ビットコインと金の関連性

延べ棒

ビットコインと金ですが、何が似ているのか今回はこちらにスポットをあてたいと思います。
簡単に解説しておりますので、是非ご参照ください。

ビットコインと金の類似点-その1-

・総量が決まっている
→金とビットコイン、両方とも総量というのが決まっています。金は地中内に埋まっているものが全てです(残り6~7万トン程度だと言われています)。ビットコインも2100万ビットコインを上限としてこれ以上、増えることはありません。これはビットコインを生成するためのプログラムによって定められています。

ビットコインと金の類似点-その2-

・発行元がない
→ビットコインと金は何か発行元が管理しているものではありません。
ビットコインにおいては、国家や銀行などの発行元がないので、管理者が存在しない仮想通貨です。インターネット上で流通しているものになりますので、発行元を通しての手続きが不要となり、相手との取引も素早く、安価に行えることが可能なのです。
そして金も国家や企業などの信頼で価値が決まるものではなく、その価値は独立しており、希少価値でおあることから、金そのものに価値があります。ですので例えばですが、国家が破たんしたとしても、銀行や企業が倒産したとしても、金の価値が0になるという事はあり得ません。
上記のような特長を持つことから、ドル、ポンド、ユーロなどの各国の通貨で不安要素がある場合に金を買う、困った時は資産を金に変えてしまうなど、「有事の金」という言葉があるように安心なものとしても知られています。

ビットコインと金の類似点-その3-

・インフレを起こすことはない
→ビットコイン、金のどちらも総量が決まっているので、インフレを起こすことはないです。
またビットコインは発行ペースも決まっており、急に供給量が変わるということもありません。

まとめ

簡単にビットコインと金の類似点をあげさせて頂きましたが、他にもまだまだ類似点はあります。換金性の高さというのも見逃せない部分ではあります。必要な際に素早く換金ができるという点、またこの換金性をさらに高めるものとして世界各国にビットコインATMというのが誕生しました。これまではインターネット上の取引所にアクセスし、ビットコインを購入し、現金により換金する必要があったのが、普段の生活においても手軽に換金ができるようになり、さらにビットコインの普及を高めると言われています。日本においても全国に数か所設置している場所があるので、使用することが可能です。

共通点このようにビットコインと金には類似点が多くあり、ビットコインが現代における金の役割を担う可能性も多く秘めているのです。

関連記事

コメントは利用できません。

bitFlyer

最近の投稿

新着記事

  1. ビットコインに関する法制度は世界各国で整備が進んでいる状況である、まだ途上にあるといえます。ビットコ…
  2. ビットコインに関する解説ではしばしば、ビットコインは特定の誰かによって発行や取引が管理されることのな…
  3. 香港はビットコイン取引が盛んな都市です。中国といえば金融機関によるビットコイン取引が規制された国とし…
  4. ビットコインについて調べていると欧米諸国や東アジア諸国の動向について報じられている記事を目にすること…
  5. 2017年の9月、ビットコインとライトコインとの間でアトミックスワップが成功したと報じられ、ビットコ…
  6. これからビットコイン投資に関わろうと考えて調べ物をしている方、あるいは既にビットコイン投資に携わって…
  7. ビザンチン将軍問題とは計算理論における合意形成の問題です。ビットコインは、ビザンチン将軍問題をプルー…
  8. ビットコインの情報を収集している際にしばしば目にするのがハードフォークという用語です。ビットコインを…
  9. 2017年の8月末から、ビットコイン関連の話題においてエストコイン(= Estcoin)という言葉を…
  10. ビットコインに関してリサーチを行っている方の中には、ビットコインが普及している国というと自然とギリシ…
ページ上部へ戻る