ビットコインキャッシュとは?

2017年8月1日にビットコインが分裂をしたというニュースは大きな話題となっています。新たにビットコインキャッシュという通貨が生まれたというニュースを聞き驚いた方も少なくないかもしれません。ビットコインキャッシュってなに?分裂ってどういうことだ?と困惑している人もいらっしゃるかもしれません。

ビットコインキャッシュとはいったいどのような通貨で、ビットコインと比べどのような違いがあるのでしょうか。またそもそも何故ビットコインは分裂してしまったのでしょうか。本年8月1日に新たに誕生したビットコインキャッシュという通貨についてご紹介します。

ビットコインキャッシュとは?

ビットコインという名前は今や知らない人はいないことでしょう。とはいえ、ビットコインを利用したことがないという方もまだまだ多いかもしれません。ビットコインの最大取引所が破綻したというニュースも記憶に新しく、ビットコインについては一部利用者だけの世界の話しであると思っている人もいらっしゃるかもしれません。しかし近年、ビットコインを始めとする仮想通貨の投資に注目が集まり、1ビットコイン当たりのレートは高騰傾向にあります。数ある仮想通貨の中でもビットコインは際立った存在であり、利用者を増やしています。そんな注目を集めるビットコインに、新たなコインが派生した事をご存知でしょうか。ビットコインから派生したコインは、ビットコインキャッシュと呼ばれ、今後の展望に注目が集まっているのです。

ビットコイン取引が増大になるにつれ、取引情報を記載するブロックチェーンにはより多くの情報を記載する必要があります。ところが、ビットコインのブロックサイズが1メガバイト(MB)に制限されているために、大きなブロックについては無効なものとして自動的にブロックチェーンのネットワークから排除されるという問題が起きています。これはビットコインのスケーラビリティの問題として、取引手数料の増加や、ブロックに収まらない取引の遅延を引き起こしているといわれています。

スケーラビリティの問題は通貨利便性に関わる申告な問題になっており、欧米を中心に様々な議論がなされ、複数の解決策が唱えられています。ビットコインのスケーラビリティ(拡張性)の問題解決策として生まれたのが、ビットコインキャッシュです。ビットコインキャッシュは、2017年8月1日にビットコインをハードフォークして誕生した新たな通貨です。

ハードフォークとは、既存の仮想通貨ソフトウェアで有効であるとみなされない場合に新しいブロックを作れるようにするルールの変更であり、ハードフォークにより生まれた通貨はビットコインキャッシュ以外にもイーサリアムクラシックなどがあります。ビットコインキャッシュではビットコインでは1MBであったブロックのサイズを8MBまで拡大させる事が可能となりました。

2017年8月1日にはなにが起こったの?

ビットコインキャッシュが生まれた背景では何が起きていたのでしょうか。

ビットコインのスケーラビリティ問題の解決策にはUAHFタイプ(ハードフォークタイプ)と、システムと互換性のあるUASFタイプ(ソフトフォークタイプ)と呼ばれる2つの解決策が協議されていました。UAHFは、各取引をひとまとめに保管しているブロックサイズを、1MBであったものを段階毎に増加させるという考えであり、このUAHF案には大手の採掘者から支持を得ていました。一方UASFとは、一つ一つの取引サイズを圧縮する事でブロックの空きスペースを増やす、Segwitと呼ばれるシステムを導入する案です。UASF案には主にシステム開発者や取引所などが支持していました。

2案で対立が起こるかと思った矢先、殆どのマイナー達がSegwit導入を支持しました。このことから、7月23日にはSegwit以外のブロックを拒否する処置、BIP91が実施されました。ところが8月1日にUAHF側のマイナー達がSegwit導入に対抗する為にビットコインキャッシュと呼ばれるビットコインの派生コインを立ち上げたのです。

ビットコインキャッシュの扱いについては、各取引所によってまちまちでした。

ビットコイン保有するユーザーに同量のビットコインキャッシュを割り当てた取引所もあれば、ビットコインキャッシュ自体を扱わない取引所もありました。

ただビットコインをビットコインキャッシュに切り替えるという変更ではございませんでしたので、ビットコイン相場に影響はあったものの、これまで保有していたビットコイン自体がフォーク(分岐)により、なくなるということはありませんでした。

 

2017年8月1日以降、ビットコインキャッシュが配布されたユーザーについては無料で保有するビットコインと同数のビットコインキャッシュが手に入ったという事となりますので、得をしたと捉える利用者が多かったようです。とはいえ、ビットコインキャッシュの配布を受けたユーザーと受けられないユーザーが存在した事で多少の混乱も生じたようです。分裂前には、多くの波紋を呼び、ビットコイン利用者の不安を掻き立てていたビットコイン分裂問題でしたが、ビットコインキャッシュが上場された際には大きな混乱はありませんでした。

 

ビットコインキャッシュの価値は?

 

配布された1BCH(ビットコインキャッシュ)については一時的に12万円程の価格にまで上昇したものの、予想よりもビットコインキャッシュを支持するマイナーが少なかった為に、第一回目となるビットコインキャッシュの採掘には6時間程度の時間を要する事となりました。

このため、ビットコインキャッシュの価格は緩やかに下降を続け、一時期は数千円代にまで下落しました。ビットコインキャッシュの価格はそのまま下落の一途を辿るのかと思われましたが、再び数万円代にまで高騰するなど乱高下を繰り返しています。そもそも価値の無い通貨に、短期間で数万円代まで価値が付くという事自体が非常に珍しいとも言えます。

とはいえ、今回のハードフォークでは事前に定められていたような分岐方法と異なり、今までのビットコインの取引履歴をコピーするような形式であったためにマイナー達の混乱を招きました。マイナーの支持を得られない点において、仮想通貨であるDASHの運営を行っている、Dash Coreからは、「ビットコインキャッシュはブロックサイズを大きくするという変更を行っているものの、実際の承認作業はそれに見合うほど活発でなく、仮想通貨としての信頼性が追いついていない。」とのことから、ビットコインキャッシュは短命に終わるのではないかという見解を述べています。またビットコインキャッシュがビットコイン補完通貨として市場に出回ることで、何もないところから新たな通貨が生まれることとなりますので、同様の分岐を誘発することになるのではないかという声も上がっています。その場合ビットコイン自体の信頼性を大きく揺るがすこととなります。今回のような強引なフォークは避けていくべきでしょう。

ビットコインキャッシュの今後としては、予想が難しい状況でございますが、ビットコインから派生したコインであるということは別として、その他の仮想通貨と同様にビットコインと全く異なるものとして新たなアルトコインのひとつとなるという道も考えられます。

また本家のビットコインについてもSegwitが8月中に有効となった後には、ブロックを2MBに拡大するハードフォークが計画されています。この計画についても賛成派、反対派が対立していることから、新たな派生コインが誕生する可能性は0ではありません。

ビットコインとビットコインキャッシュについて新たな情報がございましたら随時お届けさせていただきます。

関連記事

コメントは利用できません。

bitFlyer

最近の投稿

新着記事

  1. ビットコインに関する法制度は世界各国で整備が進んでいる状況である、まだ途上にあるといえます。ビットコ…
  2. ビットコインに関する解説ではしばしば、ビットコインは特定の誰かによって発行や取引が管理されることのな…
  3. 香港はビットコイン取引が盛んな都市です。中国といえば金融機関によるビットコイン取引が規制された国とし…
  4. ビットコインについて調べていると欧米諸国や東アジア諸国の動向について報じられている記事を目にすること…
  5. 2017年の9月、ビットコインとライトコインとの間でアトミックスワップが成功したと報じられ、ビットコ…
  6. これからビットコイン投資に関わろうと考えて調べ物をしている方、あるいは既にビットコイン投資に携わって…
  7. ビザンチン将軍問題とは計算理論における合意形成の問題です。ビットコインは、ビザンチン将軍問題をプルー…
  8. ビットコインの情報を収集している際にしばしば目にするのがハードフォークという用語です。ビットコインを…
  9. 2017年の8月末から、ビットコイン関連の話題においてエストコイン(= Estcoin)という言葉を…
  10. ビットコインに関してリサーチを行っている方の中には、ビットコインが普及している国というと自然とギリシ…
ページ上部へ戻る