暗号化通貨の採掘方法について

ビットコインを代表として知られる暗号化通貨。ブロックチェーンと呼ばれる堅牢なシステムにより偽造や改ざんを許さず、手数料の安さや迅速な送金システムが売りとされています。ビットコインには「採掘(マイニング)」と呼ばれる機能が備わっていることをご存知でしょうか。分散型ネットワークによって管理・運営されている暗号化通貨において、採掘は非常に重要な役割を持ちます。今回はその概要や対象となる仮想コインなどについてご紹介します。

 

暗号通貨の採掘とは

代表的な暗号化通貨であるビットコインを例にとり、「採掘とは何か」についてみていくとしましょう。

ビットコインはすべての取引記録を定期的に台帳へと追記する仕組みになっています。分散型ネットワークを基本とするビットコインでは、取引台帳となるデータはそれぞれ別の場所に保存されています。この台帳のデータへ追記の処理で取り扱われるすべての取引データを正確に記録しなければなりません。

1:有志のコンピューターに支えられている取引台帳への追記
この処理は台帳および取引データ間の整合性を取りながら進めなければならず、莫大な量の計算が必要となります。これを限られたコンピューターで実行するのは現実的ではないことから、ビットコインでは追記作業に必要となるコンピューターを有志の人から借りることにしています。大きな負担を分散させることで膨大な計算の処理も安定し、共有する一つの大きな取引台帳への追記がこれによって成り立っているのです。

2:追記作業からビットコイン新規発行までの行為が「採掘」
有志の人々に支えられている台帳への追記作業には報酬があります。報酬の支払いは新たに発行されたビットコインによって行われており、この時点で暗号化通貨の新規発行が行われているのです。この新規発行に至るまでの行為を「採掘」または「マイニング」と呼んでいます。ビットコインの場合、新規発行は採掘でしか行われません。そのため、ビットコインの普及を望む人々を中心に今も精力的にこの活動は続けられています。

ビットコインの利用者であればだれでもマイニングに参加することができます。パソコンを所持し、インターネット回線がつながる環境であれば必要となるソフトのインストールだけで環境は整います。ただし、ビットコインの総発行量はあらかじめ決められており、マイニングによって発行される量もしっかりと調整されています。これによって一時的な発行量の急増を防ぎ、インフレなどの混乱が起こらないよう配慮されているのです。

 

採掘が可能な仮想通貨

採掘のシステムを採用している暗号通貨は数多く存在します。そのいくつかをここで見てみましょう。

1:ビットコイン
世界的市場を誇るビットコインでは、取引内容の追記にまつわる台帳登録作業を多くのユーザーで負担しあっています。協力者であるユーザーへの報酬として支払われるのが新規発行されたビットコインです。追記作業から新規発行までを「採掘(マイニング)」と呼び、コインの発行総数は2100万BTCと取り決められています。発行数が増えるにつれて年々その数が減少していく点が特徴です。

2:BitShares(ビットシェアズ)
ビジネス活動への発展を目指して開発された暗号通貨、それがこのBitSharesです。取引の承認作業には100名ほどの代表者によって行われる点が大きな特徴となっており、代表者はBitSharesの保有者による投票で決まり、票数によっていつでも代表者が変わるのです。そのため、ビットコインのように一般のユーザーがコインを採掘することはゼロではないものの、極めて困難とされています。

3:NXT(ネクスト)
2014年にスタートしたNXTは、独自型のビットコイン2.0と呼ばれ、後継コインで知られています。ビットコインと異なり、採掘時に大量に電力を消費しません。NXTにはフォージング(鋳造)と呼ばれる方式が導入されており、より多くのコインを保有することで新規に生成されるコインを獲得する可能性が高くなるという仕組みです。ビットコイン2.0は暗号通貨の中でも次世代型のことを指します。

4:Monero(モネロ)
MoneroはCriptNoteと呼ばれる暗号通貨における新技術を基軸に据えた新しいコインです。ビットコインをはじめ多くの暗号通貨は完全秘匿性を保証するものではありません。匿名性へのニーズは高く、多くのユーザーが高い匿名性を望んでいます。Moneroはこうした秘匿性が高いことで知られている数少ないコインの一つです。採掘においては一般的なパソコンのCPUが使われるため、専用端末でしか採掘できないコインと比べても平等である点が大きな特徴です。

仮想通貨採掘のポイント

ここまで「暗号通貨の採掘とは何か」と「採掘が可能な暗号通貨」についてご紹介して参りました。ここからは実際に暗号通貨の採掘に必要なツールや方法について解説致します。

1:必要なツール
採掘に必要なツールは「パソコン」と「暗号通貨採掘用ソフト」、そして「得られた暗号通貨を保管するウォレット」の3つです。インターネットに接続できるパソコンさえ所有していれば、後は専用ソフトをインストールすることで簡単に始められるといわれています。

専用ソフトにも色々ありますが、初めての方であれば無料で個人情報の登録が不要なタイプを選ばれると良いようです。メールアドレスのみで登録でき、ソフトのインストール後すぐに暗号通貨の採掘が始められます。ウォレットもすでに用意されているため、改めて作成する手間もありません。

2:採掘のポイントとは?
世界的な注目を集めるようになったビットコインをはじめ、暗号通貨のマイニングは以前よりも活気づいており、その分パソコンに求められるスペックも高くなっています。発掘作業に多くの時間をかけたとしても、必ずしもそれだけの見返りが得られるわけではないので、そのことを念頭に置いておくといいでしょう。効率的な採掘のポイントとしてよく挙げられているのが「パソコンの性能」です。暗号通貨の発掘はパソコンのスペック・処理速度に大きく影響されるといわれています。発掘には可能な限り高スペックなパソコンを利用するほうがいいとはいわれていますが、その分の初期投資費用もかかります。そのため高額なパソコンをいきなり購入するのではなく、手持ちのパソコンで一度試してみるといいかもしれません。

そしてもう一つのポイントが、複数ある暗号通貨の中から「どれを選ぶか?」です。すでに大多数が掘られ、今もなお多くの人が発掘を続けているビットコインを採掘先に選ぶのはあまり得策ではないかもしれません。他の暗号通貨の中から未だ発掘が進んでいないものに挑戦してみるのもいいかもしれません。採算の高いコインの選ぶポイントは、「通貨としての価値が高く」、「発掘人数が可能な限り少ない」ともいわれています。そのため発掘に挑戦してみるのにメジャーどころのコインは狙い目とはいえないかもしれません。

実際に初めてみるまでは難しそうに思える採掘も、今ではパソコンさえあれば誰でも始めることができます。ビットコインやイーサリアム、リップルなど暗号通貨にはいろいろな種類・タイプがあるため、効率的に発掘する際はどのコインを選ぶか慎重に検討する必要があります。通貨の持つ価値が高いに越したことはありませんが、発掘を目的としたユーザーが集中するような、メジャーなものはあまりおすすめできないでしょう。その理由は、採掘の難易度が高いためです。また、発掘専用のツールが存在するコインも、あらかた掘り尽くされている可能性があるため、避けた方が良いかもしれません。

関連記事

コメントは利用できません。

bitFlyer

最近の投稿

新着記事

  1. ビットコインに関する法制度は世界各国で整備が進んでいる状況である、まだ途上にあるといえます。ビットコ…
  2. ビットコインに関する解説ではしばしば、ビットコインは特定の誰かによって発行や取引が管理されることのな…
  3. 香港はビットコイン取引が盛んな都市です。中国といえば金融機関によるビットコイン取引が規制された国とし…
  4. ビットコインについて調べていると欧米諸国や東アジア諸国の動向について報じられている記事を目にすること…
  5. 2017年の9月、ビットコインとライトコインとの間でアトミックスワップが成功したと報じられ、ビットコ…
  6. これからビットコイン投資に関わろうと考えて調べ物をしている方、あるいは既にビットコイン投資に携わって…
  7. ビザンチン将軍問題とは計算理論における合意形成の問題です。ビットコインは、ビザンチン将軍問題をプルー…
  8. ビットコインの情報を収集している際にしばしば目にするのがハードフォークという用語です。ビットコインを…
  9. 2017年の8月末から、ビットコイン関連の話題においてエストコイン(= Estcoin)という言葉を…
  10. ビットコインに関してリサーチを行っている方の中には、ビットコインが普及している国というと自然とギリシ…
ページ上部へ戻る