ビットコインの仕組み

つくり

ビットコインの始まり

2009年に運用が開始されたビットコインは仮想通貨の代名詞として世界中に広まりました。時を経るにつれてその取引量も増え、ブロックチェーンと呼ばれる仕組みにより高い安全性と・信頼性を獲得し、現在も世界各国で導入が進められています。ではこのビットコインがどのような仕組みで運用されているのか、決済や送金などで利用されるビットコインの仕組みや安全性も踏まえてご紹介させて頂きます。

知る

 

公平性と安全性を保つための仕組み

ビットコインは主に以下の仕組みで成り立っています。

・ピアツーピア(P2P)によって取引台帳を管理・保存

ビットコインはP2Pによって、すべての取引履歴を保存しています。特定のサーバーに頼らず、世界中の多くのコンピューター同士で保存・共有することで、ある特定箇所のコンピューターがダウンしても、影響を受けない仕組みになっています。各取引は、前の取引のハッシュ値や新所有者の公開鍵を含み、元所有者の暗号鍵によって電子署名されています。これによりビットコインの勝手な譲渡ができなくなり、ビットコインの譲渡を第三者が客観的に確認できるようになりました。

・ブロックチェーンにより一貫した二重譲渡を防ぐ

二重譲渡を防ぐためにはどちらが正しい譲渡なのかを、P2Pネットワーク全体で決定する必要があります。このために導入された仕組みが「ブロックチェーン」です。ブロックには取引内容と直前のブロックのハッシュが含まれており、この内容のみが正しい取引として扱われます。こうしたブロックをチェーン状に組み合わせることで、ネットワーク全体で取引を管理できる仕組みになっています。また、固有のブロックチェーンを保証するために「仕事による証明」と言う仕組みが導入され、特殊なハッシュ値によって「0」が一定以上並んでいるブロックのみを正しいブロックとしてネットワーク全体で認めることになりました。これによって「誰でも作成できるわけではない」ことと「特定の誰かが独占して作成する権限を持っているわけではない」という制限を課すことができ、より公平で平等な通貨としての性質を備えました。

 

まとめ

オンライン上で取引できる仮想通貨としてうまれたビットコインは、「Satoshi Nakamoto」氏によって提唱された当時から多くの人がその可能性に注目していました。実際の通貨による送金や決済には手数料や時間がかかります。これに対し、ビットコインでは手数料がかかることはありません。また、通貨として安全性と公平性も重視され、多くの期待を寄せる分、ビットコインには多くの越えなければならない壁が生じました。これを解決するために電子署名によるブロックや取引履歴となるブロックチェーンの導入が進められ、仕事の証明によって公平性を保っています。

公平性

関連記事

コメントは利用できません。

bitFlyer

最近の投稿

新着記事

  1. ビットコインの取引を行っている方の中では、ビットコインそのものは非常に堅牢な仕組みとなっていることは…
  2. ビットコインについて調べているとまず目にする国家の名前は中国、ギリシャ、キプロス、そして世界最大級の…
  3. ビットコイン投資に興味を持ったものの、ビットコインを始めとした仮想通貨がいったいどのようなものかわか…
  4. ビットコインをはじめとした仮想通貨は従来の通貨には無いユニークな特徴を多く持っています。世界各国の中…
  5. ブルームフィルタとは計算機科学におけるデータ構造の名前であり、ブルームフィルタは主に、スマートフォン…
  6. 行動経済学という比較的新しい学問が存在します。行動経済学は従来の経済学では説明できなかった現象を説明…
  7. 2017年5月末、日本国内でビットコイン取引所を運営しているビットポイントジャパンが大手コンビニチェ…
  8. ガイドラインとは様々な機関によって様々な位置づけで公表される、何らかの取り決めを記載した文書のことで…
  9. ビットコインの情報を調べていると、様々なお国事情を垣間見ることができます。情勢が不安定な国ほど自国の…
  10. 最近、ビットコインについて調べていると韓国の話題も目にするようになりました。韓国は元々、高速なインタ…
ページ上部へ戻る