ビットコインの売り方について

売る

ビットコインの売り方

ビットコインは購入後、決済や送金に利用することができますが、購入だけでなく売却もできることをご存知でしょうか。ビットコインを売り、換金をおこない「現金化」することや、価格変動を利用した「投資運用」が可能となります。中にはビットコイン長者と呼ばれる投資成功者も出てきており、ビットコインを利用した投資への関心はますます高まってきています。では、実際にどこでどのように売ればよいのでしょうか。今回はビットコインの売り場所や売り方についてご紹介します。コイン

ビットコインを売る

電子マネーは一度チャージしたら、支払い以外に利用することはできません。しかし、指定の取引所であれば相場に応じた価格でビットコインを売却することはできます。価格変動する性質を活かして外国為替取引や現金化が行えるようになるなど、その時の自分のニーズに応じて運用できる点がビットコインのメリットの一つです。ビットコインの売却に条件はなく、保有している人であれば誰でも売却取引が可能です。持つ

ビットコインはどこで売ったらいいの

それではビットコインはどこで売ればよいのでしょうか。売却は一般的に「販売所」か「取引所」で行います。販売所は「ビットコインを取り扱う企業と取引」を行い、取引所は用意されたインターネット上にあるビットコインのトレードの場で「買い手と売り手が直接取引」を行う場所です。販売所ではビットコインを手軽に入手できる点が便利ですが、売買には手続きに応じた手数料が設定されています。そのため販売所の方が購入額はわずかに高く、売却額が少し低くなる傾向にあります。販売所で取引に慣れてきたら、取引所などでビットコインを売るのもいいかもしれません。取引

損しないビットコインの売り方とは

ビットコインの損しない売り方のポイントは2つです。

・価格変動を意識する・平均売買価格を把握する
・平均取引額に見合った売り注文を出す

ビットコインは株のように売買によって発生する差額によって利益にも損失にもなるため、価格の動向には常に気を配る必要があります。また、需要と供給の動きによって価格変動を続けるため、売却検討時にはこれまでのビットコインの売買価格を把握しておくとよりいいでしょう。相場に見合わない金額で、ビットコインを売りに出しても取引が成立しない可能性があるため注意しましょう。

img_7987

ビットコインの売却は販売所、取引所どちらでも可能です。しかし、販売所での取引には手続きに応じた手数料が設定されており「購入時には少々高め」、「売却時にはわずかに安く」といった価格の調整が行われています。ビットコインの取引の仕方を理解するまでは販売所を利用して、ビットコインの取引に慣れたら売却は取引所で行うといった方法を取る人もいるようです。売却時に掛かる手数料やビットコインの相場を踏まえ、損をしない売り方をしましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

新着記事

  1. ビットコインに関してリサーチを行っている方の中には、ビットコインが普及している国というと自然とギリシ…
  2. コイン
    ビットコインは、為替相場と同じくその価値は日々、変化しています。 ではビットコインの値段はどのよう…
  3. 大手銀行JPモルガンとの提携が話題となった仮想通貨、ジーキャッシュ(Zcash)をご存知でしょうか。…
  4. アプリ
    現在、世界中で様々なメッセージアプリが利用されています。 日本では、多くの方が「LINE」を利用し…
  5. 日々更新される仮想通貨についてのニュースの中でも、lisk(リスク)についてのニュースが話題を集めて…
  6. 仮想通貨の種類は急速な勢いで増加している傾向があり、その数は1000種類を超えると もいわれます。…
  7. ビットコインをはじめ多くの暗号通貨では採掘と呼ばれる方法で新規の通貨発行を行っています。暗号通貨のメ…
  8. 仮想通貨というとビットコインやイーサリアムなどをイメージされる方も少なくないと思います。現代、仮想通…
  9. 投資といえば株やfxが最も輝いていた時代から変化の色を見せ、近年はビットコインを含めた仮想通貨が投資…
  10. 現在仮想通貨の市場は急激に拡大してきています。なかでもビットコインは依然として仮想通貨内の時価総額ラ…
ページ上部へ戻る