ビットコインのATM

換金

ビットコインには専用のATMがあることをみなさんご存知だったでしょうか。ビットコインのATMは年々数が増えてきているといわれており、日本でも都内をはじめ様々な場所にあります。ビットコインのATMと聞いて、銀行のATMのようなものかなと連想されて使い方などなんとなくイメージできるかと思いますが、こちらでビットコインのATMの使い方やビットコインのATMに関係する話を紹介していきます。

 

ビットコインのATMでできること

説明がなくてもなんとなくビットコインのATMというのだからできることはわかると思う方もいるかと思いますが、念のためビットコインのATMでできることをご紹介します。

ビットコインATMでは現金からビットコインへ交換「ビットコインの購入」が行えます。

またビットコインのATMを通して「ビットコインの支払い」を行うことができます。

その逆でATMを通して「ビットコインの現金化」も行え、ビットコインのATMを通して「ビットコインを現金化し、支払う」こともできます。

 

ビットコインATMを利用にあたって必要なもの

通帳

銀行のATMを利用される場合は、銀行などのカードが必要となり取引の前にカードを入れて承認されて初めて取引が行えます。ビットコインのATMの場合は、機種によって異なりますが、購入する人の情報をはじめに提供することを求められます。その方法は主に手のひらでの生体認証などが多く、他には携帯電話の番号を入力して、登録した携帯番号で受け取ったコードを入力する方法や、免許書のスキャンや顔写真撮影などの方法で購入者確認を行うようです。仮想通貨のビットコインは、円やドルなどの法定通貨とは違い、管理している中央機関がありません。その為ビットコインは、保証などがない通貨になるので、ATMで取引する際はセキュリティの担保のため様々な承認方法をおこなうのかもしれません。ビットコインのATMを利用するまでの手続きをすこし手間に感じるかと思います。しかし、銀行などで口座を開設することを考えると、決まった場所に手続きを行いに行かなくてATMのみで完結するビットコインのATMは意外と便利なのかもしれません。

 

はじめてのビットコインATM

ATM

世界で初めてビットコインのATMが設置された場所は、ヨーロッパの小国であるキプロスです。キプロスは、2013年にギリシャでおこった財政破綻の影響を受けて、同じように財政危機に瀕していたので、銀行を休業させ引き出しなどを一時制限する考えを国が発表しました。また銀行が休業することによってその1部を税金として国に徴収される恐れもあったようです。そのような不安などからキプロスの投資家や資産家たちはビットコインの購入へとはしったと言われてます。そのような動きがキプロス国内であったため、ビットコインの需要が高まり、ビットコインのATMもキプロスに初めて設置されたという経緯があるようです。

 

関連記事

コメントは利用できません。

bitFlyer

最近の投稿

新着記事

  1. ビットコインに関する法制度は世界各国で整備が進んでいる状況である、まだ途上にあるといえます。ビットコ…
  2. ビットコインに関する解説ではしばしば、ビットコインは特定の誰かによって発行や取引が管理されることのな…
  3. 香港はビットコイン取引が盛んな都市です。中国といえば金融機関によるビットコイン取引が規制された国とし…
  4. ビットコインについて調べていると欧米諸国や東アジア諸国の動向について報じられている記事を目にすること…
  5. 2017年の9月、ビットコインとライトコインとの間でアトミックスワップが成功したと報じられ、ビットコ…
  6. これからビットコイン投資に関わろうと考えて調べ物をしている方、あるいは既にビットコイン投資に携わって…
  7. ビザンチン将軍問題とは計算理論における合意形成の問題です。ビットコインは、ビザンチン将軍問題をプルー…
  8. ビットコインの情報を収集している際にしばしば目にするのがハードフォークという用語です。ビットコインを…
  9. 2017年の8月末から、ビットコイン関連の話題においてエストコイン(= Estcoin)という言葉を…
  10. ビットコインに関してリサーチを行っている方の中には、ビットコインが普及している国というと自然とギリシ…
ページ上部へ戻る