ビットコイン詐欺にあわないために

近年、世界的に感染が広がったパソコインウィルス、ランサムウエア。このウィルスは、感染するとビットコインで身代金を要求されるという、パソコンウィルスの中でも新しい手口として特に話題に上がりました。通常の通貨よりもビットコインでの送金を要求した理由の一つに、現物の通貨と比べて追跡が困難となる為であろうと言われています。ビットコインは世界的な広がりを見せるとともに、犯罪の手口に利用され始めています。ビットコインが犯罪に利用される理由とは?またビットコイン詐欺に遭わない為にはどうしたらいいのでしょうか。

 

ビットコイン詐欺が増えている理由

ほぼ価値のない種類の仮想通貨をその価値以上の値段で販売したり、犯罪組織の身代金に使われたり、売買成立後にコインが振り込まれないなど、ビットコインを始めとした仮想通貨を利用した犯罪は、近年その数を増やしています。これからビットコイン投資やコイン購入を考えている人にとって、これらの事件は大変気になるニュースでしょう。ビットコインを始めとする仮想通貨には特定の銀行や政府といった中央管理機関が存在せず、常に第三者が取引を管理、記録し合いながら成り立っている通貨です。ブロックチェーンと呼ばれるこのシステムは、これまで存在し得なかった相互監視によって成り立つ画期的な金融管理システムであり、不正取引やサイバー攻撃などの犯罪を防ぐことが可能であると目されている一方で、特定の管理者が存在しない為、マネーロンダリングのリスクが高まるとも言われています。

ビットコインは個人間のアドレスへ直接送金され、取引されます。国や銀行による制限も無く、監視もされない、非常に遊動性の強い自由な通貨です。しかし逆に言えば、それはコインの不透明性を助長する事にも繋がります。この不透明性という特徴を狙い、ビットコインを利用した犯罪が跡を絶たないのです。また、ビットコインは他の仮想通貨の中でも特に価値が変動しやすい通貨と言われています。更に利用者数が増え続けている影響も相成り、価値が急激に上昇しています。たった数千円程度のビットコインを購入した人が、その数年後には、買った額の数十倍にも価値が変動しているという事も珍しくありません。変動性のある通貨という特徴が、他の通貨には無い大きな魅力となり、より犯罪に利用されやすい状況を生みだしていったのかもしれません。

更に、ビットコインは今までにない画期的なシステムにより管理されていると紹介しましたが、一定のプログラミング知識があれば、素人でも仮想通貨を創出が可能であるという事も、詐欺の数が減らない一因となっているようです。

 

ビットコイン詐欺で実際にあった事例

ビットコインが注目を浴びる中、私達が知っておかなければならないのはその詐欺手口です。実際に起こった詐欺の事例を知っておく事で、被害を未然に防ぐ事が可能です。仮想通貨には興味がないから、詐欺に遭う事なんてないと考えている人も多いかも知れませんが、たとえ保持していなくても、仮想通貨を使った詐欺に遭う可能性は大いにあります。まず仮想通貨を持っていない人が陥りやすいのが、新通貨の購入や投資を勧誘する詐欺。創出したばかりの頃は、価値がほぼ無い状態から始まります。その後、購入者や投資者が増えるにつれ、次第に価値が上がっていきますが、知名度も上がらずにそのまま廃れてしまう通貨も珍しくありません。

ビットコインやリップルといった通貨は世界的な広がりを見せました。創出した当初、数千円代で購入した価値の低かったビットコインが、数年後には数百万円まで価値が上がっていた、という話しも珍しくなく、ビットコインで大きな利益を出した人は実際数多くいます。その一方、現在ネット上に存在している仮想通貨の中には、ほぼ価値が無いと言われている通貨もあり、投資したとしても価値はほぼ上がりません。犯罪者は仮想通貨に対する知識が無い人に対し、先に挙げたビットコインで成功した人の事例を示した上で、仮想通貨の購入が如何に利益を得られるものであるかといった話を言葉巧みに持ち掛けます。ほんの数千円程度なら、と購入してしまう人も多いようですが、実際に売りつけられた通貨を調べると、殆ど価値も無く、利用もできないような通貨であるといった事例もあります。

更に、マイニング、つまりコインの採掘企業に対して投資を勧誘する詐欺集団も多くいるようです。マイニングを行っている企業に投資し、マイニングに成功すればその利益分を渡します、と謳った詐欺ですが、蓋を開ければマイニングを行っている企業でなかったり、成功例の低い企業が大きな額の投資を勧誘したりしているケースも少なくありません。このように購入していない人であっても、その情報の浅さに浸け込まれ、犯罪に巻き込まれてしまうのです。

 

ビットコイン詐欺にあわないようにするためには?

日本で仮想通貨と言えばビットコインが有名ですが、ビットコインと同様に、ネット通貨は無数に存在します。しかしその殆どが、詐欺集団が創り出したいわば殆ど価値の無い通貨と考えられています。近年、こうした仮想通貨を利用した詐欺が横行し、数多くの被害事例が上がっています。ここでは仮想通貨による詐欺に遭わない為の注意点を紹介したいと思います。

まず、詐欺集団は、金融庁が登録している正規の取引所や購入所で仮想通貨を販売しません。犯罪者の殆どが通貨の購入や、セミナーの勧誘を名目に近づき、通貨の存在を知らせてきます。セミナーではビットコインの話を持ち出し、どれだけ利益の出る投資であるのかといった話を持ち出し、投資に向けたレクチャーを施します。しかし、金融庁が登録している取引所以外で販売されている仮想通貨は全て偽物です。どれだけ通貨を購入しても価値が上がるという事はあり得ません。投資は誰かに勧められて始めるものではなく、自分から取引所に出向き購入するようにしましょう。

更に、価格保証や買取などを打ち出していたり、有名人や有名企業などの名前を持ち出して大々的に宣伝したりしているサイトも詐欺である可能性が高いと考えられます。そもそも、投資というのは、損をするか得をするのか分からないものです。全く利益が出ないものに投資目的でお金をかける人はいませんが、損を被る可能性を押し通しても利益が出る可能性にかけてみようという、ギャンブルのような感覚を持ち合わせていることも否定できません。そのため何かが保障されている、会社が確実に買い取ってくれるので安心、という言葉は、要注意フレーズです。

甘い言葉だけに乗せられて、蓋を開ければ大損していた、なんて事にならないようにしたいものです。私達が仮想通貨の詐欺に遭わない為には、仮想通貨や投資そのものの正しい知識を身に着ける事が何より先決です。残念ながらビットコインを利用した詐欺は、今後コインが普及していけばいく程、更に数が増えることになる可能性があります。ビットコインを運営するブロックチエーンシステムは非常に画期的な金融管理システムですが、マネーロンダリングリスクが高いとも言われています。

既に国際犯罪グループや過激派組織も資金調達にビットコインを利用していると、最近ではニュースでも取り上げられています。ビットコイン詐欺に遭わない為には、まずビットコインが持つリスクや危険性を知る事です。利便性ばかりに注目するのではなく、リスクを知った上で購入することを心がけるようにしましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

bitFlyer

ピックアップ記事

  1. 2017-7-27

    ビットコイン2.0とは

    次世代型暗号通貨で知られるビットコイン2.0。特定の仮想通貨を指しているように見えますが実はそうでは…
  2. 2017-6-27

    ビットコインのレバレッジ取引とは

    「レバレッジ」とはビットコインに限らず、FXなどの投資商品においてもよく耳にする言葉です。しかし、「…
  3. 2017-6-27

    ビットコイン投資のリスクとは

    ビットコインと聞けば何を想像するでしょうか。通貨に替わり得る新たな価値であったり便利な送金手段であっ…
  4. 通貨

    2017-2-14

    bitcoinの仕組み

    bitcoinについて初めて聞いた方の中には未知のものとして『bitcoinは怪しい!』と思う方もい…
  5. つくり

    2016-12-29

    ビットコインの仕組み

    ビットコインの始まり 2009年に運用が開始されたビットコインは仮想通貨の代名詞として世界中に広ま…
  6. 買う

    2016-12-29

    ビットコインの購入について

    一般的にビットコインの利用は、取引所や販売所などで購入することから始まります。初めて利用する方にとっ…
  7. 変動

    2016-12-29

    ビットコインの価格変動

    ビットコインは為替や証券と同様に価格が変動します。決済や送金に便利な仮想通貨ですが、それだけでなく価…
  8. 換金法

    2016-12-29

    ビットコインの換金方法

    ビットコインを換金できる場所は、取引所を始めとして徐々に増えつつあります。仮想通貨であるビットコイン…
  9. コイン

    2016-12-29

    ビットコインのウォレットを比較

    ビットコインウォレットとは? ビットコインを利用するためには必ず「ウォレット」が必要になります。現…
  10. 始める

    2016-12-29

    日本でのビットコイン利用

    世界中でその動向が注目されるビットコイン。日本でも取引所や販売所が複数整備され、都内を中心にわずかで…

ピックアップ記事

  1. 次世代型暗号通貨で知られるビットコイン2.0。特定の仮想通貨を指しているように見えますが実はそうでは…
  2. 「レバレッジ」とはビットコインに限らず、FXなどの投資商品においてもよく耳にする言葉です。しかし、「…
  3. ビットコインと聞けば何を想像するでしょうか。通貨に替わり得る新たな価値であったり便利な送金手段であっ…
  4. 通貨
    bitcoinについて初めて聞いた方の中には未知のものとして『bitcoinは怪しい!』と思う方もい…
  5. つくり
    ビットコインの始まり 2009年に運用が開始されたビットコインは仮想通貨の代名詞として世界中に広ま…
  6. 買う
    一般的にビットコインの利用は、取引所や販売所などで購入することから始まります。初めて利用する方にとっ…
ページ上部へ戻る