仮想通貨革命とは

2014年に「仮想通貨革命」と呼ばれる書籍が出版されました。著者は一橋大学や東京大学で教鞭をとる野口悠紀雄氏で、かつて官僚を務め、経済学者としても長いキャリアを誇っています。同氏によると、「ビットコインは通貨における史上最大の革命である」と位置づけており、これを中心に新しい社会が形成されると示唆しています。

今回は、「世界中で急速に普及を続けている、ビットコインが一般化することによって起こり得る革命」について着目してみました。

仮想通貨による革命

仮想通貨の流通によってどのような変化があるのでしょうか。ビットコインをはじめとした仮想通貨がもたらす革命についてご紹介します。

仮想通貨の本質「ブロックチェーン」が起こす革命

通貨の発行主体を持たず、堅牢なセキュリティで守られているビットコインには「ブロックチェーン」と呼ばれる、重要なテクノロジーが利用されています。

仮想通貨は電子マネーや法定通貨とは異なり、特定の管理団体などを持ちません。ブロックチェーンシステムは仮想通貨の信頼性を守る重要の技術となります。個人や企業の所有する様々なコンピュータによって構成されるブロックチェーンは特定の管理団体による制限を受けず、誰でも自由に利用できるなど従来の通貨だけでなく、コンピュータサイエンスの分野においても大きな変革を迎えるきっかけを作りました。

ブロックチェーン自体は従来の技術を組み合わせて開発されており、暗号技術に関してもハッシュ関数や公開鍵暗号といった、よく知られた暗号技術が駆使されています。ビットコインが素晴らしいのは、こうした既存技術の組み合わせで仮想通貨のような、「全く新しい技術開発が可能」だと示された点でしょう。ビットコインの持つブロックチェーンは貨幣としての取引だけでなく、そのセキュリティ性の高さからより広範囲にわたる経済取引に対しても、十分応用できるとされています。これこそ、ビットコインが仮想通貨革命を起こすとされる大きな理由と言えるでしょう。

仮想通貨の経済への革命

※予想される仮想通貨、「ビットコイン」の残された課題

全く新しい技術として革命を起こしつつあるビットコインにも、まだ解決すべき課題が存在します。ビットコインではユーザーが所有する秘密鍵を使って、各ユーザーを判別しています。そのため、万が一ユーザーが秘密鍵のデータが入ったパソコンやウォレットを紛失してしまうと、保有しているビットコインを利用できなくなります。

これはユーザーにとって大きなリスクであり、経済革命やさらなる仮想通貨普及のためにはこうした課題を解決し、誰にとっても扱いやすいものにすることが必須であるとされています。2020年の東京オリンピックを期に、日本国内でも外国人観光客が利用するビットコインへの対応が迫られています。国内でのビットコイン革命もそう遠くはないと言えるのではないでしょうか。

仮想通貨が世界で注目されている理由

投資を学ぶ

革命が期待されるビットコインが今もなお、高い注目を誇り広く普及を続けているのには理由があります。そこにはビットコインの持つメリットが大きく関与しているのです。仮想通貨のメリットをいくつかご紹介します。

1.国際送金にかかる手数料が安く決済処理が早い

国際送金を聞き慣れない方も多いかもしれません。海外では出稼ぎ労働者が家族へ仕送りする際などに、国際送金を利用するケースは多く存在します。少しでも早く家族の下にお金を届けたいものですが、従来の送金方法では処理に1日以上かかることもしばしばです。しかし、ビットコインのような仮想通貨であれば、格段に安い手数料で国際送金することができるのです。1件あたりの手数料が数千円だったものが、数十円ないし数百円となり、まさに桁違いの安さです。これは、ビットコインがもたらした国際送金における革命といっても過言ではないでしょう。

2.銀行口座がなくても利用できる

口座がないというのは日本ではあまりなじみがない話かもしれません。海外、特にフィリピンなどの東南アジアでは、銀行口座を持っている人が人口の20%~30%しかいないと言われています。銀行口座の開設には一定の収入や身分証明が必要となるため、経済状況が日本とは異なるフィリピンでは簡単に口座開設を行うことができません。銀行口座に対して携帯電話やスマートフォンなどはフィリピンでも普及率が高く、人口の90%以上の人が携帯電話を所有しています。ビットコインのような仮想通貨はインターネット環境さえあれば誰でも利用できますので、携帯電話があれば仮想通貨を利用することが可能となります。こうした話はフィリピンに限られた話ではなく、南米などでも似たような状況となっています。

仮想通貨には簡単に利用でき、かつ手数料が安いというメリットもあります。こうした背景から、国際送金や決済などにビットコインを利用する人が増えているのも納得だと言えるのではないでしょうか。手頃な決済方法としての機能もビットコインによる革命の1つと言えそうです。

前述でも説明しましたが、日本は2020年にオリンピックを控えています。2017年には仮想通貨に関する法律の施行なども行われます。これが革命への追い風となって、仮想通貨はより身近な決済手段となっていくかもしれません。

仮想通貨が社会に与える影響とは

導入するハードルの低さや手数料の安さなどから、仮想通貨が世界経済を始めとした社会に与える影響は計りしれず、革命と呼ばれるほどの規模となっています。

今まで個人による利用が多かった中で、各国の政府や企業などが積極的に取り入れようという流れも強くなり、日本でも着々と法整備が進みつつあります。すでに国内でもビットコインを利用できる店舗も出てきているため、今後さらに仮想通貨を利用できる店舗数が増えていくと見込まれています。

このように、仮想通貨は各国の経済に大きな影響を及ぼしており、一種の社会現象にまで発展しています。最後に、仮想通貨「ビットコイン」が起こす革命や、社会・経済に与える効果・影響についてみていくとしましょう。

1.法的な位置づけを獲得した仮想通貨

日本では2016年の法改正と2017年の法執行により、ビットコインを始めとする仮想通貨は法定通貨とは異なる新たな地位を獲得しました。

これはつまり、ビットコインが信頼や信用を十分に持つと法律で認められたことになり、これが追い風となって日本国内のビットコイン市場はさらに活気づくのではないかと予想されています。仮想通貨が経済へ与える影響が強まり、革命へとつながる大きな一歩と言えるでしょう。

2.仮想通貨によって決済などの取引手数料が安くなる

発行団体が存在しない仮想通貨「ビットコイン」は、格安の手数料で国際送金ができることを強みに、世界中で普及しました。それまで数千円かかっていた手数料が数十円程度に収まる点を考えれば、十分に革命と呼べるだけの進歩と言えるのではないでしょうか。

また、送金にかかる時間も早くなり、数日かかっていた国際送金がビットコインならより迅速に処理されるようになっています。今までは少額だとメリットがないとされていた取引でも、手数料の安さから少額取引が積極的に行われるようになり、経済が活気づくことも予想されます。

3.仮想通貨は投資としてだけでなく決済手段としても大きな役割を担う

かつては仮想通貨を利用できる場所が少なかったため、ビットコインを決済手段としてよりも投資目的で運用されることがほとんどでした。しかし、今では世界中で国際送金を初めとして、ショッピングや納税といった決済にも積極的に取り入れられるようになりました。いずれは硬貨や紙幣ではなく、クレジットカードやビットコインだけで支払いが可能となる時代も遠くはないかもしれません。

従来の金融取引を大きく変える革命性を秘めたビットコインの存在は、政府や企業にとっても無視できない規模となっています。

ビットコインにより国際送金のハードルが下がったことで、今までは不可能とされていた少額・小規模な市場が活気づくと予想されています。これは企業間での取引が主流であった所に、個人間の取引が加わることを意味します。これによって、仕事を海外のクリエイターに依頼し、ビットコインで支払いをするといったマーケットも拡大していくのではないでしょうか。グローバル経済の大きな革命、転換期が訪れてきているのです。

関連記事

コメントは利用できません。

bitFlyer

ピックアップ記事

  1. 2017-6-27

    ビットコインのレバレッジ取引とは

    「レバレッジ」とはビットコインに限らず、FXなどの投資商品においてもよく耳にする言葉です。しかし、「…
  2. 2017-6-27

    ビットコイン投資のリスクとは

    ビットコインと聞けば何を想像するでしょうか。通貨に替わり得る新たな価値であったり便利な送金手段であっ…
  3. 通貨

    2017-2-14

    bitcoinの仕組み

    bitcoinについて初めて聞いた方の中には未知のものとして『bitcoinは怪しい!』と思う方もい…
  4. つくり

    2016-12-29

    ビットコインの仕組み

    ビットコインの始まり 2009年に運用が開始されたビットコインは仮想通貨の代名詞として世界中に広ま…
  5. 買う

    2016-12-29

    ビットコインの購入について

    一般的にビットコインの利用は、取引所や販売所などで購入することから始まります。初めて利用する方にとっ…
  6. 変動

    2016-12-29

    ビットコインの価格変動

    ビットコインは為替や証券と同様に価格が変動します。決済や送金に便利な仮想通貨ですが、それだけでなく価…
  7. 換金法

    2016-12-29

    ビットコインの換金方法

    ビットコインを換金できる場所は、取引所を始めとして徐々に増えつつあります。仮想通貨であるビットコイン…
  8. コイン

    2016-12-29

    ビットコインのウォレットを比較

    ビットコインウォレットとは? ビットコインを利用するためには必ず「ウォレット」が必要になります。現…
  9. 始める

    2016-12-29

    日本でのビットコイン利用

    世界中でその動向が注目されるビットコイン。日本でも取引所や販売所が複数整備され、都内を中心にわずかで…
  10. ビットコイン

    2016-12-29

    ビットコインの入手方法について

    ビットコインの入手方法とは 海外で誕生した仮想通貨のビットコインは、インターネットさえ利用でき…

ピックアップ記事

  1. 「レバレッジ」とはビットコインに限らず、FXなどの投資商品においてもよく耳にする言葉です。しかし、「…
  2. ビットコインと聞けば何を想像するでしょうか。通貨に替わり得る新たな価値であったり便利な送金手段であっ…
  3. 通貨
    bitcoinについて初めて聞いた方の中には未知のものとして『bitcoinは怪しい!』と思う方もい…
  4. つくり
    ビットコインの始まり 2009年に運用が開始されたビットコインは仮想通貨の代名詞として世界中に広ま…
  5. 買う
    一般的にビットコインの利用は、取引所や販売所などで購入することから始まります。初めて利用する方にとっ…
  6. 変動
    ビットコインは為替や証券と同様に価格が変動します。決済や送金に便利な仮想通貨ですが、それだけでなく価…
ページ上部へ戻る