ビットコインが分裂した? 

ビットコインが分裂した、というニュースが最近取沙汰されていることをご存知でしょうか。ビットコインいえば、価格の高騰が話題となったり、最近では大手家電量販店、格安航空会社で相次いでビットコイン決済を導入したりと、何かと注目されています。果たして、ビットコインの分裂とは一体何が起こり、どのような状況なのでしょうか。私達を取り巻く経済にもビットコイン分裂の影響があるのかなどまとめてみました。

ビットコインが分裂した原因は?

既に国内でも認知が広まっているビットコイン。数年前に比べると、ビットコインの利用者やビットコイントレーダーは何倍にも増えてきているといわれています。昨年には仮想通貨に関する法律が制定されたことにより、今後もさらにビットコインユーザーが増えていくのではないかと予想されています。しかし最近、このビットコインが分裂の危機に直面しているというニュースが流れました。分裂と聞き、慌てたユーザーも少なくないかもしれません。

まず、分裂問題を説明する前に、ビットコインを取り巻くシステムについてご紹介します。ビットコインはブロックチェーンと呼ばれる分散型台帳システムにより、その価値を決定、取引の承認を行っています。ブロックチェーンとは、一定数単位の取引の情報を1つのブロックにまとめ記録を行っています。ブロック内には前回の取引をハッシュ値で記載を行っていますので、それぞれのブロック、それぞれの取引は鎖のように繋がった情報として記録されています。ビットコインの取引では不正な取引や改ざんがあった場合白ハッシュ値が一致しないために、データの改ざんや変更を行うことは事実上不可能であるといわれています。ビットコインのシステムは、従来の通貨管理システム以上に高いセキュリティが保たれており、また万が一ハッキング等の攻撃を受けた場合においても早急な復旧が可能であるという画期的なシステムです。ではなぜビットコインが分裂したのかその理由をご説明します。

ビットコインは他の通貨のように中央管理者が存在しないにも関わらず、混乱も起きず、またデータの改ざんも行われないのは、堅牢なシステムの構築であるブロックチェーンにようものであるといわれています。ところが近年、ビットコインのユーザー数が急増した事でビットコインの取引が急増、取引を纏めるブロックの容量不足が深刻化しているといわれています。結果、ビットコインを用いた送金や決済には、これまで以上の長い時間がかかるようになっています。取引処理の遅延は、多くのビットコインユーザーやマイナー(採掘者)から不満となり上がってきていました。そこで、ビットコインでは決済承認までの時間を短くする為に、ブロックの容量を増やそうという動きが起こりました。

しかし、その方法に関してマイナーやコイン運営者(取引所)などの間で意見が分かれてしまったのでした。当初提示されていた方法は2案。UAHF(ハードフォーク)、UASF(ソフトフォーク)という2つのシステムです。UAHFはブロック容量を1MB大きくする方法であり、特にマイナーから指示を得たシステムです。一方UASFは各取引データの容量を小さくする事でブロックの空き容量を広げるという方法であり、特に取引所などから支持を得たシステムです。

UAHFは従来のシステムとの互換性がないシステムでありUASF 、Segwitと呼ばれるシステムでは従来システムとの互換性があるという違いもあります。UAHFとUASFどちらのシステムを採用すべきかという意見の対立は、並行しまさに分裂の危機に直面してしまいました。

そこでSegwit2xと呼ばれる、ブロック容量を大きくした後に、取引データを圧縮するという折衷案が提示されました。このSegwit2xは多くの支持を集め、一時はコイン分裂の危機を脱したかと思われました。しかし大手採掘者であるViaBTCが8月1日よりUAHFに基づいたビットコインキャッシュ(BCC)を適用させる旨を発表。これにより、コインの分裂は避けられない状況となってしまったのです。

上記の動きにより、ビットコインの分裂が決定的となり、新たな仮想通貨も本格始動する事となりました。

ビットコイン分裂の影響は?

ビットコインの分裂により、ビットコイン利用者にはどのようなことが起こり、今後どのような影響があるのか見ていきましょう。

まず、分裂と言っても、ユーザーの手持ちのコインが急に半減する、もしくは違う種類のコインにすり替えられるというような問題は起こりませんでした。それでは何が起こったのか。日本におけるほとんどの取引所ではビットコインユーザーに向けて、手持ちのビットコインと同等数だけの新たな仮想通貨が配布されました。新たに配布された仮想通貨はビットコインキャッシュと呼ばれる通貨です。ビットコインキャッシュとビットコイン、名前を聞けば似ている気もしますが、ビットコインキャッシュはビットコインと全く異なる新しい通貨です。両通貨の最大の相違点は、その容量の大きさにあります。

ビットコインはSegwit2xを適用する為、今後は容量1MB以上大きくしていく意向ですが、ビットコインキャッシュのブロック容量は8MBに設定されています。前述したとおりこのビットコインキャッシュがビットコインユーザーに同等数配布されましたが、同等であるのは通貨の数量だけであることに注意しなければいけません。ビットコインキャッシュの価値自体はこれからの取引状況によって決定されていくといわれています。よって、ビットコイン自体のレート変動も加味すると、新コイン配布以前・以後にはコイン全体の価値が増加する下のか、減少したのかということを正確に言及されていません。

今後、ビットコインキャッシュの価値がどのような変遷を辿るのか、暫くはどのユーザーも静観するかと思われます。ビットコイン分裂の影響はその他に一部の取引所は混乱によるハッキングなどを防止するために一時的に取引の停止を行うなど、ビットコイン自体の取引についても若干の影響が出たそうです。

取引所の行ったビットコイン取引の停止についてはあくまでも一時的な措置であり、大きな問題とはなりませんでした。とはいえ、これから先ビットコインの容量変更の際には同様の対立や議論は続くことは今後も問題となってくるでしょう。取引所の一時停止自体も、今後頻繁に起こり得る場合にはビットコインの市場動向についても影響が現れることもあるかもしれません。

またビットコイントレーダーについてはしばらく状況が安定するまで、頻繁に取引所の発表をチェックされるとよいでしょう。

ビットコイン分裂前後の価格は?

8月1日の午後9時過ぎにビットコインは予定通り分裂し、ユーザーの多くがその先行きを観視している状況が続いています。既存のユーザーにとってはもちろんですが、ビットコインをこれから利用したいと思っている人にとって最も気になるのは、価格変動ではないでしょうか。

分裂前にはビットコインの価格は高騰し、一時は33万円台まで上昇したという報道もありました。ビットコインキャッシュへの期待から、駆け込み需要が相次ぎ、この高騰に繋がったのだと考えられています。一時は上昇した価格は、その後31万円辺りを推移し、8月1日を境にビットコインキャッシュがいよいよ誕生した頃には大きく下落し、28万円まで下がりました。取引所ではビットコインの安全性が確認できるまでは通貨の出入金を停止するなどの若干の混乱もあり、分裂直後についてはビットコインの先行きの不透明性について不安視される傾向も見られました。

しかしその後は徐々に価格も水準に戻り始め、取引所でも運営を再開しました。新たに誕生した仮想通貨についても状況が安定し継続性が確認されれば、売買などの取り扱いが開始される予定です。ビットコインの分裂に際しまして、直後に乱高下が見られたものの、その後は特に大きな混乱や問題も生じず、価格は再び高騰し、8月半ばにはビットコインの価格は40万円台にまで上がりました。分裂後も目立った騒動も起こらず、価格も安定しているという状況を見た多くのユーザーの間に安心感が広がり、ビットコインの利用者数が増えたこと、日本を取り巻く各国の政治情勢が緊迫する中で、株式や債券などの資産をビットコインに換えてリスク回避を行おうと考えるトレーダーが増加した事が原因であると考えられています。

まだまだSegwitのアップデートなど、更なる議論の種が残されておりますので、今後もしばらくビットコインの価格変動について注目する必要があります。

ビットコインの分裂と聞いて驚いた方も少なくないのではないでしょうか。ビットコインの分裂はコイン利用者数の急増がその背景にあることは間違いありません。仮想通貨は確実に、現代社会に広がってきており、仮想通貨への投資を行っている方も少なくないごとでしょう。今後は仮想通貨を用いた決済が徐々に当たり前となるかもしれません。利用者が増えるにつれ、ビットコイン以外の仮想通貨について分裂する通貨があるかもしれません。今後の仮想通貨の未来を占う上でも、ビットコインや新たに誕生したビットコインキャッシュの価格変動からは目が離せません。

関連記事

コメントは利用できません。

新着記事

  1. みなさんは仮想通貨、いわゆる暗号通貨に対して、どのようなイメージを持たれているでしょうか。匿名性も高…
  2. ビットコインを始めとした仮想通貨の利用者数が年々増加しています。仮想通貨は365日24時間いつでもネ…
  3. オーガー(Augur)と呼ばれる仮想通貨をご存知でしょうか。仮想通貨の中ではビットコインが有名ですが…
  4. 仮想通貨を語るうえで必ず話題に挙がるのが匿名性についての項目があります。ビットコインは匿名性が高いと…
  5. 仮想通貨についての記事を読んでいる方の中には仮想通貨『イーサム』とセットで、『ダオ(the DAO)…
  6. ビットコインはブロックチェーンやマイニングなど多くのアルゴリズムによって、安定したシステム運用とサー…
  7. ビットコインの投資を考えているけれど、なかなか踏みきれない、二の足を踏んでしまうという方も多いのでは…
  8. ビットコインの購入を考えていらっしゃる皆さんにとっては、どのような税金がかかるのかは気になることでは…
  9. イーサリアムクラシックという仮想通貨を御存知でしょうか。「イーサリアムは知っているけれど、イーサリア…
  10. ビットコインというと、中国やギリシャなどのイメージが強いかもしれませんが、アメリカでもビットコインは…
ページ上部へ戻る