ビットコインと電子マネー

電子

ビットコインと電子マネー

チャージした額を決済に利用することができる電子マネーとインターネット上で処理されるビットコイン。カード一枚、ボタン一つで処理できることから電子マネーとビットコインは、どちらも似たような存在であると誤解されがちですが、実は異なります。ビットコインにも電子マネーとして扱える一面がありますが、その機能はより広範で用途は多岐にわたります。今回は混同しがちな電子マネーとビットコインの違いや使用方法に加えて、状況に応じた電子マネーとビットコインの使い分けについてご紹介します。

電子マネー

電子マネーとビットコインは何が違うのか

電子マネーは交通運賃の精算やショッピングなど日常生活のいたるところで利用されています。使用方法は専用となるカードを端末に通す、もしくはかざすだけで精算できるため、現金を持ち歩く必要がなく、処理がスピーディーなことが特徴です。また、電子マネーは、あくまで現金を使わずに決済する仕組みのことを指すので、通貨ではありません。ビットコインは仮想ではありますがれっきとした通貨として使われています。その為、送金や支払い取引を国際的規模でおこなうことが可能です。電子マネーと同じことをビットコインでは行うことができますので、電子マネーとビットコインの大きな違いは通貨であるか、通貨でないかということになります。

迷う

ビットコインにできて電子マネーにできないこと

電子マネーは、カードなどに現金をチャージするので「お財布」として活用することができます。カードなどの発行元は電子マネーを取り扱う企業であり、チャージという行為は現金をその企業に預けている状態と言えます。その為、電子マネーはチャージした分だけの金額を使用することができます。ビットコインも電子マネーのように物を買ったり、サービスを利用したりすることはできますが、ビットコインを購入したときと同じ金額を使用できる若ではありません。何故ならビットコインは時価があり、常に価格が変動しているものだからです。その為、購入した時より高い金額を所有していることもあれば、購入時より低い金額になってしまっている場合もあります。
電子マネーは価格に変動がないので金額を増やすことはできませんが、ビットコインは時価で金額が変動するので、購入時より金額を増やすこともできるお金です。

変動

ビットコインと電子マネーを賢く使い分けをしよう

電子マネーは、持ち歩きに便利で、精算がスムーズなので日常生活においては非常に便利です。金額の変動もないので、安心といった点もあります。電子マネーの欠点をあげるとしたら日本国内に利用が限られる点です。ビットコインは、株式のように需要と供給の影響を受けて価格変動を起こしますが、法定通貨と同様に「通貨」としての価値を持ち、送金における安全性も高く、ちょっとした買い物にも利用できる柔軟さを持ち合わせているなどの利点があります。電子マネーに比べてビットコインは運用や管理に手間がかかりますが、資産活用や海外との取引などを行う際には便利な点も挙げられるでしょう。

電子マネーもビットコインもデメリットやメリットなど使い方をしっかりと把握すれば、非常に便利に使用できるものなので、是非活用してみましょう。

dsc02029

関連記事

コメントは利用できません。

bitFlyer

最近の投稿

新着記事

  1. ビットコインの取引を行っている方の中では、ビットコインそのものは非常に堅牢な仕組みとなっていることは…
  2. ビットコインについて調べているとまず目にする国家の名前は中国、ギリシャ、キプロス、そして世界最大級の…
  3. ビットコイン投資に興味を持ったものの、ビットコインを始めとした仮想通貨がいったいどのようなものかわか…
  4. ビットコインをはじめとした仮想通貨は従来の通貨には無いユニークな特徴を多く持っています。世界各国の中…
  5. ブルームフィルタとは計算機科学におけるデータ構造の名前であり、ブルームフィルタは主に、スマートフォン…
  6. 行動経済学という比較的新しい学問が存在します。行動経済学は従来の経済学では説明できなかった現象を説明…
  7. 2017年5月末、日本国内でビットコイン取引所を運営しているビットポイントジャパンが大手コンビニチェ…
  8. ガイドラインとは様々な機関によって様々な位置づけで公表される、何らかの取り決めを記載した文書のことで…
  9. ビットコインの情報を調べていると、様々なお国事情を垣間見ることができます。情勢が不安定な国ほど自国の…
  10. 最近、ビットコインについて調べていると韓国の話題も目にするようになりました。韓国は元々、高速なインタ…
ページ上部へ戻る