ビットコインを円に換金

日本通貨

ビットコインはそのままでも十分に使うことができますが、日本国内に限った話ですと、まだ使える場所というのは限られてきます。世界(特にヨーロッパ)と比べてみるとビットコインの普及は年々増えてはいるのですが、まだそんなに多くないというのが現状です。

ビットコインは日本円で換金できるの?

ビットコインは仮想通貨であるため、取り扱い可能な店舗やサイトなどにて世界中で利用ができます。もちろん円やドルなどに換金することも可能です。 換金方法は様々ありますので、以下にてご紹介いたします。

・ビットコイン交換所にて換金する方法
→ビットコイン交換所はユーザー同士が売りと買いを行う場所を提供する事業であるので、大口のビットコインの売り買いを時価で捌ける点が利点となります。

・ビットコインATMで換金
→日本にも幾つかビットコインATMが存在しています。こちらで換金する場合ですが、本人確認を行った上で、お手持ちのスマートフォン内にあるウォレットより、ビットコインATM画面の送付先情報を読み取って、インターネット経由で売却したいビットコインを送ると、ビットコインATMから売却代金の支払いが行われるという仕組みで換金ができます。
日本全国に数は多くはないですが、手軽にビットコインを換金できます。

・直接、取引をして換金
→お互いのスマートフォンからの送受信でビットコインの受け渡しを行い、代金を直接手渡しで貰う方法です。面と向かっての方法ですので、リスクは少なく、本人確認の面倒な手続きも不要です。

・即時換金サービスの利用
→こちらはその名の通りビットコインを即時に換金するサービスを利用しての方法です。
ビットコインは相場から、換金のタイミングによってその価値が変動してしまう可能性があります。また会計する際の処理方法も不明確なところがあるので、即時換金サービスを利用するニーズというのも非常に高いです。

まとめ

換金方法
まずビットコインは円やドルなどに換金することは可能です。換金方法もその用途に応じて使うのが良いでしょう。また、日本国内でのビットコインの普及というのはまだこれからといった感じですので、状況に応じて日本円に換金するのが良いと思います。
広く普及し始めたら、受け取ったビットコインは別の支払い時に使用するといったことが可能になります。とはいえ日本でも徐々にではありますが、認知されるようにあり使用できる実店舗というのも増えては来ています。将来的には新しい通貨の形として認知される日も来るのではないでしょうか。

関連記事

コメントは利用できません。

bitFlyer

最近の投稿

新着記事

  1. ビットコインに関する法制度は世界各国で整備が進んでいる状況である、まだ途上にあるといえます。ビットコ…
  2. ビットコインに関する解説ではしばしば、ビットコインは特定の誰かによって発行や取引が管理されることのな…
  3. 香港はビットコイン取引が盛んな都市です。中国といえば金融機関によるビットコイン取引が規制された国とし…
  4. ビットコインについて調べていると欧米諸国や東アジア諸国の動向について報じられている記事を目にすること…
  5. 2017年の9月、ビットコインとライトコインとの間でアトミックスワップが成功したと報じられ、ビットコ…
  6. これからビットコイン投資に関わろうと考えて調べ物をしている方、あるいは既にビットコイン投資に携わって…
  7. ビザンチン将軍問題とは計算理論における合意形成の問題です。ビットコインは、ビザンチン将軍問題をプルー…
  8. ビットコインの情報を収集している際にしばしば目にするのがハードフォークという用語です。ビットコインを…
  9. 2017年の8月末から、ビットコイン関連の話題においてエストコイン(= Estcoin)という言葉を…
  10. ビットコインに関してリサーチを行っている方の中には、ビットコインが普及している国というと自然とギリシ…
ページ上部へ戻る