーガー(Augur)と呼ばれる仮想通貨をご存知でしょうか。仮想通貨の中ではビットコインが有名ですが…
  4. 仮想通貨を語るうえで必ず話題に挙がるのが匿名性についての項目があります。ビットコインは匿名性が高いと…
  5. 仮想通貨についての記事を読んでいる方の中には仮想通貨『イーサム』とセットで、『ダオ(the DAO)…
  6. ビットコインはブロックチェーンやマイニングなど多くのアルゴリズムによって、安定したシステム運用とサー…
  7. ビットコインの投資を考えているけれど、なかなか踏みきれない、二の足を踏んでしまうという方も多いのでは…
  8. ビットコインの購入を考えていらっしゃる皆さんにとっては、どのような税金がかかるのかは気になることでは…
  9. イーサリアムクラシックという仮想通貨を御存知でしょうか。「イーサリアムは知っているけれど、イーサリア…
  10. ビットコインというと、中国やギリシャなどのイメージが強いかもしれませんが、アメリカでもビットコインは…
ページ上部へ戻る