ビットコインのATM

換金

ビットコインには専用のATMがあることをみなさんご存知だったでしょうか。ビットコインのATMは年々数が増えてきているといわれており、日本でも都内をはじめ様々な場所にあります。ビットコインのATMと聞いて、銀行のATMのようなものかなと連想されて使い方などなんとなくイメージできるかと思いますが、こちらでビットコインのATMの使い方やビットコインのATMに関係する話を紹介していきます。

 

ビットコインのATMでできること

説明がなくてもなんとなくビットコインのATMというのだからできることはわかると思う方もいるかと思いますが、念のためビットコインのATMでできることをご紹介します。

ビットコインATMでは現金からビットコインへ交換「ビットコインの購入」が行えます。

またビットコインのATMを通して「ビットコインの支払い」を行うことができます。

その逆でATMを通して「ビットコインの現金化」も行え、ビットコインのATMを通して「ビットコインを現金化し、支払う」こともできます。

 

ビットコインATMを利用にあたって必要なもの

通帳

銀行のATMを利用される場合は、銀行などのカードが必要となり取引の前にカードを入れて承認されて初めて取引が行えます。ビットコインのATMの場合は、機種によって異なりますが、購入する人の情報をはじめに提供することを求められます。その方法は主に手のひらでの生体認証などが多く、他には携帯電話の番号を入力して、登録した携帯番号で受け取ったコードを入力する方法や、免許書のスキャンや顔写真撮影などの方法で購入者確認を行うようです。仮想通貨のビットコインは、円やドルなどの法定通貨とは違い、管理している中央機関がありません。その為ビットコインは、保証などがない通貨になるので、ATMで取引する際はセキュリティの担保のため様々な承認方法をおこなうのかもしれません。ビットコインのATMを利用するまでの手続きをすこし手間に感じるかと思います。しかし、銀行などで口座を開設することを考えると、決まった場所に手続きを行いに行かなくてATMのみで完結するビットコインのATMは意外と便利なのかもしれません。

 

はじめてのビットコインATM

ATM

世界で初めてビットコインのATMが設置された場所は、ヨーロッパの小国であるキプロスです。キプロスは、2013年にギリシャでおこった財政破綻の影響を受けて、同じように財政危機に瀕していたので、銀行を休業させ引き出しなどを一時制限する考えを国が発表しました。また銀行が休業することによってその1部を税金として国に徴収される恐れもあったようです。そのような不安などからキプロスの投資家や資産家たちはビットコインの購入へとはしったと言われてます。そのような動きがキプロス国内であったため、ビットコインの需要が高まり、ビットコインのATMもキプロスに初めて設置されたという経緯があるようです。

 

関連記事

コメントは利用できません。

新着記事

  1. みなさんは仮想通貨、いわゆる暗号通貨に対して、どのようなイメージを持たれているでしょうか。匿名性も高…
  2. ビットコインを始めとした仮想通貨の利用者数が年々増加しています。仮想通貨は365日24時間いつでもネ…
  3. オーガー(Augur)と呼ばれる仮想通貨をご存知でしょうか。仮想通貨の中ではビットコインが有名ですが…
  4. 仮想通貨を語るうえで必ず話題に挙がるのが匿名性についての項目があります。ビットコインは匿名性が高いと…
  5. 仮想通貨についての記事を読んでいる方の中には仮想通貨『イーサム』とセットで、『ダオ(the DAO)…
  6. ビットコインはブロックチェーンやマイニングなど多くのアルゴリズムによって、安定したシステム運用とサー…
  7. ビットコインの投資を考えているけれど、なかなか踏みきれない、二の足を踏んでしまうという方も多いのでは…
  8. ビットコインの購入を考えていらっしゃる皆さんにとっては、どのような税金がかかるのかは気になることでは…
  9. イーサリアムクラシックという仮想通貨を御存知でしょうか。「イーサリアムは知っているけれど、イーサリア…
  10. ビットコインというと、中国やギリシャなどのイメージが強いかもしれませんが、アメリカでもビットコインは…
ページ上部へ戻る