イーサリアムクラシックとは

イーサリアムクラシックという仮想通貨を御存知でしょうか。「イーサリアムは知っているけれど、イーサリアムクラシックという名前は聞いたことがない」という方もいらっしゃるかもしれません。しかし、イーサリアムクラシックは今かなり注目されている仮想通貨のようです。ここではそもそもイーサリアムクラシックとは何なのか、また誕生のきっかけとイーサリアムとイーサリアムクラシックの違いは何なのか、将来性はあるのかなどについて、詳しく見ていくことにしましょう。

イーサリアムクラシックとは

イーサリアムクラシックは2016年7月に誕生した、比較的新しい種類の仮想通貨の名前です。イーサリアムクラシックの単位はETCとなります。名前からも分かる通り、イーサリアムクラシックはイーサリアムから派生した仮想通貨です。ビットコインやイーサリアムに比べるとまだまだ認知度は低いと言わざるを得ませんが、日本でも購入できる取引所ができたことで、国内の仮想通貨の投資家の間でもかなり周知されるようになってきました。今年(2017年)に入ってイーサリアムクラシックの需要は拡大している傾向があり、年初に比べるとおよそ通貨の価格が10倍になるなど、イーサリアムクラシックの今後の動向に注目が集まっています。

イーサリアムクラシックの仕組み

イーサリアムクラシックの仕組みはイーサリアムと基本的には同様で、スマートコントラクトを採用しています。スマートコントラクトとは直訳すれば「賢い契約」という意味になるのですが、仮想通貨において取引の履歴、契約が行われたという履歴を記録することを指します。スマートコントラクトの技術は、ブロックチェーンと組み合わせて適用することで記録できる情報が格段に多くなります。

イーサリアムクラシックを手に入れるには

ETCは日本ではcoincheckもしくはbitFlyerなどの取引所でも購入することが可能です。もちろん海外の取引所からも購入できますがサイトが全て英語で表記されているため、英語が堪能な方でないと少しハードルが高く感じてしまうかもしれません。「まずはイーサリアムクラシック値動きだけ知りたい」という方は、取引所サイトをご覧いただくことで、チャートだけをチェックすることも可能です。

イーサリアムクラシック誕生のきっかけ

イーサリアムクラシックを理解するうえでキーワードとなるのが「Code is law」.という言葉です。直訳すると「ソースコードが法律だ」。つまり、ETCは他の仮想通貨と同じく中央集権を持たない自由な通貨であり、ソースコードがすべての基準であることを表しているのです。イーサリアムクラシックがこの文言を掲げるのにはイーサリアムクラシック登場の背景に理由があります。

2016年6月、世界の仮想通貨の中で時価総額2位のイーサリアムが何者かによってハッキングされるという事件が起こりました。この事件はDAO事件と呼ばれ、仮想通貨イーサリアムのハードフォークとしてイーサリアムクラシックが生まれたのはこの出来事がきっかけとなります。

The DAOとはドイツの「Slock.it」が始めたプロジェクトであり、分散型のコンピューターの中に出来た組織です。The DAOには、代表者や責任者がいません。またプログラムコードで定義されており、非集権的、自律的な新しい形のものとなるため、組織解散することはできません。The DAOのプロジェクトは、クラウドファンディングプロジェクトとしては当時最高額となる150億円相当の資金を集めました。The DAOでは、イーサリアムでも使用されているスマートコントラクトの技術を利用しており、DAOに参加するためのDAOトークンを保有するには、イーサリアムを取得し、イーサリアムをThe DAOに送金する必要があったのです。

ところが、このThe DAOのプロジェクトが悪意のあるハッカーによってハッキングされるという事件が起こりました。これにより、当時TheDAOの資金としてプールされていた資金の中の約50%、364万1694ETH(日本円にしておよそ52億円相当)のイーサリアムコインが不正に送金されるということになったのです。

この事件に対する措置として、運営側はハードフォークと呼ばれる手段によってルールの書き換えを行いました。ハードフォークの実行により、不正に取得したイーサリアムは無効とされ、ハッキング自体がなかったものとされたのです。この措置は多くの投資家から指示されました。しかし一方で、一連の事態は内部分裂ももたらしました。「中央集権を持たないイーサリアムに対し、強制的に書き換えが行われるのはおかしい」と主張する人たちもいました。そうした流れのなかで、ハードフォークに反対した一部の技術者達が集まって生み出したのがイーサリアムクラシックです。

イーサリアムクラシック誕生当時はなかなか支持を得られず、このまま消えてしまうのではないかとも言われていました。実際、リリースされてから半年間は価格も低空飛行を続けていました。ところがイーサリアムクラシックを大手の取引所が取り扱いを開始したことにより認知度が一気に高まり、イーサリアムクラシックは今や時価総額第12位にランクインする仮想通貨となりました。

イーサリアムクラシックとイーサリアムの違い

イーサリアムクラシックとイーサリアムの決定的な違いは、「ハードフォークを導入しているか否か」という点です。イーサリアムクラシックはハッキング事件を経て誕生した仮想通貨であるために、イーサリアムと比較してもより安全性に優れている通貨であると言うことができます。反面イーサリアムが多大の資金と技術者を抱えている一方、イーサリアムクラシックはまだまだ資金も技術者も十分とは言えないという現状があります。

イーサリアムクラシックの将来性は?

最後にイーサリアムクラシッククラシックの将来性について見ていくことにしましょう。イーサリアムクラシックは前述の通り、より安全性を重視した仮想通貨であるため、拡張性に欠けるという弱点があります。「小さくまとまっている」といわれることがあるよう、イーサリアムに比べると、市場規模はまだまだ拡大していない状況です。
イーサリアムクラシックが今後、いかにより多くの投資家に存在をアピールし、多額の資金と多数の優秀な技術者を獲得していくか、イーサリアムクラシックの将来性を占ううえで、大きな課題となっていくでしょう。

イーサリアムクラシックの価格推移は、リリース当初と比べるとおよそ1000倍に値上がりしています。今年5月、日本の大手自動車企業がイーサリアムクラシックに参入するとのニュースが世間をにぎわせたことをご記憶の方もいらっしゃるかもしれません。また、イーサリアムクラシックがアメリカの大手IT企業と提携したというニュースもあります。これらはイーサリアムクラシックの将来性を証明する大きな動きであると言えます。大手企業がイーサリアムクラシックに参加したことで、イーサリアムクラシックへの関心が高まったことは必至です。この流れをさらに加速させ、認知度をどこまで世界規模に近づけていけるかがイーサリアムクラシックのみならず、仮想通貨全体における試金石となるのは確実です。

多国籍企業との多面的な業務提携により弱点であった資金力不足も大幅に改善されましたので、優れた技術者を多く集めることも可能となることでしょう。
これらの事例を冷静に判断すると、イーサリアムクラシックの将来性には期待が高いと言ってもよいのではないでしょうか。とはいえ、イーサリアムクラシックの市場は小さく、価格の乱高下が大きい特徴がありますので、少しの変化が大きな暴落、暴騰につながりやすい傾向があります。リスクヘッジのためにも、まずは少額の投資を行い、様子を見るのがよいかもしれません。また、イーサリアムクラシックは、イーサリアムの価格からの影響を受けやすいという特徴がありますので、その点も覚えていただくとよいでしょう。

イーサリアムが高騰すれば、つられてイーサリアムクラシックも高騰する傾向があり、その逆もあります。これからイーサリアムクラシックを購入しようと思われている方は、これらの点を考慮するとよいでしょう。

イーサリアムのハードフォークとして生まれたイーサリアムクラシックは、まだまだ認知度や市場の面では十分でない状況ではありますが、安全性の高さから多くの企業や投資家の注目を集めています。仮想通貨というと怪しいと考える方もいらっしゃる方もいらっしゃるかもしれませんが、そんな中で、イーサリアムクラシックの安全性は大きな武器となっています。

今後もDAO事件同様の大規模なハッキング事件が起き、ある仮想通貨の安全性が大きく揺らぐことも考えられます。またイーサリアムクラシック同様、仮想通貨のクローンが今後も増えてくることが予想されます。ので、イーサリアムクラシックだけでなく、今後の新しい仮想通貨にも注目したいところです。

関連記事

コメントは利用できません。

新着記事

  1. みなさんは仮想通貨、いわゆる暗号通貨に対して、どのようなイメージを持たれているでしょうか。匿名性も高…
  2. ビットコインを始めとした仮想通貨の利用者数が年々増加しています。仮想通貨は365日24時間いつでもネ…
  3. オーガー(Augur)と呼ばれる仮想通貨をご存知でしょうか。仮想通貨の中ではビットコインが有名ですが…
  4. 仮想通貨を語るうえで必ず話題に挙がるのが匿名性についての項目があります。ビットコインは匿名性が高いと…
  5. 仮想通貨についての記事を読んでいる方の中には仮想通貨『イーサム』とセットで、『ダオ(the DAO)…
  6. ビットコインはブロックチェーンやマイニングなど多くのアルゴリズムによって、安定したシステム運用とサー…
  7. ビットコインの投資を考えているけれど、なかなか踏みきれない、二の足を踏んでしまうという方も多いのでは…
  8. ビットコインの購入を考えていらっしゃる皆さんにとっては、どのような税金がかかるのかは気になることでは…
  9. イーサリアムクラシックという仮想通貨を御存知でしょうか。「イーサリアムは知っているけれど、イーサリア…
  10. ビットコインというと、中国やギリシャなどのイメージが強いかもしれませんが、アメリカでもビットコインは…
ページ上部へ戻る