暗号化通貨の採掘状況について

ビットコインをはじめ多くの暗号通貨では採掘と呼ばれる方法で新規の通貨発行を行っています。暗号通貨のメリットとして手数料の安さや決済・送金処理のスピードが速いといった点が挙げられており、年々その取引量が増加しています。管理組織が存在しない中、膨大な取引数を安全に処理するためには多くのコンピューターが必要になり、その処理を手助けする仕組みが採掘なのです。ここでは採掘の概要や可能な暗号通貨、そして効率的な方法などをご紹介します。

採掘とは

特定の暗号通貨内で未だ存在していないコインのデータを生成することを採掘と呼びます。より専門的に言うと、採掘とは通貨の暗号化システムや取引履歴の記録システムにユーザーが参加することを意味しています。

採掘と報酬によって通貨市場を活性化

暗号通貨はあらかじめ発行上限が決まっています。ビットコインの場合、総量は2100万コインと決められており、これ以上の量となることはありません。ビットコインの採掘はマイニングとも呼ばれ、未知のコインを見つけ出そうと多くのユーザーたちが積極的に乗り出しています。

採掘には報酬制度が用意されており、未知のコインを見つけ出すことができれば、仕事量や費やした電気料金などに見合った報酬がそのユーザーに与えられます。この報酬がインセンティブとなり、暗号通貨「ビットコイン」のマイニングが活発化している大きな理由です。作業を行うには高性能なコンピューターやコンピューターを動作させるための電気料金が必要になります。ユーザーは採掘にかかるこれらの費用と採掘の際に支払われる報酬を比較し、採掘に参加するか、すべきでないのかを判断する必要があります。ビットコインの発行の際に決められたルールにそって発行される新規の通貨発行と決済や送金などの手数料によってまかなわれています。

採掘に参加しなくても簡単に暗号通貨が利用できる

今や世界的な普及を見せている暗号通貨「ビットコイン」。自身のコンピューターで採掘を行い、大量のコインを取引しようと考えた人もいるのではないでしょうか。しかし、多くが掘り出された今の段階では、採掘のための設備にも膨大な資金が必要となります。今では取引所を運営する企業などで採掘が専門的に行われており、ビットコインの採掘に対してのハードルは上昇している傾向しています。採掘についてビットコインを得る方法以外にも、取引所や販売所等でビットコインを購入することが可能です。採掘を行うか否かは通貨の売り出し金額等も考慮する必要があります。

様々な通貨と採掘

近年、ビットコインやイーサリアム、そしてリップルなど、多くの暗号通貨が誕生、普及しています。メジャーなものからマイナーなものまでを合わせると、その数は1000種を超えるとも言われます。認知度や普及率で言えば前述のビットコインに勝る存在はありませんが、それぞれに強みや弱みなどがあり、急速に市場を拡大している仮想通貨が少なくありません。

ビットコイン以外の仮想通貨についても採掘が行われています。新たな仮想通貨についてはその分採掘への参加者が少なく狙いめであるといえます。ビットコイン以外で採掘できる暗号通貨の種類や状況について見てみましょう。

◆イーサリアム
ビットコインに次いでよく知られているコインがイーサリアムではないでしょうか。イーサリアムの採掘については、ビットコインと比べるとまだ掘り残しが多いため難易度が低く、発行上限を迎えるまでは報酬も半永久的に続くなど、狙い目とされています。採掘の
難点としては掘り出しに大量の電気代がかかることや、設備の準備が挙げられます。現在、人が増えていることから利益率もそれほど高くはなく、ローリターンである点も気になるところです。新規参入で採掘を始めるよりも、イーサリアムで投資運用する方が現実的との意見も聞かれます。とはいえビットコインマイニングと比較するとはるかに効率的な通貨であるということは間違いなさそうです。

◆ライトコイン
ライトコインはビットコインよりも送金速度を早い暗号通貨です。スケーラビリティーの問題からビットコインの取引にストレスを感じていた人々からも第二、第三のビットコインとして、将来への期待が大きく寄せられています。ライトコインの採掘にはビットコインのように高性能な機器に頼らずとも、一般家庭にもあるようなスペックのコンピューターでも採掘が可能である傾向があります。このためライトコインの採掘はエンジニアからの注目度も高く、人気を集めています。

◆モネロ
ビットコインと近い特徴を持つモネロも採掘対象として人気のあるコインのひとつです。特にモネロの価格は2016年~2017年にかけて20倍もの上昇を見せている実績があり、採掘対象として収益性の高い通貨であるといえるかもしれません。モネロはビットコイン同様発行量の決まった通貨となりますので、今後採掘難度が上がり、報酬が減少していくのではないかと考えられています。

仮想通貨の採掘を考える場合には将来性についても考えていく必要があります。

暗号通貨の採掘効率

暗号通貨の採掘を効率的に行うためにはいくつかのポイントがあります。少しでも多くの報酬を得るためのコツについても考えていきましょう。

暗号通貨としての価値が高いかどうか

ビットコインやビットコインから派生したアルトコインなど暗号通貨にはいろいろな種類があります。そこで確認しておきたい点が暗号通貨の「価値」です。採掘の報酬額は通常対象の通貨で支払われることが一般的です。本来価値が高い暗号通貨を選んだ方がコストに対して得られる利益も大きくなります。採掘を効率的に行うには通貨の価値について考えることが必須であると言えます。

採掘の難易度が低いかどうか

価値の高い暗号通貨を選ぶと採掘の効率が高くなることは確かです。しかし一方で対象の通貨の価値が上がれば多くの人がその暗号通貨に集まることになります。決まった量のコインを大勢で取り合う形になるため、採掘についても同様となります。掘り出しにかかる難易度が高くなってしまいますので、他の採掘者との戦いに敗れ、報酬をもらえないというケースも少なくいでしょう。人気の高い通貨ほど採掘の難易度が上がる傾向があります。通貨の価格が高い場合について、単純に効率化へとつながるわけではありませんので注意が必要です。「通貨の価値」と掘り出す「難易度」には反比例のような関係があるため、両者のバランスを考え、なおかつ取引や運用のしやすい暗号通貨を選ぶことが重要です。

採掘専用機となるASICが存在するかどうか

コインを掘り出す場合、高性能なコンピューターの存在が欠かせません。特にビットコインのようにライバルが多く大量に掘り出されている通貨の採掘についてはそもそも難しいことも少なくありません。個人で調達できるようなコンピューターで新規参入を考えた場合には太刀打ち自体ができない可能性もあります。

コインを掘る専用機としてASICがあります。ASICは採掘に特化した機器となり、安価な製品でも市販コンピューターを優に凌ぐ性能を持ちます。ASICでの採掘が可能な暗号通貨の場合ですと、すでに大勢がASICを使って掘削作業を進めていると見ても間違いがありません。その場合、新規参入の場合についてもASICの利用は欠かせず、採掘のハードルという面ではマイナスとなります。できるだけASICが存在しない暗号通貨を選ぶと採算を狙いやすく、効率化を図りやすいと言えるかもしれません。

新たな暗号通貨での採掘を目指す場合には、まずは「ASICがないコインを探し、そこから価値の高さや掘る際の難易度などを考慮するということが、一つの判断基準となるかもしれません。

暗号通貨は決済や送金に使われることが多いことから、「コインを掘る=採掘する」という感覚に慣れない方も多いかもしれません。すべてではありませんが、採掘を行う参加者の存在は暗号通貨の発展に欠かすことができません。採掘者にとってもメジャーなコインだけでなく、マイナーなコインにも目を向けることは掘削作業を効率化できる機会にも恵まれ
ることとなります。

ビットコインについて勉強をしたら、その他の暗号通貨の採掘についても挑戦してみてはいかがでしょうか。

関連記事

コメントは利用できません。

bitFlyer

最近の投稿

新着記事

  1. ビットコインの取引を行っている方の中では、ビットコインそのものは非常に堅牢な仕組みとなっていることは…
  2. ビットコインについて調べているとまず目にする国家の名前は中国、ギリシャ、キプロス、そして世界最大級の…
  3. ビットコイン投資に興味を持ったものの、ビットコインを始めとした仮想通貨がいったいどのようなものかわか…
  4. ビットコインをはじめとした仮想通貨は従来の通貨には無いユニークな特徴を多く持っています。世界各国の中…
  5. ブルームフィルタとは計算機科学におけるデータ構造の名前であり、ブルームフィルタは主に、スマートフォン…
  6. 行動経済学という比較的新しい学問が存在します。行動経済学は従来の経済学では説明できなかった現象を説明…
  7. 2017年5月末、日本国内でビットコイン取引所を運営しているビットポイントジャパンが大手コンビニチェ…
  8. ガイドラインとは様々な機関によって様々な位置づけで公表される、何らかの取り決めを記載した文書のことで…
  9. ビットコインの情報を調べていると、様々なお国事情を垣間見ることができます。情勢が不安定な国ほど自国の…
  10. 最近、ビットコインについて調べていると韓国の話題も目にするようになりました。韓国は元々、高速なインタ…
ページ上部へ戻る