広がるビットコイン技術

ビットコインのセキュリティは様々な技術によって守られています。ビットコインのセキュリティ技術の一つは、分散型コンピュータネットワークシステムでありブロックチェーン技術とも呼ばれています。しばしばビットコインとセットで語られるブロックチェーンとは一体どのような技術なのでしょうか。ビットコインを世界中に普及させる一因となったブロックチェーン技術について、ここでは誕生の歴史や仕組み、この技術によって得られるメリットなどに焦点をあててご紹介します。

ビットコインで使われているブロックチェーン技術の仕組み

2009年に運用開始されたビットコインの核となる技術、ブロックチェーン技術はサトシ・ナカモト氏により考案されました。ブロックチェーンとは分散型のコンピュータネットワークを指しており、特定の管理機関を持たずに取引の運用を行うことができる画期的な技術です。ブロックチェーンの技術によってIT業界や金融業界には大きな革命が起きたことは非常によく知られています。

ビットコインの技術を活用することで、通貨の不正使用やハッキングのリスクを抑えることが可能です。ビットコインから生まれたブロックチェーンの技術は金融取引での使用のみにとどまらず、さまざまな分野への応用が進められています。ブロックチェーン技術の仕組みを見ていきましょう。

ブロックチェーン技術とは

ブロックチェーン技術である、分散型ネットワークとはデータの管理を一か所ではなく、世界中に存在するデータベースに分散して行う技術となります。データベースが様々な場所にあることで、万が一データベース上のどこか一部が破壊された場合にも、他のデータベースから簡単に複製することが可能です。

データベース自体がまとまって存在していないために、データベース全てを破壊することは極めて困難であり、セキュリティ対策として信頼のできる技術です。またブロックチェーンの技術は不正やハッキングを防止するだけでなく通貨と透明性という面でも有効な技術です。ブロックチェーンでは誰でも暗号化された取引台帳を閲覧することが可能です

ブロックチェーン技術はこうした分散型ネットワークの強みを十分に活かすことで、日々大量に取引されるビットコインの安全性を高めているのです。

 ブロックチェーン技術の仕組み

ブロックチェーンはその名の通り、「ブロック」と呼ばれるひと固まりのデータをチェーンのようにつなぎ合わせて管理しています。ブロックは分散されたデータベース内に保存されており、一つ一つの取引履歴である「トランザクション」と、データの真偽を検証する「ハッシュ」、そしてセキュリティに用いられる「ナンス」の3つから成り立っています。

 

ブロックが確定する前には必ず承認の作業を行います。台帳に保存されたハッシュから、最新ブロックと一つ前のブロックのハッシュ一致しないことが分かると不正とみなされます。不正が見つかった場合には、別のデータベースの値を基に正しいブロックを復元することで、外部からの不正アクセスを無効化できるわけです。

 

ブロックチェーン技術のメリットとは

ビットコインでも採用しているブロックチェーン技術については様々なメリットがあります。ブロックチェーンを活用するメリットについてまとめてみましょう。

1.高い安全性と信頼性

ビットコインを支えるブロックチェーン技術はその仕組みによって高い安全性と信頼性を備えています。これが一番のメリットと考えて良いでしょう。取引ごとに暗号化した署名が用いられるため、なりすましによる不正も困難です。また、取引データは過去のものと紐づけされた状態で保存されており、部分的な改ざんも難しくなっています。

 

取引データが記録されている台帳は、外部から参照できるようになっています。そのため、不特定多数の人が常にデータの改ざんや不正なアクセスを監視可能としている点も堅牢なセキュリティを築く大きな要因と言えるでしょう。さらに、中央管理型のシステムと比べて、トラブルによるシステムダウンもなく連続的に稼働ができることから、そのセキュリティや機能は既存のシステムに負けてはいません。

取引データはリアルタイムで正確に記録されているので、データの正確性を検証する必要もありません。

2.低コスト

金融取引にかかわらず、仲介役が存在する場合は相応の手数料が必要となります。ビットコイン取引にも一定の手数料は存在するものの、運営母体や仲介役となる存在が必要ないため仲介手数料が発生しません。ビットコインの取引はこれにより取引の手数料を0円から数十円程度に抑えることが可能であり、特に海外送金では銀行経由の送金に比べ、時間と金額の両方を大きく削減することに成功しています。安全な送金手続きに加えて手数料が極めて安いあたりも、ビットコインが世界中で広まった大きな理由であると言えます。

ブロックチェーン技術はビットコインの一システムとして認識されていることが多く、あまり気に留める人は多くないかもしれません。しかし、ビットコインの持つメリットの多くはブロックチェーン技術によってもたらされているものです。その技術はビットコインのみに留まることなく、食品や不動産取引など、多くの分野に取り入れられています。あらゆる取引において高い信頼性と安全性を発揮するブロックチェーン技術は、今後あらゆる分野の発展において大きな存在感を持つことでしょう。

ブロックチェーン技術の応用事例

ブロックチェーンの技術はビットコインの認知拡大により、その信頼性の高さから他の分野にも多く導入されるようになりました。ブロックチェーン技術はビットコイン以外にどのような分野で活用されているのでしょうか。次にビットコインを支えるブロックチェーン技術が多くの分野で応用、活用されている事例についてみていきましょう。海外と国内にわけていくつかの構想や事例をご紹介します。

1.不動産取引

まず紹介させていただきたいのが不動産取引にブロックチェーンが使用しようとする構想です。スウェーデン政府は土地を始め、不動産の取引の登記にブロックチェーン技術を導入するテストを始めています。ブロックチェーンに登記データを書き込むことで、手続上のミスを軽減するだけでなく、売買におけるプロセスを透明化することとなります。

スウェーデンの場合、土地の取引には日数を要し、後日別途費用を支払う必要があるなど時間的にも費用的にもコストがかさむとされてきました。ブロックチェーンを取り入れることができれば、土地の情報や取引について詳細に記録しておけるため、低コストでスピーディーな土地の権利譲渡ができると期待が寄せられています。

2.助成金・補助金管理

助成金や補助金の管理にもブロックチェーンの技術を利用しようとする試みがあります。イギリスでは助成金や補助金の管理・監視にブロックチェーン技術の導入を進めています。これが実現すれば、データの利用か容易になるだけでなく、不正によるリスクを大幅に抑えることができるようになります。

3.スマートコントラクト

IBMでは家庭用洗濯機にIoTを搭載し、ブロックチェーン技術の導入試験を行いました。その狙いは洗剤の残量管理を行い、不足すると自動的に洗剤の小売業者へ供給依頼することにあります。こうした仕組みをスマートコントラクトと呼び、主として顧客と業者と言う当事者間のやりとりが行われます。このやりとりに仲介となる第三者期間は存在しません。ブロックチェーン技術は契約や取引を記録するシステムとして使用することもできるのです。

4.ヘルスケア・医療データ管理

米国の企業ではブロックチェーン技術を使って、個人のヘルスケアに関するデータをより安全に記録管理するサービス開発を進めています。健康への関心が高まる中で、こうしたデータの管理は医療機関との連携や個人の健康管理において重要視されており、偽造医薬品を防止するための開発も進められています。

ブロックチェーン技術の持つ信頼性や安全性はあらゆるサービスに応用できるものであり、IT業界や金融業界など特定の業界に留まらず、現在では不動産取引や事務処理、医療現場での技術導入を見込んで積極的な研究開発がすすめられています。ビットコインでしか聞くことのなかったブロックチェーン技術がより身近な存在となる日も近いのかもしれません。

関連記事

コメントは利用できません。

新着記事

  1. みなさんは仮想通貨、いわゆる暗号通貨に対して、どのようなイメージを持たれているでしょうか。匿名性も高…
  2. ビットコインを始めとした仮想通貨の利用者数が年々増加しています。仮想通貨は365日24時間いつでもネ…
  3. オーガー(Augur)と呼ばれる仮想通貨をご存知でしょうか。仮想通貨の中ではビットコインが有名ですが…
  4. 仮想通貨を語るうえで必ず話題に挙がるのが匿名性についての項目があります。ビットコインは匿名性が高いと…
  5. 仮想通貨についての記事を読んでいる方の中には仮想通貨『イーサム』とセットで、『ダオ(the DAO)…
  6. ビットコインはブロックチェーンやマイニングなど多くのアルゴリズムによって、安定したシステム運用とサー…
  7. ビットコインの投資を考えているけれど、なかなか踏みきれない、二の足を踏んでしまうという方も多いのでは…
  8. ビットコインの購入を考えていらっしゃる皆さんにとっては、どのような税金がかかるのかは気になることでは…
  9. イーサリアムクラシックという仮想通貨を御存知でしょうか。「イーサリアムは知っているけれど、イーサリア…
  10. ビットコインというと、中国やギリシャなどのイメージが強いかもしれませんが、アメリカでもビットコインは…
ページ上部へ戻る