ビットコインの安全性

信頼

ビットコインは国家や銀行などの後ろ盾がありません。発行元がないので、管理者も存在しない仮想通貨になります。発行元がないので信用リスクもないという表現もできますが、逆にビットコインの信頼性を裏付けるものもないということになります。また、法律によって守られているわけでなく、ビットコインを利用する上で盗難であったり、ハッキングなどの被害にあったりしても誰も保証はしてくれないということになるのです。それではこのビットコインの安全性はどのように作られているのでしょうか。

ビットコインの技術

世界中で普及されているビットコインが信頼されている1つの理由として、技術面があげられます。ビットコインが使用している暗号技術というのは銀行で使用されているものよりはるかに強力なものであり、誰かが偽造や複製を行わせないよう防いでいるのです。
さらに万が一、偽造や複製を誰かが行おうとしても、それを行う費用というのはビットコインの購入やマイニング(採掘)を実行するよりもかなりかかるので、現実的に考えて合理的ではありません。偽造されたとしても、割に合わないのです。
またビットコインのネットワーク上で正規にて行われた取引の記録、履歴は全て残るようになっていますので、偽造されたビットコインは2度使用できない仕組みになっています。

ビットコインの持つ価値

普及ビットコインが世界中で普及され始めた理由としては、多くの人がこの仮想通貨に価値を感じ始めたということがあります。実際に実社会で使用する通貨や紙幣と比べて、目に見えない仮想通貨ですので非常に価値を見出しづらいと考えられていますが、そんなことはありません。

日本国内でいえば、実際に使う場所が少ないという理由があります。既に使用できる実店舗も徐々に増え始めており、ビットコインATMも日本全国に設置がされ始めています。
多くのメディア(テレビ、新聞、書籍など)でも取り扱われるようになっていますので、今後はさらに普及されていくのではないかともいわれています。
ビットコインは、インターネット上でのプログラムになりますので、素晴らしい技術で成り立っているとはいえ、そのものに価値があるわけではありません。ただ実際にビットコインを購入し、これらを取り扱う取引所が日本国内、海外に多く存在しているのも事実です。
さらには、ビジネスチャンスとしてビットコインを利用している企業というのも続々と出てきております。このような事例がビットコインの価値を裏付ける根拠になるのではないでしょうか。

関連記事

コメントは利用できません。

bitFlyer

最近の投稿

新着記事

  1. ビットコインに関する法制度は世界各国で整備が進んでいる状況である、まだ途上にあるといえます。ビットコ…
  2. ビットコインに関する解説ではしばしば、ビットコインは特定の誰かによって発行や取引が管理されることのな…
  3. 香港はビットコイン取引が盛んな都市です。中国といえば金融機関によるビットコイン取引が規制された国とし…
  4. ビットコインについて調べていると欧米諸国や東アジア諸国の動向について報じられている記事を目にすること…
  5. 2017年の9月、ビットコインとライトコインとの間でアトミックスワップが成功したと報じられ、ビットコ…
  6. これからビットコイン投資に関わろうと考えて調べ物をしている方、あるいは既にビットコイン投資に携わって…
  7. ビザンチン将軍問題とは計算理論における合意形成の問題です。ビットコインは、ビザンチン将軍問題をプルー…
  8. ビットコインの情報を収集している際にしばしば目にするのがハードフォークという用語です。ビットコインを…
  9. 2017年の8月末から、ビットコイン関連の話題においてエストコイン(= Estcoin)という言葉を…
  10. ビットコインに関してリサーチを行っている方の中には、ビットコインが普及している国というと自然とギリシ…
ページ上部へ戻る