bitcoinを購入したら

buy

なんとなくメディアなどでBitcoinの文字をよく目にするから買ってみたけれど、購入した後どうすればいいんだろうと思っている方にBitcoinを購入した後のことについてご紹介していきたいと思います。Bitcoinを購入するにあたっては、“ビットコインの買い方について”で紹介していますので、まだBitcoinの購入をされていない方はこちらも併せてご覧ください。

 

Bitcoinをまず購入

 

Bitcoinを購入する方法は、Bitcoinの取引所を通じて購入するか、Bitcoinを持っている人から購入する方法があります。一般的には、Bitcoinの取引所を使用することが多いと言われているので、こちらではBitcoinの取引所でBitcoinを購入した場合で話を進めて行きたいと思います。

 

Bitcoin取引所で購入したら

 

Bitcoin取引所でBitcoinを購入した場合、購入したBitcoinは何もしなければ取引所に預けた状態になります。そのまま購入した取引所に置いておくのも悪くはないのですが、仮にその取引所がサーバー攻撃を受けてBitcoinを紛失してしまったり、突如閉鎖してしまったりした場合取引所に預けておいたBitcoinは戻ってきません。その為、リスク回避としてBitcoin購入後はできるだけウォレットに移動させる人が多いようです。

ウォレットはWEBウォレット、デスクトップウォレット、モバイルウォレット、紙のウォレットなど種類が豊富なので、自分にとって使いやすいウォレットを選ぶことをお勧めします。またウォレットについて書いている“ビットコインのウォレットを比較”もありますので、ウォレットについて知りたい方はこちらも併せてご覧ください。

 

ウォレット

 

Bitcoinをさらに買う

 

一度Bitcoinを購入したあとは、Bitcoinのチャートなどを見て今自分が持っているBitcoinがどのくらいの価値なのか日々チェックされることをおすすめします。安定はしていませんが、Bitcoinの価格は上昇傾向にあるとも言われており、これからも価格があがると見込まれているようです。その為、Bitcoin価格の変動を常にチェックしてBitcoinを買い足し、投資していくことも視野にいれておくといいかもしれません。

またBitcoinをウォレットに入れるにはBitcoinを動かす手数料が発生します。その為、少しずつBitcoinを買っていく方は、都度Bitcoinを購入後すぐにウォレットに移動させていくとその都度手数料がかかるので、ある程度Bitcoinをある程度取引所に預けておいてからウォレットに移動させるのも方法の1つであると言えます。

 

マネー

 

Bitcoinを使ってみる

 

Bitcoinを購入したら日常生活で円やドルなどの法定通貨のように使ってみるのもいいかもしれません。Bitcoinは電子マネーとしての一面ももっており、日本でもBitcoinを使えるお店やネットのサービスは増加傾向にあります。飲食店やリラクゼーション店を中心にBitcoinを使えるお店があるので、ネットなどでお店を検索していってみたり、ネットショッピングを楽しまれたりするのもいいかもしれません。

 

関連記事

コメントは利用できません。

bitFlyer

最近の投稿

新着記事

  1. ビットコインの取引を行っている方の中では、ビットコインそのものは非常に堅牢な仕組みとなっていることは…
  2. ビットコインについて調べているとまず目にする国家の名前は中国、ギリシャ、キプロス、そして世界最大級の…
  3. ビットコイン投資に興味を持ったものの、ビットコインを始めとした仮想通貨がいったいどのようなものかわか…
  4. ビットコインをはじめとした仮想通貨は従来の通貨には無いユニークな特徴を多く持っています。世界各国の中…
  5. ブルームフィルタとは計算機科学におけるデータ構造の名前であり、ブルームフィルタは主に、スマートフォン…
  6. 行動経済学という比較的新しい学問が存在します。行動経済学は従来の経済学では説明できなかった現象を説明…
  7. 2017年5月末、日本国内でビットコイン取引所を運営しているビットポイントジャパンが大手コンビニチェ…
  8. ガイドラインとは様々な機関によって様々な位置づけで公表される、何らかの取り決めを記載した文書のことで…
  9. ビットコインの情報を調べていると、様々なお国事情を垣間見ることができます。情勢が不安定な国ほど自国の…
  10. 最近、ビットコインについて調べていると韓国の話題も目にするようになりました。韓国は元々、高速なインタ…
ページ上部へ戻る