リップルとは

仮想通貨の中でも高い注目を誇るリップル。ビットコインと並んでよく知られていますが、実は仮想通貨ではないことをご存知でしょうか。実際の購入や取引所の利用するためには、リップルの正しい知識を身につけておく必要があります。相場の高騰や暴落といった不安要素や、今後どのように変動していくのかといった点を把握するため、ここではその特徴や誕生した歴史・背景、そして秘めたる将来性についてご紹介します。

 

リップルコインの特徴

1:リップルの正体
仮想通貨の一種として語られることの多いリップルコイン。実はこの言葉は存在せず、正しくはリップルと呼ばれ、金融商品の決済や送金に使われるシステムを指します。開発・運用はアメリカのRipple.Incによって行われ、金融機関で稼働している現行の送金システムよりも低コストで、より迅速な処理を目指しています。Ripple.Incの目指すシステムを端的に述べると「金融商品取引の間に仲介通貨を導入し、手続きのスムーズ化を図る」となります。最も身近な例を上げると、日本円とドルの関係が挙げられます。日本からアメリカへ送金が行われる場合、日本円は米ドルに両替した上で決済が行われます。この外貨への両替作業には銀行のような金融機関が仲介して処理が行われます。

こういった処理にはある程度の時間がかかるものの、日本円や米ドルといった取引量が多く、有名な通貨に関しては比較的早く両替が行われます。しかし、経済が不安定だったり、小国だったりといったマイナーな通貨に関しては早期の両替は行われず、処理完了までにだいぶ時間がかかるとされています。

2:リップルの仕組み
マイナーな通貨のように処理に時間がかかる手続きの迅速化を図るため、リップルでは仲介通貨の導入を試みました。この仲介通貨として使われるものが「XRP」なのです。従来、仮想通貨のリップルとはXRPを指しており、現在では仮想通貨の取引所を通じて購入できるようになっています。

ただし、一つ注意すべき点があります。それは、リップルは「IOU取引」であること。これは、信用できる個人の間のみで与信枠を決めた上で行われる取引を指しています。「信用に応じた与信枠を決めておけば、支払い手段は問わない」というのがこの仕組みです。今回の場合は、リップルによって構築されたネットワークシステムを利用しているユーザー同士であれば、自由にお金のやり取りができるということになります。この仕組みの欠点として、ネットワークシステムへのハッキングや取引所の破産が発生した場合、保有していた分が無価値になってしまうといったリスクが存在します。

 

リップル誕生の背景

2012年にRyan Fuggerによって考案されたリップル。ここではより深く理解するため、その誕生や歴史について振り返っていきたいと思います。

1:リップル誕生の背景
よく比較されるビットコインとリップルにはいくつかの違いが見られます。そして、その違いこそがリップル誕生の大きな理由となっているのです。リップルは、ビットコインの持つ弱点を補完し、より安定した迅速な送金を可能とするために、Ripple.Incでは「国際的でより安全な決済ネットワークの構築」と「スピーディーで確実、かつ低コスト、国際送金の実現」に重点を置きました。これにより、分散型金融技術に力がそそがれることとなったのです。

その結果誕生した送金システムがリップルであり、仮想通貨であるXRPです。その魅力は何と言っても数秒で完了する送金と、毎秒1,000件近くの取引をさばく処理速度にあると言えるでしょう。処理速度やその件数だけを比較すればビットコインやイーサリアムをはるかにしのぐ早さなのです。

2:リップルのたどってきた歴史
2012年の発表後、2014年には1XRPあたり0.61円の価格がつき、2015年にはその技術性の高さから世界経済フォーラムでテクノロジーパイオニア賞を受賞するほどまでに広く知られるようになりました。

2016年には、リップルの持つ送金システムに目をつけたみずほ銀行やりそな銀行をはじめとした、日本国内の銀行と海外に拠点を置く金融機関がRippleネットワークの採用を正式に表明しています。

2017年になるとさらに世界的に注目を集め、3月にはイギリスの中央銀行が全世界で即時グロス決済の実現を目指し、その実証実験にリップルを取り入れることを決めました。これにより資金移動システムの大きなリスクとなる、決済の停滞を解消する安定した運用の実現が可能となるのです。

同月31日には三菱UFJ銀行がRipple.Incと提携し、1XRPあたり3.3円の価格となっています。それ以降、現在に至るまでロックアップによる短期的な価格急落を迎えたものの、取引量が増えたことなどから37.1円にまでその価格を伸ばすに至っています。

 

リップルの将来性

1:値上がりに備えて投資しておくべき?
送金システムの一種であるリップルは、今のところ取引されるごとに消費されるといった、仮想通貨のような使われ方をしています。ただし、各国の通貨を両替・送金の仲介通貨として使われているのは、正しくはXRPであるという点だけしっかり把握しておきましょう。現在は世界中の大手企業がリップルに出資するといった流れが見られており、投資対象として有力視されている仮想通貨です。

ただし、他の仮想通貨より目立って価格が高騰しているわけでもなく、今後大きな価格変動を裏付ける理由もありません。そのため、現段階ではリップルが投資対象として優れているか、将来性があるかといった点は投資家個人の判断にゆだねられていると言えます。ビットコインのように高騰・暴落といった大きな動きが見られない分、安定した価格相場を維持している点が大きな特徴でしょうか。

リップルでは仮想通貨の保管に欠かせないウォレットの新規開設を停止しました。これはRipple.Incが企業をターゲットにした、BtoBビジネスを重視しているとの見解もあり、個人ではなく、企業に向けた利用を優先させているといった意見も出ています。

2:今後価格が高騰する確かな保証はない
価格の高騰によって長者まで生み出したビットコインの件もあり、2013年に誕生したリップルは「大きな価格の高騰を控えているのではないか?」といった見方も聞かれます。しかし、本質的に両者は異なるため、仮想通貨というくくりだけで今後の価値が上昇すると結論付けることはできないのです。

2013年の運用開始からまだそれほどたっていないため、世界での導入実績や具体的な利用環境、そして関連する法規の整備によって需給状況に変化が起こることが十分に予想されます。これからどれだけ企業参入が起こるかによっても、その将来性も大きく変わると言えるでしょう。現状は個人間の取引よりも、金融機関や企業間での取引に重点を置くような動きを見せている点もあるため、今後の動向から目が離せません。仮想通貨の一種として認識されることの多いリップルの正体は、安定した迅速な送金を目指した送金システムであることがお分かりいただけたと思います。実際に仮想通貨として機能しているのはXRPです。

ビットコインのように価格の高騰や暴落といった大きな変動はないものの、比較的安定した価格相場である点がリップルの特徴です。現段階ではまだ投資対象として大きな魅力を持つものではありませんが、今後の企業参入などの需給状況による価格変動が全くないとないとはいえないかもしれません。

関連記事

コメントは利用できません。

bitFlyer

最近の投稿

新着記事

  1. ビットコインに関する法制度は世界各国で整備が進んでいる状況である、まだ途上にあるといえます。ビットコ…
  2. ビットコインに関する解説ではしばしば、ビットコインは特定の誰かによって発行や取引が管理されることのな…
  3. 香港はビットコイン取引が盛んな都市です。中国といえば金融機関によるビットコイン取引が規制された国とし…
  4. ビットコインについて調べていると欧米諸国や東アジア諸国の動向について報じられている記事を目にすること…
  5. 2017年の9月、ビットコインとライトコインとの間でアトミックスワップが成功したと報じられ、ビットコ…
  6. これからビットコイン投資に関わろうと考えて調べ物をしている方、あるいは既にビットコイン投資に携わって…
  7. ビザンチン将軍問題とは計算理論における合意形成の問題です。ビットコインは、ビザンチン将軍問題をプルー…
  8. ビットコインの情報を収集している際にしばしば目にするのがハードフォークという用語です。ビットコインを…
  9. 2017年の8月末から、ビットコイン関連の話題においてエストコイン(= Estcoin)という言葉を…
  10. ビットコインに関してリサーチを行っている方の中には、ビットコインが普及している国というと自然とギリシ…
ページ上部へ戻る